フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 女の顏   原民喜 | トップページ | 母親について   原民喜 »

2017/12/22

愛について   原民喜

 

[やぶちゃん注:昭和二三(一九四八)年七月号『三田文学』初出。

 底本は一九七八年青土社刊原民喜全集「Ⅱ」の「エッセイ集」に拠った。歴史的仮名遣を用いており、拗音表記もないので、彼の原稿を電子化してきた経験から、漢字を恣意的に正字化した。

 第一文の「吩つかつた」は「いいつかつた」(いいつかった)と読む。

 本篇は現在、ネット上には電子化されていないものと思う。【2017年12月22日 藪野直史】]

 

 愛について

 

 むかし西洋のある畫家が王様から天使の繪を描くことを吩つかつた。公園をあちこちさまよひ步いてゐるうち、ふと一人の可憐な子供の姿が眼にとまつたので、早速それをモデルにして描いた。その純粋な美しさは忽ち人々の称讚するところとなつた。繪は長らく宮殿に保存された。年久しくして、その畫家は王樣から惡魔の繪を描けと吩つかつた。牢獄を巡り步いて、兇惡の相を求め漸くそのモデルになるものを把んだ。こんどの繪は天使の繪にも增して眞に迫り、彼は再び絶讚された。モデルにいくぶんの謝意を表するつもりで、その囚人をともなひ宮殿の畫廊へつれて行つた。

「君のお蔭で惡魔の繪も成功した。見てくれ給へ、これは僕が昔描いた天使の繪なのだが」

 畫家の指さす方向にその囚人が眼を凝らすと、その肩が大きく波打ち、やがて顏はうなだれて兩手で掩はれてしまつた。

「これは、この繪は私なのだ」

 囚人は鳴咽の底からかう呟いた。

 これは私が少年の日に死んで行つた姉からきかされた話であつた。何氣なく語る姉の言葉がふしぎない感動となつて少年の胸にのこつたのは、死んでゆく人の言葉であつたためであらうか。私には姉がその弟の全生涯にまで影響するやうな微妙な魂の瞬間を把へたことがおそろしくてならない。おそろしいのはあの頃のことが今でも初初しく立返つて来ることだ。私も顔を掩つて、「この繪は私なのだ」と泣きたくなることがある。するとあの話をきいた時の病室の姉の姿がすつきりと見えてくる。美しい姉は私に泣けと云つてゐるのではない。いつもその顏は私を泣くところから起ちあがらせるしなやかな力なのである。

 

« 女の顏   原民喜 | トップページ | 母親について   原民喜 »