フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 舌 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 雀 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 藤の花

 

 藤の花

 

 運動場の白い砂の上では四十人あまりの男女が體操をしてゐた。藤棚の下で見てゐると微風が睡氣を運んで來るので、體操の時間は停まつたままでちつとも動かない。機械體操から墜ちて手首を挫いた豐が、ネルの着物の上に袴を穿いて、手を繃帶で首から吊つてゐた。そのすぐ側には女の子が二人、やはり體操を休んでゐた。一人の女の子は髮が日向の枯草のやうに乾いてゐて、顏が年寄のやうに落着いてゐた。もう一人の女の子は何となく朝顏の芽に似た顏をしてゐた。豐の頭の上には藤の花が垂れ下つてゐる。その藤の花を裂いて蜜を舐めることを、豐は佐藤から教はつてゐた。佐藤は熊の子のやうな恰好で今も體操の列にゐた。(さやえんどう、さくらんぼう、どうしてこのごろは、うつとりとろりのしたきりすずめ)豐はちいちく、ちいちく啼く雀の聲を眼をひらいたまま、夢のやうに聽いてゐた。すると、なにがどうかなしいのかわからないが、とにかくかなしい。

 …………はつと思ふと、すべてが彼の趾の裏から墜落して行くのであつた。女の子の一人は縱縞のじみな着物を着て、鼻に小皺を寄せたまま、もう一人の女の子は赤い襷を掛けて、煤けた腕を露出したまま、熊の子のやうに佐藤はもぢやもぢやに頰鬚を伸し、齒をタバコの脂だらけにして、その他四十人あまりの顏がみんなそれぞれ變つてゐるのに氣も着かず、まだ體操を續けてゐた。そして、どしどし運動場は墜落して行く。豐は耐りかねて、負傷してゐないほうの手で、藤の花にぶらさがつた。

 

[やぶちゃん注:この挿入されている「さやえんどう、さくらんぼう、どうしてこのごろは、うつとりとろりのしたきりすずめ」という唄は私は知らない。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 舌 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 雀 »