フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳8 (23) 《8-27~8-29》 | トップページ | 芥川龍之介 手帳8 (24) 《8-30/8-31》 »

2018/01/24

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鴗(かはせび)〔カワセミ〕

Kahasebi

かはせび  魚狗  天狗

      水狗  魚虎

【音立】

      魚師  翠碧鳥

唐リ 【和名曽比壒囊抄

    云少微俗川世比】

 

本綱鴗處處水涯有之大如燕喙尖而長足紅而短背毛

翠色帶碧翅毛黑色揚青可飾女人首物性能水上取魚

[やぶちゃん注:「揚」は底本は「楊」であるが、意味が通らぬので「本草綱目」で訂した。]

蓋狗虎皆獸之噬物者此鳥害魚故得其名穴居爲窠亦

巢于木其肉鹹去腸煆飮服之主治魚骨哽

翡翠 鴗之大者爾雅謂之鷸【或云雄爲翡其色多赤雌爲翠其色多青也】

【音】 字彙云似翠而赤喙者

△按鴗【俗云川世比】形小在池川捕魚翡翠【俗云山世比】形大在山

 溪捕魚世比者少微之假名相通也其穴窠也横入一

 尺許雛於其中

 

 

かはせび  魚狗  天狗

      水狗  魚虎

【音、「立」。】

      魚師  翠碧鳥〔(すいへきどり)〕

唐・リ

      【和名、「曽比」。

       「壒囊抄〔(あいなうせう)〕」に

       「少微〔(せうび)〕」、俗に

       「川世比〔(かはせび)〕」と云ふ。】

 

「本綱」、鴗は處處の水涯(すいがい)に之れ有り。大いさ、燕のごとし。喙、尖りて長く、足、紅にして短かし。背毛、翠色。碧翅を帶し、毛、黑色〔に〕青を揚げ、女人の首の物を飾るべし。性、能く水の上にて魚を取る。蓋し、狗・虎は、皆、獸の物を噬〔(くら)ふ〕者なり。此の鳥、魚を害す。故に其の名を得。穴居して窠を爲〔(つく)〕る。亦た、木にも巢〔(すつく)〕る。其の肉、鹹。腸〔(はらわた)〕を去り、煆〔(や)き〕て飮む。之れを服して、魚骨〔の〕哽〔(のどにた)つ〕を治〔するを〕主〔(つかさど)る〕。

翡翠(やませび) 鴗(かはせび)の大なる者。「爾雅」に之れを「鷸〔(いつ)〕」と謂ふ。【或いは云ふ、雄を「翡」と爲し、其の色、多く赤く、雌を「翠」と爲し、其の色、多く青なり〔と〕。】。

【音】 「字彙」に云ふ、『翠に似て赤き喙なる者なり』〔と〕。

△按ずるに、鴗(かはせび)【俗に云ふ、「川世比」。】〔は〕、形、小さく、池川に在りて、魚を捕る。翡翠(やませび)【俗に云ふ、「山世比」。】〔は〕、形、大きく、山溪に在りて魚を捕る。世比とは「少微〔(せうび)〕の假名〔(かな)〕の相通〔(さうつう)〕なり。其の穴に窠つくるや、横に入ること一尺許り、其の中に雛あり。

 

