フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 夏の日のちぎれ雲 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 忘れもの »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 背後

 

 背後

 

[やぶちゃん注:主人公「侃」の名にはルビがない。本字は一字人名では「つよし」・「あきら」・「ただし」等が一般的である。お好きな読みで。恐らくは「つよし」と読ませる(話の展開のコントラプンクトからの推定)であろうが、私は私の名「ただし」(直史)で読む。そうすると、少年の気持ちが痛いほど判ってくるから、遠い日のつらい思い出が甦って来るから。]

 

 重苦しい六時間の授業が終つて、侃は一人で校門を出る。午後三時の秋の陽光(ひざし)が、靜かな狹い小路の屋根や柳に懸つてゐる。ここまで來ると、彼は吻とするのだ。或る家の軒下には鷄が籠に入れられて、大根の葉を啄んでゐる。向ふの日棚では赤い緣の蚊帳が乾してある。だが侃が今步いてゐる左側には、昨日の雨に濡れたままの、苔をつけたコンクリートの壁が、まだ暫くは續いてゐる。壁越しに見える校舍の亞鉛(とたん)の棟の尖端が、まだ彼の視野にある。さうして、彼がまだすつかり解放されきらないうちに、意地惡く背後から三人の同級生によつて追付かれた。彼等は侃の背後まで來ると、急に步調を緩めて、彼の背に對つてぶつぶつと罵倒を浴せ掛けるのだ。侃は振向かうともしないで、無抵抗のまま步く。三人の聲で、それが誰であるか、彼には直ぐ解る。一人は丈のひよろ高い裁判長の息子、一人は何時も洟水を啜る教授の息子、もう一人は眼鏡を懸けた少佐の息子なのだ。

「あいつは今日英語の時間にほんの一寸笑つたよ。」と教授の息子が珍しがる。

「笑ふとも、猫かぶりの惡黨さ。澄まして、大人しくして、偉いつもりなのか知らないが、あんな奴世の中へ出たつて、精々山賊の乾兒(こぶん)にしかなれないよ。」裁判長の息子は辛辣に宣告する。

「だけど何だつて奴、僕達と口きかないのかね。あれで一體何か面白いのかなあ。」と少佐の息子は首を傾けて云ふ。「奴、今に厭世自殺するぜ、首縊(くびくく)つてよ。」

「死んぢやへ。あんな奴生きてない方がずつと有益さ。」と裁判長の息子は云ふ。

「死んぢやへ、死んで幽靈になつて化けて來やがれだ。」と教授の息子は興がる。しかし、彼はさうした罵聲を背後に受け取りながらも、依然として知らない顏をしてゐるのだ。

 

 侃はその春、そこの中學校に轉校すると、奇妙に友達と云ふものを持ち損ねた。始め一寸した行違ひから、そのクラスで勢力のあつた裁判長の息子の機嫌を損じたため、彼は卑劣な悖德漢として、クラス中に宣傳され、そして一人の味方も持てなかつた。

 夏の休みが一時、不愉快な記憶を拭つてくれた。だが、再び學期が始まると、事情は更に惡くなつてゐた。侃は誰とも口をきかない、陰鬱な生徒になつてしまつた。かうして、さきざき四年間、沈默で押通せるとしても、その結果がどうなるか。彼が他日社會へ出た時、社會は彼をまた今のやうに批難するやうになりはすまいか。侃は人と親めぬ己の性格にさまざまの不安と恐怖を感じながら、此頃懊惱し續けてゐた。如何して人と打解けることが出來ないのか、それはどんな馬鹿でさへ心得てゐる造作もないことではなかつたか、その簡單なあれが如何して君には出來ないのか……。

 

「やい、何時まで澄ましてるのだい、返事ぐらゐしねえか。」と裁判長の息子は聲を荒げた。

「ぶん撲ちやはうか。」と教授の息子は侃の後頭部に對つて拳固を擬(こら)した。しかし、無氣味な沈默に對つて、その拳固はしばし躊躇つてゐる。

 一瞬、侃は向き直つて、彼等に組附かうかとも思ふ。捨身でかかれば三人位には負けないだらう。喧嘩をすれば却つて和解も出來るかも知れないのだ。返事をしろ! と、背後では三つの敵意が挑みかかる。しかし、彼は素知らぬ顏で、默々と步いた。

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 夏の日のちぎれ雲 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 忘れもの »