フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柴田宵曲 俳諧博物誌(15) 狸 四 / 狸~了 | トップページ | ジョナサン・スイフト原作 原民喜譯 「ガリヴァー旅行記」(やぶちゃん自筆原稿復元版) 飛ぶ島(ラピュタ)(7) 「七章   幽靈の島」(1) »

2017/12/01

ジョナサン・スイフト原作 原民喜譯 「ガリヴァー旅行記」(やぶちゃん自筆原稿復元版) 飛ぶ島(ラピュタ)(6) 「四章 發明屋敷」(3)

 私は道を橫切つて、向側の建物に入りました。〔こ〕この學士院には〔、〕學問の企劃士〔工夫員〕がゐるのでした。

[やぶちゃん注:「工夫員」既に注した通り、現行版は総て『発明家』である。民喜は学士院の職員の呼称にかなり悩んだことが窺われる。]

 〔私が〕最初に會つた〔教〕授は〔、〕廣い部屋に〔ゐました。そこには、〕四十人ばかりの學生が集つてゐました。私は挨拶がすんで、私は 部屋いっぱいになつ置〕かれてゐる大きな枠を 何だらかと 私は〔熱心に〕眺めてゐました。すると教授が

この部屋には、ここにはどんな無學な人間でも、それを使へば、安い費用と哲學、詩、政治學、數學、神學、なんでもなぞ書くことの出來る〔便利な〕機械がありました。出來かかつてゐました。〕〔教授は一つの便利な機械を考へてゐました。それを使へば、どんな無學な人々でも、立派ななんでも書けるのです。哲學、詩、政治學、數學、神學、誰にでも、それがらくに書ける機械でした。〕教授はその機械についていろいろ説明してくれました。

[やぶちゃん注:非常に苦労している箇所で錯綜していて、細部の再現が難しいが、一応、やってみた。現行版ではここは、何事もなかったように、

   *

 私は道を横切って、向う側の建物に入りました。こゝの学士院には、学問の発明家がいるのでした。

 私が最初に会った教授は、広い教室にいました。そこには四十人ばかりの学生が集っていました。教授は一つの便利な機械を考えていました。

 その機械を使えば、どんな無学な人でも、何でも書けるのです。哲学、詩、政治学、数学、神学、そんなものが誰にでも、らくに書ける機械でした。教授は、その機械についていろいろ私に説明してくれました。

   *

と整序されているが、現行は真っ黒で、ここでの最後のパートの決定稿は左罫外から下まで蛇のようにうねって書かれてある。]

 私はつづいて國語學校を訪ねました。ここでは、三人の教授が國語の改良を〔いろいろと熱心に〕考へてゐました。どうしたら

 〔一つの案は、〕言葉を全部喋らないことにしたらいい、といふのでした。その方が簡單だし、健康にもよい、言葉〔もの〕を喋ればそれだけ肺を使ふことになるから、〔それだけ〕生命を縮めるといふのです。

 それで、〔そ〕の代りに、こんなことが考へ〔發明さ〕れました。言葉といふものは、ものの名前だから、話しをしようとする時には、そのものを持つて行つて、見せつこをすれば、喋らなくても意味は通じるといふのです。

 しかし、これでも〔にも一〕つ困るのはことがあります。→ことがあります。〕〔それは一寸した話なら、道具をポケツトに入れて持つて行けばいいのですが〕話が澤山ある場合です。〔だと大変です。〕その時は〔、〕力の強い召使が〔、〕大きな袋に、いろんな品物を入れて、背負つて行かなければなりません。

 私は、二人の男が〔は二人の男が、〕丁度あの行商人のやうな恰好で、大きな荷物を背負つてゐる〔二人の男を→のを度々〕見たことがあります。彼らそして〕二人の男が往來で出會ふと、荷物を下して、袋をほどき、なかからいろんな品物を取出し〔ます。〕かうして、かれこれ一時間位話しがつづゐたかと思ふと、品物を袋に收めて、荷物を背負つて立上ります。

 私はその次に數學〔〕教室を見物しました。ここでは、ヨーロツパなどでは思ひつくこともできない〔珍しい〕方法で教へられてゐました。

 まづ、数學の問題と答案を〔、〕薄い煎餅の上に〔、〕特〔別製〕のインキで〔、〕淸書しておきます。學生たちに、お腹をすかからつぽにさせておいて、この煎餅を食べさせます。その後三日間は〔、〕パンと水しか與へません。〔さ〕うすると、煎餅が消化されるにつれて、それと一緒に問題は頭の方へ上つて行くといふのです。

 しかし、これはまだ實際には一度も成功してゐません。といふのは、この煎餅を食べると、ひどく胸が惡くなるので、みんなこつそり拔け出して、吐出してしまふからです。

 私はつづいて、政治の企劃士たち〔も〕訪ねましたが、この教室では、あまり愉快な氣持にされなかつたのです。

 この教室では〔この教室では〕一人の→醫〕者がこんなことを云つてゐました。君主の〔一たい〕大臣などといふものは、どうも物忘れがひどくて困ると〔は〕誰もが〔云ふ〕苦情ですが、これを防ぐには次のやうにすればいいといふのです。つまり〔、〕大臣に面會したときには、出來るだけ、わかりやすい言葉で用件をつたへておいて、別れぎはに、一つ、大臣の鼻をつまむとか、腹を蹴るとか、腕をつねるとかするのです。〔、なんとか〕して、〔約束したことは〕忘れないやうにさせるのです。そしてその後も面會しては〔するごとに〕同じことを繰返すのです。〔し、約束したことは實行してもらふやうにするのです。

[やぶちゃん注:「醫」の部分は「醫」という漢字を上手く書けず書き直しているのである。]

 それから、〔また、この醫者は〕彼政党の爭ひを〔うまく〕とめる〔方〕法を發明していました。

 それは、〔まづ〕兩方の政党から百人づつ頭を 議員を選んで來て、これを二人づつ、頭の大きさの似たもの同士〔の〕組に〔しておき〕ます。それから、〔それぞれ〕兩方の頭を鋸で挽いて、二つに分けます。そして 挽いい〔こうして切りとつた〕半分されたなつた〔の〕頭を、それぞれ取換へつこして、反對派の頭にくつつけるのです。

 私は〔、〕〔私は二人の教授がしきりに議論してゐるのを聞きました。それはどうしたら〕人民を苦しめないで税金を集めることについて二人の教授が議論してゐるのをききました。〔ができるかといふ議論でした。〕

 一人の〔教授の〕意見では、惡徳や愚行に税金をかけるがいいといふのでした。ところが、もう一人の教授の意見これと反対で〔は〕、人がその自惚れてゐる長所に〔こそ〕税金をかけるのがい一番〔たら〕いいといふのです。

« 柴田宵曲 俳諧博物誌(15) 狸 四 / 狸~了 | トップページ | ジョナサン・スイフト原作 原民喜譯 「ガリヴァー旅行記」(やぶちゃん自筆原稿復元版) 飛ぶ島(ラピュタ)(7) 「七章   幽靈の島」(1) »