フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 忘れもの | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 鳩 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 夕凪

 

 夕凪

 

 老婆は臺所の隅の火鉢に依掛つて肉を燒いた。彼女の額も首も汗に滲み、まるで自分が燒かれてゐるやうな氣がした。四つになる兒が火のついたやうに傍で泣いた。口を四角に開けて、兩手で足をさすりながら「驛に行かう、驛へつれて行け。」と強請んだ。

 臺所の高窓には午後五時の靑空と白熱の光を放つ松の樹があつた。その松では油蟬が啼いた。肉はじりじりと金網の上で微かな音を立てた。胃から血を吐いて三日苦しんで死んだ、彼女の夫の記憶が、あの時の物凄い光景が、今も視凝めてゐる箸のさきの、灰の上に灰のやうに靜かに蹲(うづくま)つてゐる。彼女は火鉢の火氣のなかに身を委ねて、今うとうとと假睡みかけた。

 突然、何かただならぬ物音が彼女の意識を甦らせた。と、今迄泣いてゐた子供も一寸泣き歇んだ樣子であつた。一睡、鋭い、奇異なものの氣配(けはい)が、空氣に漲つて裂けた。彼女がぼんやり怪しんでゐるところへ、表からどやどやと子供達が馳せつけて來た。

「大變だ、火藥庫が爆發した。」

「ほら、あそこに煙が立つ。」

 子供達は晴やかに喚き立てる。老婆は箸を執つて、燃えてゐる方の肉を裏返した。

 

[やぶちゃん注:「依掛つて」「よりかかつて(よりかかって)」。倚りかかって。

「強請んだ」「せがんだ」。

「視凝めて」「みつめて」。

「假睡み」「まどろみ」。「微睡(まどろ)み」。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 忘れもの | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 鳩 »