フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 冬晴れ | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 四月五日 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 稻妻

 

 稻妻

 

 疲れてゐるのに芳子の神經はたかぶつてゐた。遙か窓の下の街の方では自動車がひつきりなしに走つてゐた。時々省線電車のゴーと云ふ響も耳についた。身動きすればベツトは無氣味に軋つた。すやすや睡つてゐるらしい夫を起してはと思つて芳子はぢつと悶えを耐(こら)へた。何が耐らないと云ふのでもないが、芳子は漠然とした不安に襲はれてゐた。東京に來てまだ三日目なのに、あんまりあちこち見物に出步きすぎて疲れてしまつたのかも知れない。

 ふと、芳子は今急に敵の飛行機が襲來して來てここのホテルに爆彈を投じはすまいかと思つた。それは今日萬國婦人子供博覽會の國防館で觀た空中戰の模型が頭に殘つてゐるためだつた。が、さう思ひながらも不安は減じなかつた。糜爛性ガス、催淚性毒ガス、窒息性毒ガス、あのガラスの筒が投下された瞬間を想像するとぞつとしてしまふのだつた。

 こんなに私は不安なのに、どうして夫は平氣で睡つてゐるのだらう――芳子は男と云ふものの落着きを今更不思議さうに眺めて、それにぢつと信賴したくなつた。そして氣を紛らすために今日三越で購つたシヨールの色合ひを想ひ出してみた。が、いけなかつた。あのシヨールも戰爭の時にはレイヨンとして役に立つと今日國防館で教はつたのだつた。戰爭! 戰爭! 戰爭! 何處かで飛行機の唸りが聞えるやうな氣がした。芳子は夫の片手をぢつと握り締めて顏を枕に打伏せた。

 

 誰かが部屋に侵入して來たらしかつた。それはホテルのボーイの筈だつたが、手にピストルを持つてゐる。芳子は父と一緒だから大丈夫だと思つて父の方へ寄添はうとした。が、父は一向に平氣で何ともしてくれない。ギヤングは芳子には目もくれず父を狙つてゐた。あつ何とかして! と叫んでも父はぼんやりしてゐる。そのうちに氣がつくと、父の筈の男は芳子の夫なのだ。しかも夫はぼんやりしてギヤングのする儘にまかせてゐる。

 

 ふと芳子は夫の聲で目を覺した。

「どうしたのだ。」

「あ、怕かつた。私何か云つてて。」

「何だか魘されてゐたよ。」

「あ、怕かつた、賊が來た夢みたの。淋しい、淋しい……」芳子は夫の肩に手を掛けて顏を埋めた。夫は睡つてゐた筈なのにどうして目が覺めたのだらう。やはり夫も何か不安に襲はれて安眠は出來なかつたのかしら――と芳子はさつきの譯の解らぬ不安をまた思ひ出した。

 朝になると早くから街は騷がしくて、すぐに目が覺めた。從妹の豐子から電話がかかつて來た。芳子は今日の約束を思出すと何だか氣が進まなかつた。夫と一日別れてゐるのも不安だつたが、昨夜以來神經がたかぶつてゐるのも不安だつた。何か不吉のことがありさうに思へた。が夫は商用で日本橋の方へ出掛けてしまつた。そのうちに豐子もやつて來た。

 二人は步いて銀座の方へ向つた。豐子は快活さうによく喋つた。芳子は一昨日も來たことのあるデパートの食堂で鮨を食べた。雜沓のなかにゐながらも絶えず芳子の心は脅えた。デパートを出ると、急にピカリと稻妻が光つた。と、大粒の雨がパラパラと降つて來た。芳子の新しいシヨールに雨は遠慮なく注いだ。が芳子は吻とした樣に爽快な氣持で急には雨を避けたくなかつた。

 

[やぶちゃん注:「萬國婦人子供博覽會の國防館」際の「萬國婦人子供博覽會」は昭和八(一九三三)年三月十七日の開会式に始まり原民喜が貞恵と結婚したのは同年同月である)、当初の予定では五月十日までであったが,延長されて五月一杯まで継続され、五月三十一日に上野公園東京自治会館講堂での閉会式によって終わっている。形式上は「国際親善」を謳った博覧会であるが、その実は、富国強兵を意識した消費経済合理化称揚と、戦時体制へ向けての戦意・国防意識の高揚を目指したもののように思われる。同博覧会は竹の台会場・池の端会場・芝会場三つに分かれて開催されたが、ここに出る「國防館」は池の端会場で「東郷館」と並ぶ軍主催の人気会場であった。参照した「松山大学論集」(第二十巻第五号・二〇〇八年十二月発行)の川口仁志論文「万国婦人子供博覧会」についての考察PDF)によれば(コンマを読点に代えた)、「国防館」は『主として陸軍省の提供によるもので、「外廓を山海関の城壁になぞらへ、中にはパノラマ式背景に実物及模型をもつて、国家総動員、婦人と国防、都市防空、毒瓦斯防御、愛国機、極寒の戦地における衣糧、衛生等の各場面を現し、国民として是非心得ておくべき国防上の知識を涵養する」』『ものであった』とある。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 冬晴れ | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 四月五日 »