フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 雀 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 玩具 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 地獄の門

 

 地獄の門

 

 お祭りの夜だつた。

 叔父は薰を自轉車に乘せて走つてゐた。と、警官が叔父を呼留めた。それから二人は警察へ連れて行かれた。薰の顏とそこの机は同じくらいの高さだつた。叔父は頻りに薰の慄へてゐるのを宥めながら云ひ譯した。

「こんなに慄へてるぢやありませんか、今日のところは大目に見てやつて下さいよ。」

 薰は警官が今に自分まで調べるのではないかと怖れた。

「なあに心配しなくてもいいよ、何でもないのだ、何でもないのだ。」と叔父は警官の前で薰にさう云つてきかせた。

 警察を出て二三町行くと、叔父はまた自轉車に薰を乘せた。薰はまだ警官に追跡されはすまいかとビクビクしてゐた。しかし燈のない自轉車は無事で薰の家に歸つた。

 

 薰の父が旅に立つのを皆で見送つた時のことだつた。

 薰は小さいから入場券は要らなかつた。が、叔父は入場券が無くてはプラツト・ホームに入れない筈である。ところが叔父は入場券なしに入つて來たことを薰にだけ打明けた。薰は手品の上手な叔父のことだからそんな事も出來ようと思つた。が、もしか歸りに見つかつたらどうなるのかしらと獨りで心配した。

「まあ見てゐ給へ、うまく行くよ。」

 叔父は薰を先に立てて見送人の群のなかに竝んだ。薰が改札口を出て振返つてみると、叔父も悠々と出て來た。薰は手品の種を見損つてしまつた。酒と釣りを嗜んだ薰の叔父は今ではとくに亡くなつてしまつた。

 三途の河の岩に腰掛けて、ちびりちびり獨酌しながら彼は靜かに糸を垂れてゐるかも知れない――と薰は想像する。

 幼い日、警察を懼れた薰は、少年時代には地獄のイメージに惱まされたものだ。だが、薰の叔父なら、極樂の門だつて入場券なしに這入るにちがいない。

 

[やぶちゃん注:「ちがひない」はママ。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 雀 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 玩具 »