フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 勢州豬を狩幷獵法事 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一〇  »

2018/02/19

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鸂𪄪(おほをしどり)〔オシドリの大型雌雄個体か〕

Ooosidori

大をしとり 紫鴛鴦

      溪鴨

𪄪

 

キイ チヨツ

 

本綱鸂𪄪狀大于鴛鴦而色多紫人家畜之毛有五采首

有纓尾有毛如船柁形性尋邪而逐害此鳥專食短狐乃

溪中勑逐害物者其游于溪也左雄右雌羣伍不亂似有

式度者

△按鸂𪄪【鴛鴦之類大者】未見之

 

 

大〔(おほ)〕をしどり 紫鴛鴦

           溪鴨〔(けいあう)〕

𪄪

 

キイ チヨツ

 

「本綱」、鸂𪄪の狀、鴛鴦〔(をしどり)〕より大にして、色、多〔くは〕紫。人家、之れを畜ふ。毛に五采有り、首に纓〔(えい)〕有り。尾に、毛、有りて、船の柁〔(かぢ)〕の形のごとし。性、邪〔(よこしま)なる〕を尋ねて害を逐ふ。此の鳥、專ら、短狐〔(いさごむし)〕を食ふ。乃〔(すなは)ち〕、溪中〔にて〕物を害する者を勑〔(いまし)め〕逐ふ〔ものなり〕。其の溪〔(たに)〕に游〔する〕ことや、左は雄、右は雌。羣伍〔して〕亂れず、式度〔(しきど)〕有る者に似たり。

△按ずるに、鸂𪄪【鴛鴦の類の大なる者。】未だ之れを見ず。

 

[やぶちゃん注:これは良安も見たことがないと言っており、辞書類でも「鸂𪄪(けいちょく)」はオシドリ(鴛鴦)よりも、やや大型で雌雄の仲睦まじいとされる、紫がかった色を訂した水鳥とあるばかりで、特に現代中国でも特定種を指示していないようであるから、鳥綱 Avesカモ目  Anseriformes カモ科 Anatidae オシドリ属オシドリ Aix galericulata の大型の雌雄個体と採るしかないようである。附図もオシドリにしか私には見えない。

 

「纓〔(えい)〕」冠の後ろに突き出ている巾子(こじ)の根元を締めた紐の余りを背に垂れ下げたもの。東洋文庫訳では『くびげ』とルビする。腑に落ちる。

「短狐〔(いさごむし)〕」蜮(こく)。想像上の動物で、形は亀に似て三足を有し、水中に住んで、砂を含んでは、それを人に吹きかけて害を与えるという有毒虫。「射工」「射影」などとも称した。私は種々の人体寄生虫症、卵や幼虫・成虫の経口感染のみならず、皮膚から直接侵入するタイプのフィラリア症及び日和見感染でも重篤な症状を引き起こす他生物の寄生虫の感染症などを含むものと推理している。私の和漢三才圖會卷第五十四 濕生類 蜮(いさごむし) 附 鬼彈を参照されたい。

「羣伍」整然と並び連なって群れること。

「式度」法式や節度。]

« 譚海 卷之二 勢州豬を狩幷獵法事 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一〇  »