フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春宵感懷   中原中也 | トップページ | 蜻蛉に寄す   中原中也 »

2018/05/24

曇天   中原中也

 

    曇  天

 

 ある朝 僕は 空の 中に、

黑い 旗が はためくを 見た。

 はたはた それは はためいて ゐたが、

音は きこえぬ 高きが ゆゑに。

 

 手繰り 下ろさうと 僕は したが、

綱も なければ それも 叶はず、

 旗は はたはた はためく ばかり、

空の 奧(をく)處に 舞ひ入る 如く。

 

 かゝる 朝(あした)を 少年の 日も、

屢〻 見たりと 僕は 憶ふ。

 かの時は そを 野原の 上に、

今はた 都會の 甍の 上に。

 

 かの時 この時 時は 隔つれ、

此處と 彼處と 所は 異れ、

 はたはた はたはた み空に ひとり、

いまも 渝らぬ かの 黑旗よ。

 

[やぶちゃん注:サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説によれば、この一篇は中也二十九歳の『中央公論』と並ぶ総合雑誌『改造』の昭和一一(一九三六)年七月号に発表されたもので、同誌に『詩人が載せた初めての作品で』、『記念すべき作品で』あるとある。

「手繰り」「たぐり」。

「奧(をく)處」「おく」はママ。新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」では『おくか』とルビする。上記の「中原中也・全詩アーカイブ」本詩篇電子化と「青空文庫」の歌」は孰れも『おくが』とする。これは「奥深い所・果て」の意で、「おくか」「おくが」孰れにも読む。私は上代語でもあり、清音を採りたい。

「屢〻」「しばしば」。

「憶ふ」「おもふ(おもう)」。

「甍」「いらか」。

「此處」「ここ」。

「彼處」「かしこ」。

「異れ」「ことなれ」。違っているが。

「渝らぬ」「かはらぬ(かわらぬ)」。「渝」(音「ユ」)は「変わる・代わる・改める」の意。]

« 春宵感懷   中原中也 | トップページ | 蜻蛉に寄す   中原中也 »