フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 橋姫(10) /橋姫~了 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(26) 禮拜と淨めの式(Ⅳ) »

2017/12/17

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鵜鶘(がらんちょう)〔ペリカン〕


Garantyou

がらんちやう  犁鶘 

        逃河 淘鵞

鵜鶘

       【俗云加良牟

        鳥或云納鳥】

イ フ

[やぶちゃん注:「※」=「氵」+「」。

本綱鵜鶘處處有之水鳥也似鶚而甚灰色大如蒼鵞

喙長尺餘直而且廣口中正赤頷下胡大如數升囊好羣

飛沈水食魚亦能竭小水取魚俚人食其肉取其脂入藥

能通聾治腫毒其脂取收以其嗉盛之則不滲漏他物卽

透走也其翅骨䯒骨作筒吹喉鼻藥甚妙莊子曰魚不畏

網而畏鵜鶘言其能以智力取魚故也

漫畫鳥 以嘴畫水求魚無一息之停鵜之屬也

――――――――――――――――――――――

信天縁鳥

【俗名青𦭳又青莊】終日凝立不易其處俟魚過乃取

之此可喩人之貪廉是亦鵜之屬也

△按鵜鶘【俗云伽藍鳥】冬月來【余月不見】肉硬不佳羽爲帚甚重之

 

 

がらんちやう  犁鶘〔(りこ)〕

 ※〔(こたく)〕

        逃河

        淘鵞〔(たうが)〕

鵜鶘

       【俗に加良牟鳥(〔がら〕ン〔てう〕)と云ひ、或いは納鳥(ナツチヤウ)と云ふ。】

イ フ

[やぶちゃん注:「※」=「氵」+「」。

「本綱」、鵜鶘は處處、之れ有り。水鳥なり。鶚〔(みさご)〕に似て、甚だ大なり。灰色、大いさ、蒼鵞(たうがん)のごとし。喙の長きこと、尺餘り、直にして、且つ、廣く、口中、正赤。頷の下の胡(ゑぶころ)、大いさ、數升の囊(ふくろ)のごときなり。好んで羣飛し、水に沈みて魚を食ふ。亦た、能く、小水を竭(つく)して、魚を取る。俚人、其の肉を食ひ、其の脂を取りて、藥に入るる。能く聾を通じ、腫毒を治す。其の脂、取り收むるに、以つて、其の嗉(ゑぶくろ)に之れを盛るときは、則ち、滲-漏(も)らず。他の物は、卽ち、透走するなり。其の翅の骨・䯒(はぎ)の骨、筒に作り、喉〔(のど)〕・鼻の藥を吹〔きいるに〕、甚だ妙なり。「莊子」に曰く、『魚、網を畏れずして、鵜鶘を畏る』と。言ふこころは、其れ、能く智力を以つて魚を取る故なり。

漫畫鳥〔(まんぐわてう)〕 嘴を以つて水に畫〔(ゑか)き〕、魚を求む。一息〔(いつそく)〕の停(とゞまること)、無し。鵜の屬なり。

――――――――――――――――――――――

信天縁鳥

【俗に「青𦭳」、又、「青莊」と名づく。】終日(ひねもす)、凝-立(つゞく)りとして、其の處を易へず。魚、過ぐるを俟(ま)つて、乃〔(すなは)〕ち、之れを取る。此れ、人の貪廉〔(たんれん)〕を喩ふべし。是れ亦、鵜の屬なり。

△按ずるに、鵜鶘【俗に「伽藍鳥」と云ふ。】冬月、來たる【余月は見えず。】。肉、硬く、佳からず。羽は帚〔(はふき)〕と爲し、甚だ、之を重〔(ちやう)〕す。

 

[やぶちゃん注:附図からは想像し難いが、これは現代中国語で、鳥綱 Aves ペリカン目 Pelecaniformes ペリカン科 Pelecanidae ペリカン属 Pelecanus を指す。ウィキの「ペリカンによれば、『ペットとして飼育されることがある。人によく馴れ、ときには、主人のもとに魚を持ってこさせたりするほどにしつけることができる。古くは、マクシミリアン皇帝が飼育したペリカンは』八十『年以上生きたとされている』。また、『ペリカンが胸に穴を開けてその血を与えて子を育てるという伝説があり』、『あらゆる動物のなかで最も子孫への強い愛をもっているとされる。この伝説を基礎として、ペリカンは、全ての人間への愛によって十字架に身を捧げたキリストの象徴であるとされる』。『このようなペリカンをキリストのシンボルとみなす記述は、古くは中世の著作にも見つけることができる』とある。

