フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 治安維持法みたようなトンデモない都の迷惑防止条例改正案が四日後に採決されるって知ってた? | トップページ | このペースでいけば »

2018/03/16

譚海 卷之二 吧𠺕哆國駒の事

 

吧𠺕哆國駒の事

○同七年夏紅毛人吧𠺕哆國(ハルタこく)の駒(こま)二疋を獻上せり。前年(さきのとし)享保中獻ぜし事有(あり)、その時はケイツルと云ふおらんだ人に乘(のせ)こゝろみさせ、時々御濱御殿などにても調馬あり。此たびも御尋(おたづね)ありし故、二三年の島にて當年牽來(ひききた)ると云(いふ)、駒は二歳なりとかや。長(たけ)甚だ高く道中問屋場の軒につかゆる程也。足の大(おほい)さをたとふるに沓(くつ)の大さ丸盆(まるぼん)程(ほど)ありとぞ。水を怯(おそ)れず息を切る事なし、異形(いぎやう)のものゆゑ、晝は驛に泊り夜陰(やいん)計(ばかり)り牽來るとぞ。ハルタ國我邦より壹萬五千里程ありといへり。

[やぶちゃん注:本文の「二三年の島にて當年牽來(ひききた)ると云(いふ)」はママ。頭の部分をそのまま強引に解釈しようとすると、「二、三年出島に於いて飼育した馬で」辺りとなるが、無理がある。思うに、これは「馬」の誤記ではなかろうか? 但し、そうなると後の「駒は二歳なりとかや」ダブりはちょっと気にはなる(但し、こうした書き方は江戸期の随筆ではしばしば見受けられる)。

「同年」前の「豪猪の事」を受けるから、安永四(一七七五)年となる。異形の獣類の連発記載である。当時の将軍は第十代徳川家治である。

「紅毛人」ここはオランダ人に限定された用法。ポルトガル人・スペイン人は南蛮人と呼ばれたのに対する。

「吧𠺕哆國」底本の竹内利美氏の補註に、『ハルシヤ国。ペルシヤ国の訛で、アラビア馬をオランダ人が献上したのである』とある。現在のイランを表わす古名であるが、漢名は「波斯(はし)」「波斯国(はしこく)」と書くことが多い。本文の後半の読みに従ってルビした。なお、現行では「波斯」に「ペルシヤ(ペルシャ)」とルビするケースもある。

「駒」アラブ種(ArabArabian)である。ウィキの「アラブ種」によれば、現存する馬の改良種の中で最初に確立した品種とされ、標準体高は約百五十センチメートル、体重約四百キログラム。『サラブレッドよりは小柄で華奢な体躯で、速力もサラブレッドには劣る』ものの、『耐候性、耐久性に優れる』。『その成立ははっきりしないが、アラビア半島の遊牧民、ベドウィンにより、厳格な血統管理の元に改良が進められ、品種として確立した。伝承によるとケヒレット・エル・アジュズ(「老婦人の牝馬」の意)という牝馬がアラブ種の根幹牝馬である』とある。

「前年享保中獻ぜし事有」「享保」は一七一六年から一七三六年までで、言わずもがな、家治の祖父第八代将軍徳川吉宗の治世で、年号で七つ、三十年以上前であるから、「さきのとし」と訓じておいた。次の注の引用も参照されたい。吉宗は動物好きで、彼の要望で安南(現在のベトナム)から象も献上されている。私の電子化訳注「耳囊 卷之十 文化十酉年六月廿八日阿蘭陀一番舟渡來象正寫の事」のことを参照されたい。

「ケイツル」個人ブログ「紀行歴史遊学」の「馬を輸入した暴れん坊将軍」に、『吉宗の騎馬像は実に絵になる。なぜ馬に乗っているのか。ちなみに、白馬で浜辺を疾駆する暴れん坊将軍をイメージしているのではない。享保年間に吉宗が西洋より馬を輸入したとの史実に基づいている。徳富蘇峰の大著『近世日本国民史』には、次のような記述がある』として(漢字を概ね恣意的に正字化させて貰った。一部に歴史的仮名遣で私の推定読みを挿入した)、

