フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 針 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 比喩 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 遍歷

 

 遍歷

 

 植民地を殖すのだとか、鐵道を敷設するのだとか云ふ譬喩で、新しく友達を作ることを彼は説明するのであつた。少年が靑年になると、進取的な氣象が芽生え、新たなる環境と展望の下に、すべてがみごとに進行して行くものだ。彼は自分の頭腦の工場へ現實社會からいろんな原料を運んで來て、其處で加工した品を口の港からどしどし植民地諸君へダンピングした。――かう云ふ自己中心の觀點が何時までも續けばよかつた。

 

 やがて工場にはストライキが起り、或る植民地は反旗を掲げ、鐵橋はダイナマイトで壞された。醜惡なる戀愛と云ふものはかくも靑年を盲目にするものであるか。

 油のきれた機械を見捨てて、工場主はルンペンとなつて街から街へほどこしを求めて步いた。自己の頭腦を見限つて放浪することは、何時も彼を安易なその日暮しの上機嫌にさせた。

 

 …………そして時が流れた。彼は今、頭腦の皺のどの部分からでも、あらゆる過去の斷片が引出せるやうにカード式に整理しようと焦つた。秋の嵐におびただしく吹き散らされるポプラの葉を川添ひの工場の附近で無心に拾つた子供でその昔彼はあつた。

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 針 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 比喩 »