フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 奇蹟 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 四五ニズム述懷 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 馬頭觀世音

 

 馬頭觀世音

 

 東京から叔父が由三の家を訪ねて來たのは、今度叔父も愈々墓地を買つたのでそれの自慢のためだつた。叔父は由三の灰白な貌と奇怪なアトリエを見較べながら、そこらに竝んでゐるカンバスがすべてまつ白なのに驚いて、

「君は繪を描くと云ひながら、何も描ててはゐないぢやないか、さう云ふ精神で出世が出來るか、それに君はこんな結構な靜かな海邊に居りながら恐しく顏色がわるい、どうして每日散步して體のことを考へないのだ、その調子だと君は間もなく死ぬるぞ。」と叱りつけてをいてやがてニヤリと白い齒を見せながら、

「ところで今度俺は墓地を買つたよ、今日はまあその自慢に來たのだが一つ散步がてら見に行かないか。」と、叔父は由三を促して、自動車を傭つた。

 二人はそこから一里ばかり離れた、海岸の丘の上にある寺に來た。叔父の買つた墓地は、一番高いところに在つて、太平洋を睥睨してゐる恐しく眺望のいい場所だつた。椿の眞紅な花が燃えてゐて、陽は初夏のやうに豐かに降り注ぎ、何の鳥だか、頻りに人を恍惚とさす囀りが、あたりの空氣を顫はせてゐた。そして沖の方には今、汽船が一艘、煙を燻(くゆら)せてゐた。

「どうだね、かう云ふ靜かな場所へ睡り度いと君は思はぬか。」

 由三は曖昧に微笑してゐたが、不圖、馬頭觀世音とあつて奇妙な馬の顏が朱で刻られてゐる墓が眼に留まつた。

 由三はその時、どうしたのか口に出しては叔父に云へなかつたが、後になつてから段々馬の墓の印象が異樣な氣持をそそつた。

 

 その夜、叔父は由三を激勵するつもりで、T――市の料理屋へ案内した。酒が𢌞り、藝者が騷ぎ、一通り時間が過ぎて行つたが、そのうちに叔父はまた墓の問題に返つた。

「どうだ、君なんかから見ると、この俺は俗物かも知れないが、俗物にだつて、ちやんと肚は出來てゐるのだぞ、ちやんと、もう死後の覺悟までして置いて、これからまた思ひきつて一奮發するのだ。君も藝術をやるのなら死ぬる覺悟でやり給へ。男一匹どう轉んだつて大したことはないと肚を作つてからでなきや駄目だ。ねえ、さうぢやないか。」と叔父は藝者に贊同を求めると、藝者は威勢のいい語氣に合槌を打ちながら、

「でも、こちらは隨分沈んでらつしやるのね、どうなさつたのかしら。」と由三をつまんなさうに眺めるのであつた。

 

〈由三の日記〉

 丸の内の煩雜な場所で煩瑣な事務を捌いてゐる叔父の墓が、太平洋を眺める丘の上にある。ところで僕にもし墓が自分で撰定出來るものだつたら、僕は何處も氣に入らないだけなのか。

 僕が段々繪が描けなくなるのは、僕が未(いまだ)に世間から認められないために腐つたのだらうか。それもあるが、何を描いたつてつまらない、と云ふデーモンの聲のためかも知れない。なまじ作品を殘すよりか、何も殘さない方が望ましいと思はれたりする。

 しかし作品が殘らないにしろ、僕の記憶は數名の胸のなかに殘り、やはり面白くもないことにすぎぬ。それに僕の肉體は燒かれて分解したところで、やはり地上を流轉するだけのことか。どうしても虛無に化せ失せない運命を想ふと、茫としてしまふ。

 

[やぶちゃん注:「馬頭觀世音」サンスクリット語「ハヤグリーヴァ」の漢音写で、元はヒンドゥー教の女神辺りが起源と考えられるが、仏教に於いては菩薩の一つとされ、観音菩薩の変化身(へんげしん)である「六観音」の一尊に数えられてある。本邦では観音としては珍しい忿怒の姿をとって造形化されることが多く、しかも一面二臂・三面四臂・四面八臂の像が存在し、その形相も必ずしも一定しない。頭上に馬頭を戴くが、これは生死(しょうじ)の大海に四魔を降伏(ごうぶく)する勢いを馬に譬えたものとされる。後世、民間では、馬の病気と安全を祈願し、路傍に「馬頭大士」などと石に刻み、信仰されるようにもなった。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 奇蹟 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 四五ニズム述懷 »