フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 棉の花 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 恐怖教育 »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) コレラ

 

 コレラ

 

 コレラが流行り出した。コレラはもう四五町先までやつて來た。胃腸の弱い彼はすつかり神經を鋭らせた。買はないと云ふのに魚屋は每日勝手口からやつて來て、お宅の井戸は、と賞めながら勝手に水を飮む。用事もない奴等が出入りする度に彼は冷々した。到頭、我慢がならないので、

 コレラ流行につき無用の者出入りすべからず

と一筆貼り出した。

 すると翌朝、巡査と醫者がやつて來た。「御宅に病人があるさうですが……」と二人は彼がまだ寢てゐるところへどかどか侵入して來た。「患者と云ふのはあなたですな。」と醫者は彼を一目で判斷した。

「いや、僕は胃腸が惡いことは事實ですが、まだコレラには罹つてゐませんよ。」と彼は拙(つたな)く辨解した。

「それでは一つ規則ですから避病院へ入つて貰ひませう。」と巡査が云ふ。

「ハハハ、一體僕がどうしてコレラなのかしら。」

「駄目だ、匿したつてちやんとこちらにはわかつてる。さあ入院の支度し給へ。」

「詳しい診斷(こと)はとにかく避病院へおいでになつてからにしませう。」と醫者も急かす。彼の女房はわーと泣き出した。そのうちに自動車が迎へに來る。彼は啜泣く女房と二人で自動車に乘ると、窓から見る暑い街のアスフアルトがこの世の見をさめではないかと思はれた。なに、屹度直ぐに戾れるとも思つた。

 避病院に着くと、彼はとんとんと廊下を通つた。患者がぴんぴん步けるので、看護婦は目を瞠つた。

 ともかく16號室に入れられて、今度は違ふ醫者がやつて來た。

「僕がどうしてコレラですか。」と彼が抗議すると、その醫者は靜かに肯いた。

「まあまあ。さう興奮なさるな、四五日經過してみて疑ひが晴れれば直ぐに退院させますから。」

 彼は四五日したら、それこそほんもののコレラになりさうな氣がした。ベツトも天井もコレラ菌だらけの部屋のやうに思へた。

 茫として時間が長かつた。そして、やうやく夜になつた。睡らうとすると、隣りの部屋が急にざわめき出した。誰かの息子の斷末魔らしく、低く低く喘ぐ聲がつづいてゐたが、突然母親らしい聲が怒鳴り出した。

「それみろ、云はないことか、あれほど殺生するなと云つたのに、お前が釣ばかししてゐたから魚の罰があたつたのだ、ええツ、情ない、極道息子め!」

 そのうちに急に、しーんと物音が歇んだ。次いで今度は二つ三つの泣聲がゆるく流れて來た。ふと、彼はベツトから女房の方を見下した。女房もまだ起きてゐて、不思議に毅然たる姿勢を保つてゐた。

 

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 棉の花 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 恐怖教育 »