フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 月   中原中也 | トップページ | 三歲の記憶   中原中也 »

2018/05/21

靑い瞳   中原中也

 

   靑  い  瞳

 


         
 1 夏 の 朝

 

かなしい心に夜が明けた、

  うれしい心に夜が明けた、

いいや、これはどうしたといふのだ?

  さてもかなしい夜の明けだ!

 

靑い瞳は動かなかつた、

  世界はまだみな眠つてゐた、

さうして『その時』は過ぎつつあつた、

  あゝ、遐い遐いい話。

 

靑い瞳は動かなかつた、

  ――いまは動いてゐるかもしれない……

靑い瞳は動かなかつた、

  いたいたしくて美しかつた!

 

私はいまは此處にゐる、黃色い燈影に。

  あれからどうなつたのかしらない……

あゝ、『あの時』はあゝして過ぎつゝあつた!

  碧い、噴き出す蒸氣のやうに。

  2 冬 の 朝

 

それからそれがどうなつたのか……

それは僕には分らなかつた

とにかく朝霧罩めた飛行場から

機影はもう永遠に消え去つてゐた。

あとには殘酷な砂礫だの、雜草だの

頰を裂る(き)やうな寒さが殘つた。

――こんな殘酷な空寞たる朝にも猶

人は人に笑顏を以て對さねばならないとは

なんとも情ないことに思はれるのだつたが

それなのに其處でもまた

笑ひを澤山湛えた者ほど

優越を感じてゐるのであつた。

陽は霧に光り、草葉の霜は解け、

遠くの民家に鷄(とり)は鳴いたが、

霧も光も霜も鷄(とり)も

みんな人々の心には沁(し)まず、

人々は家に歸つて食卓についた。

    
(飛行機に殘つたのは僕、

     
バットの空箱(から)を蹴つてみる)

 

[やぶちゃん注:「湛えた」はママ。

「遐い遐いい話」
「とほいとほいいはなし」。「日本国語大辞典」の「遠い」によれば、方言として広島・周防大島の『トイイ』、鳥取・島根の『トイー』を記すから、この後半の「とほいい」は口語的詠嘆表現を含みながら、その方言の表記化とも思われる。

「罩めた」「こめた」。

「バット」知られた安煙草ながら愛煙されている「ゴールデンバット」(Golden Bat)のこと。]

« 月   中原中也 | トップページ | 三歲の記憶   中原中也 »