    *

吉宗は亦(また)和蘭舶(オランダせん)よりして、アラビヤ馬種をも輸入せしめた。

一 地より鞍下迄四尺五寸より六寸迄之(の)男馬(おすうま) 三疋

  右同尺之女馬 二疋

右御用に候間(あひだ)、可牽渡(ひきわたすべく)候。左(さ)あるに於ては、爲御褒美(ごほうびのため)御定銀高(ごじやうぎん)之(の)外に、八百貫目分之(の)臨時商賣可差免(さしまかるべく)候間、其積りを以(もつて)荷物可積來(つみきたるべく)候。尤(もつとも)御定船數(ごじやうせんのかず)之(の)外に、馬船一艘可乘渡(のりわたすべく)候。右寸尺より大長成(おほだけなる)馬程は宜(よろしく)候。小長成(こだけなる)馬は御用に無之(これなく)候。且又馬數之儀も、餘計牽渡候分は不苦(くるしからず)候間、才覺相調(あひととのへ)候はゞ、五六疋より十匹迄は可乘渡候。右之趣ぜねらるへ申達(まうしたつし)、來年入津(にふしん)之時分必(かならず)可牽渡候。卯(享保八年癸卯)九月

斯くてケイツルは、享保十乙巳年六月十三日、馬と共に長崎に來つた。

   *

(以下、リンク先のブログ主の書状(下し文)の訳)『一 体高四尺五寸から六寸(』百三十八センチメートル『前後)の牡馬』三『頭と同じ大きさの牝馬』二『頭』『上記の馬が必要ですので注文します。取引後に褒賞として、所定の代金のほか』、八百『貫目分の商売を許可するので、そのつもりで輸入してください。ただし、定められた数の船のほかに、馬を乗せる船を一艘用意してください。注文の体格より大きな馬はよろしいが、小さな馬は無用です。また、馬の数も多いのはかまわないので、工面できるなら』、五、六頭から十頭までは輸入可能です。以上、長官に伝えますので、来年の入港の際には、必ず引き渡してください。享保八年九月』(訳はここで終り、以下はブログ主の解説)。『戦国時代の馬の体高が四尺程度と小さかったので、吉宗には大きな馬に改良しようというねらいがあったようだ。そこで』享保一〇(一七二五)年、『アラブ種を輸入するとともに、オランダの調馬師ハンス・ユンゲル・ケイゼルを招いて、飼育法や馬術の指導に当たらせた』とある。なお、平凡社の「世界大百科事典」の「蹄鉄」の項では(コンマを読点に代えた)、『吉宗は馬政改革にきわめて熱心で』享保一四(一七二九)年、『オランダ商館を通して洋馬を輸入するとともに、西洋の新しい装蹄技術の導入に努めた。このとき』、『技術指導にあたったのがハンス・ユンゲル・ケイゼルというオランダ人で、彼は馬の飼育法のみならず、通常および特殊蹄鉄の装着法まで教授した。しかし、吉宗の努力にもかかわらず、洋式蹄鉄は日本に定着しなかった』とある。徳富蘇峰の謂いに従うなら、本条の時制の五十年前、「世界大百科事典」に従うなら、四十九年前のこととなる。なお、先の個人ブログ「紀行歴史遊学」には「天皇に拝謁した従四位の象」もある。必見。因みに、「日高振興局」公式サイト内の「馬文化ひだか:馬を知る:馬と人間の歴史:室町・戦国時代から江戸末期」によれば、これ以前、『室町時代には明との貿易が盛んになるが、このとき』、『馬の輸出入も若干おこなわれて』おり、吉宗以前では、『たとえば、薩摩の島津貴久は天文年間』(十六世紀中頃)にペルシャ馬を輸入したと伝えられている』し、『享徳年間』(一五三〇年頃)にも『奥州田名部の領主・蠣崎氏がロシア・モンゴルから数百頭の馬を輸入したという伝説もある』とある。

「御濱御殿」現在の浜離宮。

「水を怯(おそ)れず」大井川などを平気で渡ったことを指すのであろう。

「息を切る事なし」いくら走っても息が切れる(呼吸が荒くなる)こともない。

「壹萬五千里」五千八百九十一キロメートル。但し、直線でも日本とイランは七千キロメートル以上は隔たっている。]

 

« 治安維持法みたようなトンデモない都の迷惑防止条例改正案が四日後に採決されるって知ってた? | トップページ | このペースでいけば »