フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜作品群「死と夢」(恣意的正字化版) 溺沒 | トップページ | 原民喜作品群「死と夢」(恣意的正字化版) 魔女 / 「死と夢」~了 »

2018/01/12

原民喜作品群「死と夢」(恣意的正字化版) 冬草

原民喜作品群「死と夢」(恣意的正字化版) 冬草

 

[やぶちゃん注:本作品群「死と夢」は原民喜の没後、角川書店版「原民喜作品集」第一巻(昭和二八(一九五三)年三月刊)で「死の夢」という総表題で纏めた形で収録されたものである。生前に刊行されたものではないので「群」と敢えて呼称したが、角川書店版以降の原民喜の作品集・全集に於いては、一括収録される場合、この総表題が附されるのは、原民喜自身が生前にそのように分類し、総表題を附していたからであり、かく標題提示することは筆者自身の意志(遺志)と考えてよい。

 本篇「冬草」は昭和一四(一九三九)年九月号『三田文學』に発表されたもので、前の「溺沒」と同号での発表である。

 底本は一九七八年青土社刊原民喜全集「Ⅰ」を用いたが、歴史的仮名遣表記で拗音や促音が概ね無表記という事実、及び、原民喜の幾つかの自筆原稿を独自に電子化してきた私の経験に照らして、漢字を概ね恣意的に正字化することが、原民喜自身の原稿原型に総体としてより近づくと考え、かく処理した。

 「溫袍」は「どてら」と読み、例の綿を厚く入れた広袖の着物で防寒や寝具に用いるそれを指し、「湯沸」は「ゆわかし」、「萵苣」は「ちさ」或いは「ちしや(ちしゃ)」でレタスのことである。「獵虎」は「らつこ(らっこ)」と読み、例の海棲哺乳類である。嘗ては毛皮が盛んに利用された。「拂いた」は「たたいた」と訓じていよう。「沓石」は「くついし」で「沓脱石(くつぬぎいし)」の略であるが、あまり良い用法ではない。何故なら「沓石」は通常、礎石の上に置いて柱や縁の束柱(つかばしら)の下に据える根石(ねいし)を指す語であるからである。「護謨」は「ゴム」と、「禿びて」は「ちびて」(「先がすり減って」の意)と読む。【2018年1月12日 藪野直史】]

 

 

 冬草

 

 座敷の廊下の玻璃戸越しに山茶花が白く渦卷いてゐた。秋彦は自分の跫音で廊下の輕く軋むのを聽きながら胸は頻りと波打つた。茫とした溫かい、いきれが頰の下に蠢いてゐて、山茶花の白い花辨が眼に惱しかつた。

 秋彦は行つて父に挨拶しなさいと母から云はれた。しかし秋彦は父に逢ふのが、まだ何となく氣恥しかつた。さつき彼がうとうとしてゐた隙に、突然、父は歸つて來たのだつた。

 父は歸つて來ると、座敷の方へ引籠つて、人を避けて、まだ家族の者の他は逢つてゐなかつた。秋彦はとにかく大變なことになつたと思つた。廿年も前に彼は父の葬式が行はれたのを憶えてゐる。父の死骸が棺桶に收められ、燒かれた骨を拾つたことまで、こまごまと憶ひ出されるのだつたが、それらが今は却つて夢であつたのかしらと怪しまれた。そして、現に今、頻りと淚を出して嬉しがつてゐる母を見ると、どうしても秋彦は父の生還を信じない譯には行かなかつた。

 

 障子の際に屛風が立てられてゐて、奧には確かに人の居る氣配が感じられた。思ひきつて、障子を開けると秋彦は子供のやうにぎこちない姿で疊の上に蹲つた。それから眼を上げて父の方を覗ふと、その人は侘しげな姿で微かに頷いた。「秋彦です」と彼は改まつて、膝の上に掌を置いた。けれども父は耳が遠くなつてゐるのか、ぼんやりした眼ざしでゐる。何處か拔殼のやうに見えるのは、年齡の所爲でもあらうか。よく視ると、父は黃八丈の溫袍を着て厚い藁蒲團の上に半身を起した儘、膝の方は羽根蒲團に埋もれ、肩はすつぽりと毛布を掛けられてゐるのだつた。そして、側の大きな桐火鉢では石綿のなかに赤い火が燒つてゐて、銀の湯沸が忙しげに沸騰してゐた。

 秋彦は父が容易ならぬ處から歸つて來たのを感じた。何處からどうして還つて來られたのか、それを父の口から訊くのはいけないことのやうに思へた。それに、父の容態はやはり良くなささうだつた。

 次第に淚で視野が濁つて來たので、秋彦はそつと立上つて、そのまま障子の外に出た。すると、さきほどから聲を潛めてゐた感動が身裡に盛上つて來て、今はわーツと哭きたくなつた。

 家のうちは急に取込んで、女中や姉妹達が忙しさうに立働いた。緣側には土藏から持出された來客用の火鉢や座蒲團が並べられてゐた。姉は白いエプロンの袖をちよこちよこ動かして火鉢から敷島の吸殼を拾ひ取つて庭先に捨ててゐる。と思ふと、玄關の方の電話口のベルが鳴り出して、應對に出た母の聲は普段より浮々してゐる。