[やぶちゃん注:鳥綱 Aves Carinatae 亜綱 Neornithes 下綱ブッポウソウ目 Coraciiformes カワセミ科 Alcedinidae カワセミ亜科 Alcedininae カワセミ属カワセミ Alcedo atthis 及びその近縁種。本邦で見ることが出来るのは亜種カワセミ Alcedo atthis bengalensis「本草綱目」記載のそれも分布域から見て(バイカル湖・インド北部から東アジア及び東南アジアに棲息)同亜種と考えてよいウィキの「カワセミ」によれば、全長は平均十七 センチメートルほど、『スズメよりも大きいが、長いくちばし』(嘴峰長三・三~四・三センチメートル)『のため』『体はスズメほどの大きさ』である。『日本のカワセミ科のなかでは最小種』で、翼開長は平均二十五センチメートルで体重は十九~四十グラム。『くちばしが長くて、頭が大きく』、『頸、尾、足は短い。オスのくちばしは黒いが、メスは下のくちばしが赤いのでオスと区別できる』。『また、若干』、『メスよりオスの方が色鮮やかである』。『頭、頬、背中は青く、頭は鱗のような模様がある。喉と耳の辺りが白く、胸と腹と眼の前後は橙色。足は赤い』。『幼鳥は全体に黒っぽく、光沢が少ない』。『カワセミの青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える』。『これを構造色と』称し、『シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理』である。『この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれる。特に両翼の間からのぞく背中の水色は鮮やかで、光の当たり方によっては緑色にも見える。漢字表記がヒスイと同じなのはこのためである』。『海岸や川、湖、池などの水辺に生息し、公園の池など都市部にもあらわれる。古くは町中でも普通に見られた鳥だったが、高度経済成長期には、生活排水や工場排水で多くの川が汚れたために、都心や町中では見られなくなった。近年、水質改善が進んだ川では、東京都心部でも再び見られるようになってきている』。『川ではヤマセミ』(後注参照)『よりも下流に生息するが、一部では混在する。飛ぶときは』、『水面近くを速く直線的に飛び、このときに「チッツー!」「チー!」と鳴き声』『を挙げることが多い』。『採餌するときは』、『水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、魚類や水生昆虫をくちばしでとらえる。エビやカエルなども捕食する』。『ときには空中でホバリング(滞空飛行)しながら飛び込むこともある。水中に潜るときは目からゴーグル状のもの(瞬膜)を出し水中でも的確に獲物を捕らえることが出来る。また、水中に深く潜るときは』、『いったん』、『高く飛び上がってから潜る個体も存在する。捕獲後は再び石や枝に戻って』、『えものをくわえ直し、頭から呑みこむ。大きな獲物は足場に数回叩きつけ、骨を砕いてから呑みこむ』。『消化出来なかったものはペリット』(pellet:鳥類学用語。鳥が食べたもののうち、消化されずに口から吐き出されたものを指す)『として口から吐き出す』。『足場は特定の石や枝を使うことが多く、周囲が糞で白くなっていることが多い。ゴーグル状のものは地上にいるときでも時々見ることが出来る』。『繁殖期にはオスがメスへ獲物をプレゼントする』『「求愛給餌」がみられる。つがいになると』、『親鳥は垂直な土手に巣穴をつくる。最初は垂直の土手に向かって突撃し、足場ができた所でくちばしと足を使って』凡そ五十~九十センチメートルもある横穴方の巣を掘って作る。『穴の一番奥は』、『ふくらんでおり、ここに』三~四『個の卵を産む』。『卵からかえったヒナは親鳥から給餌をうけながら成長し、羽毛が生え揃うと巣立ちする。せまい巣穴の中は当然ヒナの糞で汚れるが、ヒナに生えてくる羽毛は鞘をかぶっており、巣立ちのときまで羽毛が汚れないようになっている。若鳥は胸の橙色と足が』褐色味を呈する。『非繁殖期は縄張り意識が強く』、一『羽で行動する。水上を飛んだり、えさ場が見渡せる枝や石の上で休む姿がみられる』とある。まことに美しい私の好きな鳥なので、ウィキの「カワセミ」の写真(パブリック・ドメイン提供)を以下に掲げた上、グーグル画像検索「Alcedo atthisもリンクさせておく。最後に――芥川龍之介の畏友井川(恒藤)恭著「翡翠記」の私のブログでの完全電子化注完遂を言祝いで――

 

991px

 

「かはせび」同じくウィキの「カワセミ」によれば、『カワセミは「川に棲むセミ」の意で、この「セミ」は古名の「ソニ」が「ソビ」に変化し、それが転じて「セミ」となった』。その「ソニ」の「ニ」は土の意味で、ソニ(青土)からきた。また、近縁の「アカショウビン」』(カワセミ科ショウビン亜科 Halcyoninae ヤマショウビン属アカショウビン Halcyon coromanda)などの「ショウビン」も、『この「ソニ」から来た。これらとは別に、室町時代から漢名を取り入れ、「ヒスイ(翡翠)」とも呼ばれるようになった』。『カワセミは、それを表す(読む)漢字が沢山ある。川蝉、翡翠、魚狗、水狗、魚虎、魚師、鴗など』『があり、川蝉はセミとは関係がなく、「カワセミ」の音を当てた漢字。魚狗、水狗、魚虎、魚師などの漢字はカワセミが巧みに魚を捕らえる様子から来た』とある。

「壒囊抄〔(あいなうせう)〕」室町時代の僧行誉作になる類書(百科事典)。全七巻。文安二(一四四五)年に巻一から四の「素問」(一般な命題)の部が、翌年に巻五から七の「緇問(しもん)」(仏教に関わる命題)の部が成った。初学者のために事物の起源・語源・語義などを、問答形式で五百三十六条に亙って説明する。「壒」は「塵(ちり)」の意で、同じ性格を持った先行書「塵袋(ちりぶくろ)」(編者不詳で鎌倉中期の成立。全十一巻)に内容も書名も範を採っている。これに「塵袋」から二百一条を抜粋し、オリジナルの「囊鈔」と合わせて七百三十七条とした「塵添壒囊抄(じんてんあいのうしょう)」二十巻(編者不詳。享禄五・天文元(一五三二)年成立)があり、近世に於いて「壒囊鈔」と言った場合は後者を指す。中世風俗や当時の言語を知る上で有益とされる(以上は概ね「日本大百科全書」に拠った)。

