フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆「鱟」(カブトガニ)の図 | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治三十年 厄月の五月 »

2018/04/19

和漢三才圖會第四十一 水禽類 白鶴子(ダイサギ)

Daisagi

だいさぎ   俗云大鷺

白鶴子

       一種似大鷺

       而略小者名

ベッホ ツウ  蹶足鷺

 

本綱白鶴子狀白如鷺長喙高脚但頭無絲耳姿標如鶴

故得鶴名林栖水食近水處極多人捕食之味不甚佳

△按白鶴子【俗云大鷺】大於鷺而頭無絲脚灰黑色觜黃色

 

 

だいさぎ   俗に「大鷺」と云ふ。

白鶴子

       一種、大鷺に似て、

       略〔(やや)〕小さき者を

       「蹶足鷺〔(けつそくさぎ)〕」と

       名づく。

ベッホ ツウ

 

「本綱」、白鶴子は、狀、白くして鷺のごとく、長き喙〔(くちばし)〕、高き脚。但だ、頭に絲(いと)無きのみ。姿標〔(しへう)〕、鶴のごとし。故に「鶴」の名を得。林に栖み、水食〔(すいしよく)〕す。近き水の處、極めて多し。人、捕へて之れを食へば、味、甚だ佳ならず。

△按ずるに、白鶴子【俗に「大鷺」と云ふ。】鷺より大にして、頭に、絲、無し。脚、灰黑色。觜、黃色なり。

 

[やぶちゃん注:本邦では冬鳥として観察される、鳥綱 Aves ペリカン目 Pelecaniformes サギ科 Ardeidae サギ亜科 Ardeinaeアオサギ属亜種ダイサギ(大鷺)Ardea alba alba の冬羽の個体であろう(「頭に糸がない」というのは飾り羽がないことを指しているからであり、良安が「嘴(くちばし)が黄色である」と言っている点も合致する。以下の引用参照)。ウィキの「ダイサギによれば、体長は九十センチメートルほどで、『日本ではアオサギ』(アオサギ属アオサギ Ardea cinerea)『と並ぶ最大級のサギ。全身の羽毛が白色。白鷺の一種』。『雌雄同色。全体が白色で、脚と首が非常に長く、くちばしも長い。足は全体が黒い。夏羽ではくちばしが黒くなり、足の基部がわずかに黄色がかる。また』、『胸や背中に長い飾り羽が現れ』、『眼先が緑がかる婚姻色が現れることもある』が、『冬羽では飾り羽がなく、くちばしが黄色くなる』(下線太字やぶちゃん)とあるからである。ダイサギより僅かに小さい亜種チュウダイサギ Ardea alba modesta を含めてもよいが、同亜種は本邦では夏鳥として見られ、一部のみが、越冬するだけで、多くは冬には南方へ渡るので、揚げる必要はない気もする。寧ろ、「一種、大鷺に似て、略〔(やや)〕小さき者を「蹶足鷺〔(けつそくさぎ)〕」と名づくとあるのをそれに比定してもよいか。「蹶足」の「蹶」は訓で「つまずく」で、「倒れる」や「跳ね起きる」の意があるが、或いは、歩行運動の様子をけ躓(つまづ)ように捉えた命名か。

「姿標〔(しへう)〕」姿と、その様子=生態。東洋文庫訳では「標」に『ようす』とルビする。「標」は見た目の「しるし」の意。

「水食〔(すいしよく)〕す」前条にも注した通り、水中の生物を捕食する、の意。

「人、捕へて之れを食へば」は下が「味はとんでもなく不味い」というのだから、本来は「人、捕へて之れを食ふも」ぐらいがいい。]

 

« 栗本丹洲自筆「鱟」(カブトガニ)の図 | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲 明治三十年 厄月の五月 »