フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 幼獸の歌   中原中也 | トップページ | 冬の日の記憶   中原中也 »

2018/05/22

この小兒   中原中也

 

    こ の 小 兒

 

コボルト空に往交(ゆきか)へば、

野に

蒼白の

この小兒。

 

黑雲空にすぢ引けば、

この小兒

搾る淚は

銀の液……

 

     地球が二つに割れゝばいい、

     そして片方は洋行すればいい、

     すれば私はもう片方に腰掛けて

     靑空をばかり――

 

花崗の巖(いはほ)や

濱の空

み寺の屋根や

海の果て……

 

[やぶちゃん注:太字「もう片方」は原詩集では傍点「ヽ」。「この小兒」とは精霊「コボルト」(後注参照)の変じた長男文也を具体なイメージの一つとしながら、それが詩の半ばで詩人自身にグラデーションを以ってメタモルフォーゼするかのようである。角川文庫「中原中也詩集」(河上徹太郎編)の年譜によれば、本篇は昭和一〇(一九三五)年六月発行の『文學界』に発表している。

「コボルト」(ドイツ語:Kobold:カタカナ音写:コォゥバァルドゥ)はドイツの民間伝承に由来する醜い悪戯好きの妖精或いは鉱山の地霊などの、精霊群を指す汎用名称。ウィキの「コボルト」より引く。『コボルトはドイツ語で邪な精霊を意味し、英語ではしばしばゴブリンと訳される』(Goblin。広く西欧で信じられている、森や洞窟に住むとされる醜い小人の姿をした悪戯好きの精霊の汎称。このドイツの「コボルト」の他、フランスでは「ゴブラン」(Gobelin)と呼んだりする。映画で有名になったグレムリン(gremlin)もゴブリンの一種である)。『最も一般的なイメージは、ときに手助けしてくれたりときにいたずらをするような家に住むこびとたちというものである。彼らはミルクや穀物などと引き替えに家事をしてくれたりもするが、贈り物をしないままだと』、『住人の人間にいたずらをして遊んだりもする。また、一度』、『贈り物をもらったコボルトはその家から出て行ってしまうと言われる。もうひとつあるコボルトのイメージは、坑道や地下に住み、ノームにより近い姿である』『金属元素コバルトの名はコボルトに由来する』が、これは『コバルト鉱物は冶金が困難なため』、十六『世紀頃のドイツでは、コボルトが坑夫を困らせるために魔法をかけて作った鉱物と信じられていたからである』とある。

「黑雲」「こくうん」「くろくも」孰れとも読める。因みに本詩篇の上の定位置に記された第一連・第四連は総てが初行と最終行の頭をカ行音で合わせてある。個人的には、次行の「この小兒」の「こ」と響き合わせて、独特の硬質感(後で地球が割れればいいといい、最終連に花崗岩が出る辺りも含め)を出したい気がするので「こくうん」と私は読みたい。

「そして片方は洋行すればいい」「すれば私はもう片方に腰掛けて」「靑空をばかり――」やや分かり難いが、厭世的詩人は言い放つ。『地球が二つに割れてしまえばいい、割れてしまったら、その一方はどこか遠い宇宙のどことなりへと旅立って(「洋行」)しまえばいい、旅だって俺独りになったなら、その一方は私の足下に残っている、そこで「私は」その片割れの半地球に徐ろに「腰掛けて」「靑空をばかり」眺めて居たい』というのである。さてもこれは私の偏愛する尾形龜之助の、あの詩集色ガラスの街」(大正一四(一九二五)年十一月惠風館刊。リンク先は私が二〇一四年に作った〈初版本バーチャル復刻版〉)の一篇、

   *

 

    不幸な夢

 

「空が海になる

私達の上の方に空がそのまま海になる

 ―― 

そんな日が來たら

 

そんな日が來たら笹の舟を澤山つくつて

仰向けに寢ころんで流してみたい

 

を私は直ちに想起する。

「花崗」「くわこう(かこう)」。花崗岩。以下、「濱の空」「み寺の屋根」「海の果て」と、かなり具体なロケーションが続くので、この第四連は特定の場所がイメージされていることは間違いないが、不詳。]

« 幼獸の歌   中原中也 | トップページ | 冬の日の記憶   中原中也 »