フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之四 25 火を燃せし狐を捕へし始末 | トップページ | 甲子夜話卷之四 27 政宗御茶水の堀をほる事 »

2018/03/15

甲子夜話卷之四 26 穴中地震することなき話

 

4-26 穴中地震することなき話

佐渡の金堀穴の深きことは前に云たり。其後に聞く。此穴の奧く地震することなしと。然に彼國は、餘國と同く地震するなり。俗情を以て考れば、地底ほど地震すべきやうなれども、地は厚きもの故、下ほど實する理なれば、地震せざるか。洋説ますます當れり。又地上も、地震のときは空氣震するものと見へて、強き地震のときは、飛鳥自由に翔りかぬるものなりと云。

■やぶちゃんの呟き

「佐渡の金堀穴の深きことは前に云たり」「甲子夜話卷之四 8 佐州金山の奇事」のこと。また、佐渡の地震と「洋説」についても、既に甲子夜話卷之三 30 佐渡の潮幷象潟の勝景變ずる事ででも扱っている。

「金堀穴」「きんほるあな」と読んでおく。

「奧く」「おく」。

「然に」「しかるに」。

「同く」「おなじく」。

「地震するなり」「甲子夜話卷之三 30 佐渡の潮幷象潟の勝景變ずる事」を参照。

「實する理なれば」「じつすることわりなれば」。地下に行けば行くほど、その上部の緻密な実質の圧が加わってより堅固なものとなるのが理窟であるから。「甲子夜話卷之三 30 佐渡の潮幷象潟の勝景變ずる事」でも『地は實したるものゆへ』と述べている。う~ん、断層とか地下水脈とかあるし、必ずしもそうでは、ないけどな。

「洋説ますます當れり」「甲子夜話卷之三 30 佐渡の潮幷象潟の勝景變ずる事」を参照。そこでは『地は實したるものゆへ、橫へ震することは無く、唯上下へゆることに言しは宜なり』とある。

「翔りかぬる」「かけりかぬる」。

 

« 甲子夜話卷之四 25 火を燃せし狐を捕へし始末 | トップページ | 甲子夜話卷之四 27 政宗御茶水の堀をほる事 »