フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 虹 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 風景 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 丹那トンネル開通祝ひ

 

 丹那トンネル開通祝ひ

 

 賴太は四十歳の獨身の獨眼の發明家だつたが、まだ汽車へ乘つたことがなかつた。その癖十何年も前から丹那トンネルには興味を持つてゐた。いよいよトンネルが成功しかかつた頃には、彼の發明まで成功し出すのではないかと考へた。山奧で二十年間、何とも云へない不思議な機械を考案しながら、世の中からまるで奇妙な道樂者扱ひにされてゐた賴太のことだ、トンネルが成功した時には誰よりも一番に喜んだ。

 新聞によれば今日が開通祝ひだと云ふ。賴太は汽車に敬意を表すべく七里の山路を驛まで步いた。すると汽車と云ふ奴はどうももともと賴太には親しめなかつたが、今日に限つてまあ大目に見ることが出來た。そこの驛を生意氣さうにそつぽむいて行く急行を見送ると、あれがやがて丹那トンネル潛るのかと思ふと少し謀叛心が生じた。自分だつて一度は汽車に乘つてやらう、さう決心すると次の次の驛まで切符を買つた。そして始めて汽車に乘つたのである。何と乘ると乘らないとは相違してゐたことか。賴太は次の次の驛で降りると、早速一軒の旗亭へ入つた。そこの女をとらへて頻りに賴太は丹那トンネルの自慢をした。

 

[やぶちゃん注:東海道本線の熱海駅―函南駅間に位置する丹那トンネル(総延長七キロ八百四メートルは昭和九(一九三四)年十二月一日に開業した。ウィキの「丹那トンネルによれば、『最初に通過する列車には』、同年十一月三十日午後十時『東京発神戸行き二・三等急行、第』十九『列車と決定』され、『乗車希望者が多いために臨時に車両を増結し』、『当時としては異例の』十五『両編成での運行が決定され』た。同『列車は提灯で開通を祝う沿線駅を通過し』、十二月一日午前零時三分三十秒『に来宮』(きのみや)『信号所を通過』、午前零時四十分『に熱海口に入り』、九分二秒かけて『丹那トンネルを通過』、『沼津駅に到着した』とある。本篇はその十二月一日の昼を時制としていると考えてよい。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 虹 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 風景 »