「背毛、翠色。碧翅を帶し、毛、黑色〔に〕青を揚げ」原典の訓点のままに読むとこうなるが、どうもしっくり来ない。「背毛翠色帶碧翅毛黑色揚青」は「背毛、翠色にして碧帶あり、翅毛は黑色に青を揚(あ)ぐ」ではなかろうか? 「青を揚(あ)ぐ」は「青い色が浮き立って見える」の意であろう

「女人の首の物を飾るべし」女性の頭の飾り物とするのによい。

「煆〔(や)き〕て飮む」焼いて、その肉を食う。

「翡翠(やませび)」カワセミ科ヤマセミ亜科 Cerylinae ヤマセミ属ヤマセミ Megaceryle lugubrisウィキの「ヤマセミ」によれば、『アフガニスタン北東部からヒマラヤ、インドシナ半島北部、中国中部以南、日本まで分布する。生息地では、基本的に留鳥である』。『日本では、留鳥として九州以北に分布、繁殖しているが、個体数は多くない』。体長は約三十八センチメートルで翼開長は約六十七センチメートルで、『カワセミの倍、ハトほどの大きさで、日本でみられるカワセミ科の鳥では最大の種類である。頭には大きな冠羽があり、からだの背中側が白黒の細かいまだら模様になっているのが特徴。腹側は白いが、あごと胸にもまだら模様が帯のように走っている。オスとメスはよく似るが、オスはあごと胸の帯にうすい褐色が混じる』。『名のとおり』、『山地の渓流や池の周囲に生息するが、冬は平地の河川や海岸にもやってくる。単独または番い(つがい)で生活する』。『食性は動物食。採餌するときは』、『水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、魚類や甲殻類、水生昆虫などを捕食する。ときには空中でホバリング(滞空飛行)しながら飛び込むこともある。カワセミと同じように』、『捕獲後は再び石や枝に戻ってえものをくわえ直し、頭から呑みこむ。大きな魚をとらえた時は足場に数回叩きつけ、殺してから呑みこむ』。『繁殖形態は卵生』で、『川や湖の岸辺の垂直な土手に嘴を使って巣穴を掘り、巣穴の中に』四~七個の『卵を産む』とある。グーグル画像検索「Megaceryle lugubrisをリンクさせておく。

「爾雅」著者不詳。紀元前 二〇〇年頃に成立した、現存する中国最古の類語辞典・語釈辞典。

「鷸〔(いつ)〕」現在、一般にはこの字は鳥綱チドリ目 Charadriiformes チドリ亜目 Charadriiシギ科 Scolopacidae の鴫(しぎ)類を指す。

」は「【音】」と当該漢字が欠字になっているが、「ミン」と読んでおく。中国古代の幻想地誌「山海経」の「西山経」には「其鳥多。其狀如翠而赤喙、可以禦火」(其この鳥、多くはたり。其の狀(かたち)、翠(かはせみ)のごとくして赤き喙(くちばし)、以つて火を禦ぐべし)とあり、「そこにいる鳥の多くはである。翡翠(かわせみ)のような形状で赤い嘴を持ち、(これを飼うと)火災を防ぐことが出来る、とある。類感呪術の一種であろう。

「字彙」明の梅膺祚(ばいようそ)の撰になる字書。一六一五年刊。三万三千百七十九字の漢字を二百十四の部首に分け、部首の配列及び部首内部の漢字配列は、孰れも筆画の数により、各字の下には古典や古字書を引用して字義を記す。検索し易く、便利な字書として広く用いられた。この字書で一つの完成を見た筆画順漢字配列法は清の「康煕字典」以後、本邦の漢和字典にも受け継がれ、字書史上、大きな意味を持つ字書である(ここは主に小学館の「日本大百科全書」を参考にした)。

「假名」漢字から生まれた、日本独自の音節文字である片仮名と平仮名及びその表記・発音の意。

「相通〔(さうつう)〕」相い通ずること。音通。

「一尺許り」冒頭注で示した通り、もう少し深い。]

« 芥川龍之介 手帳8 (23) 《8-27~8-29》 | トップページ | 芥川龍之介 手帳8 (24) 《8-30/8-31》 »