フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 閑人 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 虹 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) よみがへる父

 

 よみがへる父

 

 父の十七回忌に歸つて、その時彼の緣談が成立したのだから、これも佛の手びきだらうと母は云ふ。その法會の時、彼は長いこと正坐してゐたため、足が棒のやうになつたが、燒香に立上つて、佛壇を見ると、何かほのぼのと暗い空氣の奧に光る、かなしく、なつかしい夢のやうなものを感じた。

 

 彼は奈良に立寄つて、大佛を見た。その時、かたはらに妻がゐると云ふことがもう古代からのことのやうに思へた。何人かここに來て、何人か死んで行つた――そこの太い大きな柱をめぐつて、年寄の女が御詠歌をうたつてゐた。

 彼の妻は父のことを聞くのを好んだ。彼はそれで以前よりか、もつと細かに父に關する記憶を掘り出すことが出來た。すると、そればかりではなかつた。あちらからも、こちらからも竝木路が見えて來た。何年も憶ひ出さなかつた記憶がそこを走り𢌞つた。

 

[やぶちゃん注:原民喜の父信吉は陸海軍官庁用達を勤めた人物で、慶応二(一八六六)年生まれで、大正六(一九一七)年二月に胃癌のために亡くなっている。ここには「十七囘忌」とあり、信吉のそれは昭和八(一九三三)年に相当し、この年の三月に原民喜は広島県豊田郡北郷町の父の知人米穀肥料問屋永井菊松の次女貞恵と見合い結婚しているから、ここに出る内容と事実が完全に一致する。なお、私はこの中間部(第二段落)は私の偏愛する瑠璃寺の春」(昭和一八(一九四三)年一月から『婦人公論』に連載を始めた「大和路・信濃路」で「淨瑠璃寺」と題して同年七月号に掲載された。後に「淨瑠璃寺の春」と改題して、作品集「花あしび」(青磁社昭和二一(一九四六)年刊)に所収された。リンク先は私のブログ・ベタ・テクスト)のコーダ、『僕はそのときふいと、ひどく疲れて何もかもが妙にぼおつとしてゐる心のうちに、けふの晝つかた、淨瑠璃寺の小さな門のそばでしばらく妻と二人でその白い小さな花を手にとりあつて見てゐた自分たちの旅すがたを、何んだかそれがずつと昔の日の自分たちのことででもあるかのやうな、妙ななつかしさでもつて、鮮やかに、蘇らせ出してゐた』を私に直ちに想起させる。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 閑人 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 虹 »