フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 翻車魚(まんぼう)の生きながらにして腸(はらわた)を抜かるる悲劇の図 | トップページ | 甲子夜話卷之四 29 御當家御舊例、御年男の事 »

2018/04/09

譚海 卷之二 安永七年京師洪水の事幷比叡山うはゞみの事

○安永七年七月、友人某京師より來書に云(いはく)、當月二日大水にて殿上へも水入り、町々は不ㇾ及ㇾ申(まうすにおよばず)當所六條門跡の門などもよほど損じ候程の事にて、死人百餘人と申(まうす)事に候、比叡山のふもとにてうはゞみ岩に當り死(しに)申候、尤(もつとも)山八町ぬけ申候、只今まで淀の舟も大坂かよひやみ申候。

[やぶちゃん注:「安永七年七月」「二日」同年旧暦七月二日は一七七八年七月二十五日。  FUJIMAKI Sachio 氏のサイト「聚史苑」の天変地異年表 近世後半(A.D.1716~1867に、同年七月一日から『翌日にかけて京で雷雨。洪水となり、御所にも被害』が及び、十七に及ぶ『橋が流出。死者』は六百七十人にもなったとあり、「十三朝記聞」「続史愚抄」「続日本王代一覧」「泰平年表」「続皇年代」「浚明院殿御実記」などの資料に載る旨の記載がある。

「六條門跡」現在の京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル門前町にある浄土真宗本願寺派本山の龍谷山(りゅうこくざん)本願寺、所謂、通称「西本願寺」のこと。分立当初の旧称。(グーグル・マップ・データ)。

「うはゞみ」巨大な蛇。

「尤」大蛇が死んだどころか、のニュアンスであろう。

「山」比叡山。

「八町ぬけ」八百七十三メートルほどに亙って大規模な山崩れが起き。]

« 翻車魚(まんぼう)の生きながらにして腸(はらわた)を抜かるる悲劇の図 | トップページ | 甲子夜話卷之四 29 御當家御舊例、御年男の事 »