フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 千葉寒川   原民喜 | トップページ | 自由畫   原民喜 »

2017/12/24

旅信   原民喜

 

[やぶちゃん注:昭和一三(一九三八)年五月号『草莖』初出。

 底本は一九七八年青土社刊原民喜全集「Ⅱ」の「エッセイ集」に拠った。歴史的仮名遣を用いており、拗音表記もないので、彼の原稿を電子化してきた経験から、漢字を恣意的に正字化した。傍点「ヽ」は太字に代えた。

 何気ない描写の視線に、詩人原民喜独特の優しい感性を見出せる佳品である。

 本篇は現在、ネット上には電子化されていないものと思う。【2017年12月24日 藪野直史】]

 

 旅信

 

 族に出たらお便りする約束でしたが、つい疲れて怠けて居ます。八日朝京都着。その足で嵯峨の落柿舍を訪れました。嵐山は花見客で賑はつて居ましたが、落柿舍のあたりはひつそりして氣にいりました。十字路に厭離庵といふ石の道しるべが出て居て――名前に興味を感じて――訪れようとしましたが、探し方が下手なので見つかりませんでした。

 翌日は伊賀上野を訪れ、芭蕉故郷塚、蓑蟲庵など見せてもらひました。公園の櫻が滿開でした。「水の恩、父母の恩、水を大切にしませう」といふ立札があつて、そんなことを憶えて居る私でした。

 今日大津の濱大津の宿へ移りました。京都は見殘してしまひました。義仲寺を訪れました。塀の外に芭蕉の葉がわづかに見えて居るので、そのお寺だとわかりました。道路のすぐ側に琵琶湖があり、水上機が發著してゐるのを見物しました。

 明日は石山の幻住庵を訪れるつもりで居ます。詳しくは他日隨筆かなにかに纏めたいと思ひます。

 

 *

 

 四月十一日。朝から雨が降りしきつて居ましたが出掛けました。石山寺の對岸は柳櫻が雨に煙つて居ていゝ眺めでした。ひつそりとした畑の中の道を行き幻住庵を訪れました。唐橋を走る自動車の背に、櫻の花びらが一杯ついてゐるのがありました。

 

« 千葉寒川   原民喜 | トップページ | 自由畫   原民喜 »