フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 メノコダイ (イサキ) | トップページ | 閑寂   中原中也 »

2018/05/24

頑是ない歌   中原中也

 

    頑 是 な い 歌

 

思へば遠く來たもんだ

十二の冬のあの夕べ

港の空に鳴り響いた

汽笛の湯氣(ゆげ)は今いづこ

 

雲の間に月はゐて

それな汽笛を耳にすると

竦然として身をすくめ

月はその時空にゐた

 

それから何年經つたことか

汽笛の湯氣を茫然と

眼で追ひかなしくなつてゐた

あの頃の俺はいまいづこ

 

今では女房子供持ち

思へば遠く來たもんだ

此の先まだまだ何時までか

生きてゆくのであらうけど

 

生きてゆくのであらうけど

遠く經て來た日や夜(よる)の

あんまりこんなにこひしゆては

なんだか自信が持てないよ

 

さりとて生きてゆく限り

結局我ン張る僕の性質(さが)

と思へばなんだか我ながら

いたはしいよなものですよ

 

考へてみればそれはまあ

結局我ン張るのだとして

昔戀しい時もあり そして

どうにかやつてはゆくのでせう

 

考へてみれば簡單だ

畢竟意志の問題だ

なんとかやるより仕方もない

やりさへすればよいのだと

 

思ふけれどもそれもそれ

十二の冬のあの夕べ

港の空に鳴り響いた

汽笛の湯氣や今いづこ

 

[やぶちゃん注:サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説によれば、昭和一〇(一九三五)年十二月(中也満二十八)の作で、翌年一月号『文藝汎論』初出とする。

「十二の冬のあの夕べ/港の空に鳴り響いた/汽笛の湯氣(ゆげ)は今いづこ」「十二の冬」は「十二」(数え)が正確ならば、大正七(一九一八)年となる。山口師範附属小学校小学校四年生である(この歳の四月にそれまで在籍していた下宇野令(うのれ)小学校から山口県立山口中学受験のためにこちらに転校した)。新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」の年譜の同年の記載に、『一時、科学に懲(こ)り、発明家を夢みて』父の『病院から試薬を持ち出し、実験に耽ったりした』とあり、またこの頃、『防長新聞』や『『婦人畫報』等に短歌を投稿』している。『学校には「矢鱈に何ということなしに心惹かれていた女教員」がいて、彼女の茶色の袴(はかま)を恋しい気持ちで眺めていた』とあるだけで、この「十二の冬のあの夕べ」、とある「港の空に鳴り響いた」「汽笛の湯氣(ゆげ)」の音や映像を解明してくれる事実や事件やそれを匂わせる事蹟は記されていない。ただ、私はまず、この「十二」というのは七五調の韻律上から選ばれた〈それらしい記号〉なのではないかと疑っている。「十」や「十三」「十六」ではだめなのは明白である。しかも、いかにも事実らしく聴こえる「十二の冬」という年齢・季節といい、限定された或る秘密めいた一日(ひとひ)の「あの夕べ」といい、潮の匂いの漂う「港の空」といい、そこに劈ざくように「鳴り響いた」船の「汽笛」と、その「湯氣(ゆげ)」の視聴覚上のリアリズムに、我々は具体な、どこかの港の夕暮れの情景や、なんとなく妖しい雰囲気の実画面を描きがちになる。しかし私はこれは全くの彼の幼年幻想とその終わりというものの仮想イメージなのだと思っている。則ち、これら「十二の冬のあの夕べ」や「港の空に鳴り響いた」「汽笛の湯氣」続く二連の「雲間」の「月」やは、すべてが、一人の、頻りに尖(とん)がったポーズをしたがる少年が、早々と大人の真似(或いはをし、パイプなど銜えて、詩人のマドロスとして、退屈で不満に満ちた世俗世界におさらばし、何か面白いことが出来そうな荒海(それは怪しい科学実験でも非生産的な発明でももっと非生産的なる芸術やら文芸でも/でこそよい世界である)へと向かいたいと夢想した〈幼年幻想/詩人幻想の「時空」に於ける記号〉なのだと思うのである。

「それな」「な」は強調して念を押す間投助詞。

「竦然」(しようぜん(しょうぜん)」は「ひどく恐れるさま・慄(ぞ)っとして竦(すく)むさま。

「今では女房子供持ち」これが創作された昭和一〇(一九三五)年十二月当時は妻孝子と結婚後二年目、長男文也(昭和九年十月十八日生まれ)は一歳二ヶ月であった。

「こひしゆては」「戀ひしゆては(こひしゅては)」。恋しゅうては。恋しさがつのってくる状態では。

「我ン張る」「頑張る」。]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 メノコダイ (イサキ) | トップページ | 閑寂   中原中也 »