フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 父が生んだ赤ん坊 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) コレラ »

2017/12/27

原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 棉の花

 

 棉の花

 

 十歳の時の夏、構造は川端の小母の家で暮した。小母は夕方、構造を連れて畑のなかを通つて、或る家の風呂へ入らして貰ひに行くのだつた。湯氣で上氣した小母の顏が湯氣の中の電燈と一緒に彼の瞳に映つたりした。歸りは月が出てゐて、畑には棉の花が咲いてゐた。

 或る日、母が來て、久し振りで見た母の顏は懷しかつたが、もういい加減で家へ歸らないかと誘ひ出すと、構造は顏を顰めて駄々を捏ねた。それを二人の女は面白いことのやうに笑つた。

 

 今度東京を離れて千葉海岸の借家へ移ると四坪の庭と風呂桶が附いてゐた。それで風呂桶を買つて据ゑ、庭には何か蒔かうかと思つた。何時か妻が棉賣りから棉を買つた時、一つまみの棉の種を貰つたのを想ひ出した。彼はそれを尋ねてみた。しかし、妻は割烹着のポケツトのなかに、いろんな書きつけなどと一緒に入れてゐたのだが、何處へやつたのかもう憶ひ出せなかつた。

 

[やぶちゃん注:後半は原民喜の事実に即すと考えられ、とすれば、時制は千葉市登戸(のぶと)へ転居した昭和九(一九三四)年初夏と考えてよい。]

« 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) 父が生んだ赤ん坊 | トップページ | 原民喜作品集「焰」(恣意的正字化版) コレラ »