フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 溺死・火事・スプーン | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 針 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 三人

 

 三人

 

 遠くの低い山脈は無表情な空の下に連(つらな)つてゐた。しかしその山脈を銀のナイフで切れば血が噴き出すかも知れない――何だかさう云ふ氣持も少しした。鈍い太陽が冬枯れの練兵場の上にあつた。眺めはまるで人生のやうに退屈であつた。今日は正月二日なので兵士の影もない。そのかはり山裾の道に添つて、三人の靑年がとぼとぼと步いてゐた。彼等はさつきから沈默(だまり)くらべでもしてゐるらしく、てんでに素氣(そつけ)ない顏をしてゐた。だが、その重苦しい氣分に反抗するために、一人の男の濃い眉は時々無意識に動いた。また、一人の男の瘠せて怒つた肩は窃(ひそか)に或る表情を見せてゐた。また、一人の靑白い男の唇の隅はピクピクと巫山戲てゐた。しかし三人は三人とも口をきかなかつた。

 この不思議な沈默は何に責任があるのかしら、と靑白い男は唇の隅へ煙草を銜へてぼんやりと考へてゐた。彼は大學を二度無意味に落第して、惰性でもう一度落第するかも知れなかつた。濃い眉をした男の頰は少し赤かつた。彼は肺を病んでぶらぶら散步して暮すのだつた。肩の怒つて瘠せた男は畫をやるのだが、繪具も持つてゐなかつた。彼等は今日も的(あて)もなく街で出逢ふと、二口三口言葉を交へて、的もなく散步に來たのだつた。彼等は廿五歳になつた。そしてその響は空虛(うつろ)であつた。或る悲慘な落伍者のやうな氣分が三人の頭を抑へた。

 しかし、それが凡てであらうか。假りにもし一人が何か素晴しいことを云へば、他の二人も卽座に歡聲をあげて寛ぐかも知れないのだ、誰もそれを知つてゐながら奇妙に素晴しいと云ふことがなかつた。だから默つた。

 山裾を𢌞つて坂になるところまで來た時、眉の濃い男が、「歸らうか。」と云つた。他の二人が默々と同意した。そして三人は街に引返した。そして別れた。

 靑白い男は家に歸ると、急ににやにや笑ひ出した。妹がその容子を見てけげんがると、一そう得意になつて笑ひ出した。

 

[やぶちゃん注:青土社原民喜全集Ⅲの「原民喜年譜」によれば、原民喜満二十四歳(数え二十五)は昭和四(一九二九)年で、『四月、慶応義塾大学文科へ進む。主任教授、西脇順三郎、同級に瀧口修造、井上五郎等。』『この年から翌年にかけて日本赤色救援会(モップル)に参加、昭和六年ごろ、組織の衰弱、崩壊につれて自然消滅のかたちで活動から離れる』とある。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 溺死・火事・スプーン | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 針 »