 

 秋彦は緣側から下駄を突掛けて、土藏の裏の方へ行つた。やはり、ひとりになつて暫く氣持を落着けたかつた。土藏の裏は小さな野菜畑になつてゐて萵苣や春菊が乏しい綠を貯へてゐた。隣境の黑い板塀を越えて、午後の陽が一めんに白壁を照らしてゐた。秋彦は薪小屋の空俵の上に身を凭掛けた。そこにも陽は一杯溢れてゐた。足許のすぐ側の枯れた薔薇の木に、陽は金色に煙つてゐた。――さうだ、花を作らう、秋彦はふと獨白した。

 秋彦が幼かつた頃には、このあたりは一めんの花壇だつたのだ。罌粟や矢車草や石竹の咲亂れた姿が髣髴と眼の前に甦つて來た。すると、秋彦の胸はわくわくと波打つて、たうとう淚を流し始めた。淚は幼げな心に貫かれて、もうこれからは大丈夫だ、もうこれからは大丈夫だ、と繰返し繰返し同じ言葉が浮んだ。瞼を閉ぢて、顏を日の光の方へ向けると明るい光の矢が秋彦をめがけて降灑いだ。秋彦はその光に取縋つて一心に祈るやうな氣持がした。淚が閉ぢてゐる瞼からまた新しく溢れ出るのだつた。

 やがて、誰かの近づく跫音がして、秋彦はふと我に返つた。見ると、さつき緣側で火鉢を掃除してゐた姉が、父の着て歸つた外套を物乾竿に乾さうとしてゐるのだつた。襟の處に獵虎の毛皮の附いた、昔、秋彦が見慣れてゐた外套を、姉は重たさうに抱へて背伸して竿に掛けると、パタパタと面白さうに兩手で裾の方を拂いた。外套の塵が日に透いて、地面の雜草の上に舞つた。すると、冬の日の埋葬の途上でみた靑い草がかすかに秋彦の頭を掠めた。凍てついた灰色の路に靑々と殘つてゐる草が少年の哀傷に似て思ひ出される。

 ふと姉は秋彦の方を振向いて、にこやかな顏をした。秋彦はなぜか暗澹とした面持になつてゐた。姉はこちらへ步み寄つて來て、袂から紙片を差出すと、またちよつと笑つた。「すぐにこの電報を打つて來て頂だい」さう云ふ姉は小さな子供をあやすやうに浮々した表情をした。

 受取つた紙片を讀んでみると、それは遊學中の兄へ宛てた、父の生還を知らす電文であつた。秋彦は急にいそいそした氣持で立上ると、玄關の方へ𢌞つた。何氣なく見ると沓石のところに父の黑靴が揃へてあつた。それも昔、よく父が穿いてゐた靴で、もう近頃はあまり見掛けない型だつた。秋彦は壞しげに暫く熟視した。すると、さういふ品物にまでまだ子供らしい愛着が殘つてゐるのだつた。それから秋彦は傍に置いてある櫻のステツキを手に執つてみた。片手でそのステツキを突きながら、片手で秋彦の手を引き氏神神社の石段を父が昇り降りしたのが、たつたこの間のやうに思へた。柄の端に羊の首を型どつてある銀の飾りもたしか見憶えがあつた。

 さうして暫く玄關ばなに腰を下して、ぼんやりしてゐると、やはり父を喪つた當座、よく彼は表の方から父が俥に乘つて歸つて來さうな氣がして、ぼんやりと腰を下してゐたことなど憶ひ出した。その頃、すぐに歸つて來てくれたなら、どんなによかつただらう。秋彦はふとまた眼頭が熱くなるやうな氣がした。それから電報のことを思ひ出すと、急いで表の方へ出た。

 

 外は何も彼も急に美しくなつてゐた。街の果てにある靑い山脈もはつきり見え、家々の軒の上を電線が遠くまで伸びてゐる。それに、いくらか中高に盛上つた地面が護謨のやうに彈力があつて、柔かな陽光が秋彦の背に緩く流れて來た。

 秋彦は果物屋の前まで來ると、うつとりとして店頭を眺めた。薄い紙に包まれたネーブルや綺麗に磨かれた林檎などが、ずつと盛上つてゐる薄暗い奧に、小さな女の子をねんねこに背負つたおかみさんが甲斐々々しく、紙を疊んでゐた。おかみさんの脇の壁に天狗の面が掛けてあるのを、何だか昔見たことのあるやうな感じで、秋彦は暫く無心に見入つてゐた。

 それからまた思ひ出したやうに步き出したが、今度は硝子張の印判屋の前で立留まつた。車が通る度にその硝子窓はよく搖れたが、内ではいが栗頭の男がせつせと小刀を使つてゐた。小刀のさきに浮いて來る粉を唇で吹拂ふのがいかにも娯しさうなのだつた。

 