 

「鵜鶘」は音では「テイコ」である。

「鶚〔(みさご)〕」鳥綱タカ目 Accipitriformes タカ亜目 Accipitres タカ上科 Accipitroideaミサゴ科 Pandionidae ミサゴ属 Pandion であるが、ちょっと似ているとは思われない。但し、確かにこの「鶚」は現代中国語でもミサゴ類を指す。似ているとすれば、魚を好んで食うことと、腹部の白さぐらいなんだがなぁ。

「蒼鵞(たうがん)」「たうがん」は「唐雁」で当て読み。シナガチョウ(カモ目 Anseriformesカモ科 Anatidae マガン属 Anser サカツラガン Anser cygnoides が中国で家禽化されたもの)の羽根色が蒼いものを指す。蒼鵞(さうがん(そうがん))が正しい読み方である。

「直にして」真っ直ぐで。これは確かにペリカンらしい。

「口中、正赤」種や個体によっては、ペリカンは実際に真っ赤に見えるものがいる。

「頷の下の胡(ゑぶころ)、大いさ、數升の囊(ふくろ)のごときなり」これも確かにペリカンの特徴である。

「小水を竭(つく)して」河川や海岸の小さな水溜まりやタイド・プールの水を吸い尽くして。事実、ペリカンは水面で獲物を水ごと、咽喉嚢に含み、水だけを吐き出して捕食するから、この描写は事実に基づくと言ってよい。

「能く聾を通じ、腫毒を治ず」ウィキの「ペリカンによれば、ハイイロペリカン Pelecanus crispus の肉から抽出される脂肪性の淘鵝油は『通常、秋または冬に捕獲し、化膿性のできもの、腫れもの、悪性のでき物、風疹や湿疹の疼痛に用いる』。『ペリカンの油脂はインド、ペルシアでも古くから用いられた』とあるから、外耳炎に起因する難聴には効果があるとも推察出来る。

「透走するなり」滲み出して漏れてしまうものである。多分に、共感呪術的な意味合いがあるか。

「䯒(はぎ)の骨」東洋文庫訳では『脛の上端の骨』と割注する。

『「莊子」に曰く、『魚、網を畏れず、鵜鶘を畏る』と』「荘子」の「雑篇」の「外物」に、

   *

仲尼曰、「神龜能見夢於元君而不能避余且之網。知能七十二鑽而無遺筴、不能避刳腸之患。如是、則知有所困、神有所不及也。雖有至知、萬人謀之。魚不畏網而畏鵜鶘。去小知而大知明、去善而自善矣。」嬰兒生無石師而能言、與能言者處也。

   *

とある。これは「網」が「無心」であるから、魚は捕えられてしまう、の言いで、「荘子」であるから、ここは小賢しい知力を捨て去ることこそ無為自然の道である、と説くための方便である。

「漫畫鳥〔(まんぐわてう)〕」当然、種同定したいところだが、不詳。最後に「鵜の屬なり」と言っているからには、カツオドリ目ウ科 Phalacrocoracidae の類ということになるのだが。

「一息〔(いつそく)〕の停(とゞまること)、無し」一呼吸をする間も凝っとしてはいない。

「信天縁鳥」この文字列だと、つい、ミズナギドリ目アホウドリ(信天翁)科 Diomedeidae (狭義のそれはアホウドリ科アホウドリ属アホウドリ Phoebastria albatrus)だろうなどと安易に思ってしまうのだが、どうだろう? 分らぬ。やはり最後には「鵜の屬なり」と言っているのだが。でも、東洋文庫注は信天翁の仲間(同類)としている(後注参照)。

「凝-立(つゞく)りとして」凝っと立ち尽くしていて。

「人の貪廉〔(たんれん)〕を喩ふべし」東洋文庫では割注で『貪は貪(どん)欲。廉は清廉なこと』とし、さらに後注して、『これは人の貪廉の喩えとされる 信天翁は食を貪(むさぼ)らない鳥である。これに対して、同類の漫畫鳥というのは食を求め貪る。それでこの二鳥を對比させて貴廉のたとえに用いられる。『潛確類書』や『瑯耶(ろうや)代酔篇』に載っている』とある。

「肉、硬く、佳からず」ウィキの「ペリカンには、『肉食であるペリカンの肉は臭く、味は非常にまずいため食用に向かない』とある。

「帚〔(はふき)〕」箒(ほうき)。

「重〔(ちやう)〕す」珍重する。]

« 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 橋姫(10) /橋姫~了 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(26) 禮拜と淨めの式(Ⅳ) »