フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 溫度 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 眞夏日の散步 »

2017/12/26

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 出發

 

 出發

 

 吉池の不機嫌は母と衝突してみてわかつた。

 
a)着物のことになると如何して女と男は意見が違ふのだらう。

 
b)意見が違ふと云ふことはそんなに人間の感情を害ねるものだらうか。

 
c)人間はむしろ感情を損ひたいと云ふ感情に支配されることがありはすまいか。

 吉池はAからZまで自分の不機嫌を種々樣々に分解してみた。だが、何よりも大切なのは早く不機嫌を取消すことであつた。自分が主賓として招かれてゐる今夜の宴會に、憂鬱な顏をして出席するのは都合が惡かつた。ところが吉池は一步宴會の席に入ると、今迄心配してゐた不機嫌は本能的に影を消したのである。

 しかし宴會がはねて自分の家に歸ると、吉池は今度は新しい虛無感に把はれてしまつた。課長は自分の會社から出征軍人の出たことを非常に名譽に思ふと云つて演舌した。藝者は吉池に盃を誘めて戰地に行つたら消息をくれと握手を求めてきた。妹は彈丸除けのお守り袋を縫つてくれた。人間の厚意と云ふものは單純でしかないのに、如何してそれらのことが自分には素直に亨(う)け入れられないのだらう――吉池は自分が外部から實に巧妙にいろいろと飜弄されてゐるやうな氣がした。こんなひがみが發生するのは心に張りがあつて、有機體が未知の經驗の豫感に對して、漠然ではあるが緊張してゐるためであらう。しかし、それだけでは吉池の頭が全體として統一されてゐないから物足りなかつた。吉池は自分の行く異邦の果てを空間的に考へてみて、もつとセンチメンタルになりたかつた。深く魂を動かす何か信念とか空氣とかが欲しかつた。

 吉池は大切なことを忘れてゐたのをその時になつて氣がついた。自分の日頃愛好して止まぬ音樂を何故今夜は聽かうとしなかつたのだ。それは出發に際して、送別會の演舌や彈丸除けのお守りよりも、もつと内面的に何か力強いものを與へてくれるかも知れない。そこで彼は蓄音機の螺旋(ねぢ)を卷いて、ベートーヴエンの第五交響樂をかけた。しばらく彼はそれを聽いてゐたが、彼は思はず中途であくびを洩らした。退屈だな、音樂も――吉池は今度は大あくびをした。

 

[やぶちゃん注:太字「ひがみ」は底本では傍点「ヽ」。なお、原民喜自身は徴兵されることはなかった。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 溫度 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 眞夏日の散步 »