フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 「藤式部」「日蓮」 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 流され王(4) »

2018/03/12

和漢三才圖會第四十一 水禽類 旋目鳥(ほしごい)(ゴイサギの幼鳥)

Hosigoi

ほしごい 鷃

旋目鳥

     【俗云星

      五位鷺】

 

本綱旋目鳥大如鷺而短尾紅白色深目目旁毛皆長而

旋故名之一名鷃

△按旋目鳥狀似鵁鶄而項長毛如冠背頭灰黑腹灰白

 斑翅灰色而有白圓紋如星故名之深目目旁毛長而

 旋嘴蒼脚青掌黃也【蓋鷃者鶉鷃之名與此同名異物乎】

 

 

ほしごい 鷃〔(あん)〕

旋目鳥

     【俗に「星五位鷺」と云ふ。】

 

「本綱」、旋目鳥は大いさ、鷺のごとくして、短〔(たん)〕の尾〔なり〕。紅白色。深目〔(ふかめ)〕。目の旁〔(かたはら)〕に毛あり、皆、長くして旋〔(めぐ)〕る。故に之れを名づく。一名、「鷃」。

△按ずるに、旋目鳥、狀〔(かたち)〕、鵁鶄(ごいさぎ)に似て、項〔(うなじ)〕の長毛、冠〔かんむり)〕のごとし。背・頭、灰黑〔の〕、腹、灰白の斑〔(まだら)〕なり。翅、灰色にして白き圓紋(まる〔もん)〕有り、星のごとし。故に之れを名づく。深目にして、目の旁〔(かたはら)〕の毛、長くして旋〔(めぐ)〕る。嘴、蒼く、脚、青く、掌、黃なり。【蓋し、「鷃」とは鶉鷃〔(ふなしうづら)〕の名〔なり〕。此れと同名異物か。】

 

[やぶちゃん注:「ほしごい」はママ。正しい歴史的仮名遣は「星五位」であるから、「ほしごゐ」である。これは前掲の鵁鶄、鳥綱 Aves ペリカン目 Pelecaniformes サギ科 Ardeidae サギ亜科 Ardeinae ゴイサギ属ゴイサギ Nycticorax nycticorax の幼鳥である。ウィキの「ゴイサギに、『幼鳥は上面が褐色の羽毛で被われ、黄褐色の斑点が入る。この斑点が星のように見える事からホシゴイの別名がある。下面は汚白色の羽毛で被われる。虹彩は黄色がかったオレンジ色。眼先は、黄緑色の皮膚が露出する』(下線やぶちゃん)とある。ウィキ幼鳥写真を参照されたい。

 

「深目〔(ふかめ)〕」目の周囲が深く窪んでいるの意味であろうが、前掲のリンク先の写真を見てもそうした窪みはない。或いは、光彩の黄色と白と周囲の白い肌、更にその周囲の茶褐色の毛の色から、そのように錯覚した見えたものであろう。

「目の旁〔(かたはら)〕に毛あり、皆、長くして旋〔(めぐ)〕る」これは確かに写真でもそのうねりがよく現認出来る。

「鷃」この漢字は現代中国ではチドリ目 Charadriiformes ミフウズラ(三斑鶉)科 Turnicidae ミフウズラ属チョウセンミフウズラ Turnix tanki に与えられており、良安の最後の割注での不審と類似した一致を示してしている。なお、注意しなくてはならないのは、このミフウズラ類はウズラと体形等がよく似ているが、ウズラ類はキジ目 Galliformes キジ科 Phasianidae ウズラ属Coturnixであって、我々の知っているウズラ Coturnix japonica とは縁遠い種である点である。

「鶉鷃〔(みふうづら)〕」読みは前注に従って、仮に附した。東洋文庫訳では『ふなしうづら』と附されてある。これは「斑無し鶉」であろうが、調べたが、実はこういう和名のウズラの種はいない。しかし、ウィキの「ウズラ」に、『希に全体が白色羽毛で散在的に野性型羽毛をもつ個体が生じるが、劣性遺伝により発現するとされている』とあり、或いは、これを指しているのかも知れないし、東洋文庫訳者は前注の「ミフウヅラ類」を指してルビしたのかも知れない。]

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治二十八年 「藤式部」「日蓮」 | トップページ | 柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 流され王(4) »