フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 移動 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 五月 »

2017/12/25

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 繪にそへて

 

 繪にそへて

 

 この繪は何處だとはつきり云はない方がいいかも知れません。題は子供心のあこがれとでも云ふのでせうか。そこの島の八月、今から凡そ二十年も前のことですが、公園に始めてホテルが出來たのです。杉に圍まれた瀟洒な石の建築の脇には山から湧いて流れる溪流があつて家鴨が白い影を浮かべてゐました。芝生の綺麗な傾斜に添つて、白い砂利道を行くと、噴水のある瀧の前に赤いポストがあり、鞦韆(ぶらんこ)に外國の子供が乘かつてゐました。ある夕方、幼い私は姉と連れだつて、その邊を逍遙つてゐると、突然ピンクのドレスを着た外國の娘が、Can you speak English ?と姉に話しかけたのです。姉は默つてつつましやかに笑ひ、その女は快活に笑ひ、そして私は彼女等がそれだけで何か私にはわからない一つの氣持をやりとりしたかのやうに思へました。そこのホテルが出來た時、夜の公園にはアーク燈が眞晝のやうに輝き、杉と杉の枝に萬國旗が掲げられ、そして澤山の人々が眼に怡びを湛へ、ざわめき合つてゐると、突然中央の四阿からオルケストラが湧き起りました。ふと私が眼を上にやると樹の間にある夜の空は明るい燈のために一層美しく思へ、大きな蛾がバタバタと燈のほとりを𢌞つてゐたものです。――そして翌日、八月の嵐は海の波を怒らし、雨まじりに、あのホテルの前の岸の大きな岩に、まつ白なしぶきを吹きかけ、吹きかけしたものです。その怒濤を見に、私を連れて行つた姉は、彼女も十五年前に死にました。

 

[やぶちゃん注:本作品集「焰」は昭和一〇(一九三五)年の刊行であるから、これが原民喜の実体験に基づくとするなら、「二十年も前」は大正十四年以前となる。但し、大正十四年では原民喜は二十歳で「幼い私」という表現と合わないから、時制はもっと前、民喜が小学生であった頃まで遡ると考えるべきで、そうなると、明治四五(一九一二)年の県立広島師範学校付属小学校入学(七歳)前後から、卒業の大正七(一九一八)年の前辺りまでに絞られる。しかも、「私を連れて行つた姉は、彼女も十五年前に死にました」とあることから、これは彼の長姉の操(明治二四(一八九一)年~大正一三(一九二四)年)か、民喜より八つ上の次姉ツル(明治三〇(一八九七)年~大正七(一九一八)年)であるが、先の閉区間基準で考えるなら、この「姉」とは後者の次姉ツルということになる(ここだけ本書の刊行を起点とするなら長姉とも考えられるが、同一文の中で基点を変えて言っているとするのは自然でない)。次に、この「繪」にある「島」とはどこかであるが、私は高い確率で厳島ではないかと考えている何故なら、この掌篇は一読、原民喜の「幼年畫」の中の「不思議」という作品を直ちに想起させるからである。私の原民喜「幼年畫」(恣意的正字化版)附やぶちゃん注「不思議」を是非、読まれたい。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 移動 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 五月 »