フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 淡雪 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 夢 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 緣起に就いて

 

 緣起に就いて

 

 就職のことがほぼ決定してその日の午後二時にもう一度面會に行けばいいと云ふ時、恰度午後一時半、彼は電車通りで下駄の鼻緒を切つた。で、すぐ何處かで紐を貰へばまだ間にあつたのに、圓タクを呼んでその儘彼は自宅へ歸つてしまつた。

 親爺は息子がこんな理由で歸つて來たのを知ると、「フン。」と云つたきり贊成も批難もしなかつたが、腹の底では、「こいつ俺のやり方を眞似てあてこすつてるな。」とでも考へざるを得なかつた。それほどこの息子は緣起などと云ふことにこれまで無頓着な人間であつた。

 このことを聞いて喜んだのは、むしろ彼の友達であつた。彼はその友達が人間の自由意志を強調して因果律を無視しようとするのに、これまで反對して來た。ところがその友達は彼のことを今度のことから、實に舊式な迷信的な宿命論者だと云つて嗤ふのであつた。嗤はれる彼の側から云ふと、――ものは外形のみでは判斷出來ないと云ひたかつた。

 彼はこの不景氣にも珍しく、いろんな情實關係から就職口の三つや四つは大學卒業前から話があつた。だから何も急いでその一つにねばりつく必要はないと云ふ心の餘裕があつたことが一つ。それから、あの時氣分が勝れてなかつたし、あの會社に就職することにあまり氣乘りがしなかつたことが一つ。この二つが大切な原因で、下駄の鼻緒はむしろ親爺に對する方便であつたのだ。

 詳しくみると、親父はよく都合の惡いときにばかり緣起を擔ぐのであつた。成程、緣起と云ふものを始めて考へ出した人間は、それをただ單純に嗤ふ人間よりか馬鹿だとは云ひ難い――と彼はつくづく考へた。

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 淡雪 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 夢 »