フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 童話 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 背後 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 夏の日のちぎれ雲

 

 夏の日のちぎれ雲

 

 まつ靑な空に浮ぶ一片の白い雲がキラキラと雪のやうに光つてゐる、山の頂である。向ふには竹藪があつて、晴嵐がまき起つてゐる。そこに金髮の女がガーターを留めようとして脚をかがめながら笑つてゐる。イメージと實景がごつちやになつて、生活感情がもつと旅を欲してゐる。靑年は九州の山の奧へ來て、ライン河が見たいなと呟く。

 

 人の氣もない石で圍まれた浴槽へ彼が入ると、女の裸體が一つあつた。それは大理石のやうで、靜かに溢れる靑い湯に浸されたままであつた。靜かな眞晝の光線がなみなみと降り注ぐ。にはかに、女の裸體は生きてゐて、そつと身動きした。

 

 自動車で乘合はせた少女が鼻血を出してゐて、搖れるたびに啜り込む。その血が花瓣のやうに想へて、何時までも彼の頭にこびりつく。――昨日、宿の前の海で溺死人があつた、さつき自動車は小犬を轢き殺した。

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 童話 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 背後 »