フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雨の日   中原中也 | トップページ | 春の日の歌   中原中也 »

2018/05/22

春   中原中也

 

    

 

春は土と草とに新しい汗をかゝせる。

その汗を乾かさうと、雲雀は空に隲る。

瓦屋根今朝不平がない、

長い校舍から合唱は空にあがる。

 

あゝ、しづかだしづかだ。

めぐり來た、これが今年の私の春だ。

むかし私の胸摶つた希望は今日を、

嚴めしい紺靑(こあを)となつて空から私に降りかゝる。

 

そして私は呆氣てしまふ、バカになつてしまふ

――藪かげの、小川か銀か小波(さざなみ)か?

藪かげの小川か銀か小波か?

 

大きい猫が頸ふりむけてぶきつちよに

一つの鈴をころばしてゐる、

一つの鈴を、ころばして見てゐる。

 

[やぶちゃん注:サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説によれば、本詩篇の初出は、昭和四(一九二九)年九月号『生活者』とある。さても、新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」の年譜によれば、まさにこの年の春四月、当時二十二歳になった中原中也を中心とし、河上徹太郎・大岡昇平・阿部六郎ら『九人の文学青年が、十円の同人費を持ち寄って』、同人雑誌『白痴群』を創刊している(誌名は『野心を持ちたくても持てない馬鹿の集りの意』ともある)。

「隲る」「のぼる」と読む。

「瓦屋根今朝不平がない」「かはらやね//けさ/ふへいがない」(斜線は切れを示し、二重斜線はより有意な切れを示す)と読んでおく。

「胸摶つた」「むねうつた(むねうった)」と読む。

「紺靑(こあを)」紫色を帯びた暗い青色(或いは「鮮やかな明るい藍色」とも表現できる)。但し、紺青は「こんじやう(こんじょう)」と読み、「こあを(こあお)」という読み方はしない。「こんあを」をこんな風には略さないから、ここは同じような濃い青色を意味する「濃青(こあを(こあお))」の読みを「紺靑」に韻律上から当て訓したものと私は採る。

「呆氣てしまふ」「ほうけてしまふ(ほうけてしまう)」。]

« 雨の日   中原中也 | トップページ | 春の日の歌   中原中也 »