 秋彦は滿ち足りたやうな氣持で、郵便局へ這入つて行つた。窓口で賴信紙を貰つて、隅の方で秋彦は紙を展べ背を屈めた。挨まみれのインク壺にペンを突込んだが、ペンが禿びてゐて、文字が思ふやうに書けなかつた。秋彦は何だか少し焦々して來たが、この時になつて、彼はふと自分の妻へも電報を打つてやらねばならないと氣づいた。それで、もう一枚紙を貰つた。見ると、その賴信紙は黃色く古びてゐて、靑い罫は今にも消えさうになつてゐる。ふと、疲勞のやうなものが彼をとりまいた。秋彦は容易ならぬ矛盾に躓かされてゐるのを知つた。考てみれば、兄が東京にゐたのは、もうずつと以前のことで、現に自分にさへ妻がありながら、まだ兄が遊學中の筈はなかつた。

 冷やりとした氣持で、秋彦はさつき姉から渡された紙片を見つめた。それを見てゐると心臟は奇異に高鳴り、今にも破裂しさうになつた。秋彦は途方に暮れながら妙に急き立てられ、窓口のところで切手を買つた。それから二枚の切手をがつかりした眼つきで眺めた。切手の中の細かい模樣などを殊更熟視すると一層困惑は募つた。彼はもう自分のしてゐることが信じられなく、ふわふわと夢遊病者のやうな氣持であつた。

 重苦しい嗟嘆とともに彼は、窓口のところで元氣よくスタンプを押してゐる空色の上衣を着た娘の姿をちよつと眺めた。すると、その時、何處からともなく「秋彦さん」といふ聲がしたので、彼ははつとしてまた娘の方を振向いた。もとよりその娘が彼の名を呼んだのではなささうだつた。――とにかく、ひどく疲れてしまつた、と秋彦は暗然としてひとりごちた。

 

 秋彦の心臟は再び異常に高鳴り出した。直ぐに家の方へ引返すのが恐しくなつて、秋彦は郵便局から四五間さきの橋の方へ步いて行つた。暫く氣持を落着けなければいけなかつた。秋彦は袂から姉の渡した紙片を引出して確かめようとしたが、何時の間にかこなごなに引裂かれてゐた。紙片は愕然とした秋彦の指を滑つて橋の上から花辨のやうに水に散つて行つた。流れてゆく紙片を暫く見送つてゐたが、次第に秋彦は自分の不幸を感じて來たた。そして、今初めて氣づいたことがあつた。それをはつきり考へるのさへ怕く、それと氣づくと、もうそのことは爭へない事實ではあつた。秋彦は顏色を變へながら、今はもう遠くへ流れて行つた紙片の行方を追ひ、ガタガタと顫へ出した。さつき彼に電報を賴んだあの姉も、既に十幾年も前に死んでゐた筈だつた。父が死んだ四年目にたしか彼女は亡くなつてゐたのだ。それを思ふと、全身が闇に沒してゆくやうな感じで、しかし、さつき見た姉の姿が奇妙に懷しくもなるのであつた。もう今は茫として夢のやうにしか浮ばないが、姉の半襟についてゐた小さな刺繡の花がピカピカと光つた。

 

 秋彦は欄杆に凭れて身を支へてゐた。これから步いて家へ歸る元氣もなささうだつた。家へ戾れば、僅かの間に、何も彼も變りはててゐるやうな氣がした。御伽噺にでもありさうな、奇怪な身の上を訝りながら、秋彦はぢつと川の面を見下してゐたが、彼のすぐ側を絶えず車や人が往來するのであつた。その橋とあまり隔たらないところに鐵橋があつて、もうさつきから電車が四五臺も通つて行つた。秋彦は段々空腹を覺え寒くなつて來た。

 

 日は何時の間にか翳り、往來には暮色が下りて來た。暗い店頭などでは早くも灯が點けられてゐて、燒芋屋の前には子供達が群がつてゐた。

 秋彦が自分の家の門を潛ると、玄關の方はとつぷり暗くなつてゐた。跫音をきいて衝立の蔭から誰かがそつと覗いた。その顏が暗闇に靑く呆けてゐるのに秋彦は驚かされたが、そのまま上つて行くと、どうやらそれは母であつた。奇妙なことに母は何に昂奮してゐるのか、頻りにそはそはした樣子をしてゐた。秋彦は母が落着かない譯をぼんやり怪しみながら奧の間へ這入つて行つた。ふと秋彦は母もこの三年ほど前に死んでゐることを憶ひ出した。秋彦は慄然として、それから無性に淚が流れだした。それでは、やはり今迄のことはみんな夢であつたのかと疑ひながら、淚はとめどなく頰を傳つてゆく。すると、影の呆けた母がやつて來て、「暗いぢやありませんか」と云ひながら電燈を點けてくれた。部屋はパツと明るくなつたが、秋彦は母の方を正視することが出來なかつた。

「もう一度行つて、お父さんに挨拶して來なさい。容態が惡くて今夜がもう危いのです」と母は聲を潛めて秋に語つた。

 

« 原民喜作品群「死と夢」(恣意的正字化版) 溺沒 | トップページ | 原民喜作品群「死と夢」(恣意的正字化版) 魔女 / 「死と夢」~了 »