フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« お道化うた   中原中也 | トップページ | 殘暑   中原中也 »

2018/05/24

思ひ出   中原中也

 

    思  ひ  出

 

お天氣の日の、海の沖は

なんと、あんなに綺麗なんだ!

お天氣の日の、海の沖は

まるで、金や、銀ではないか

 

金や銀の沖の波に、

ひかれひかれて、岬の端に

やつて來たれど金や銀は

なほもとほのき、沖で光つた。

 

岬の端には煉瓦工場が、

工場の庭には煉瓦干されて、

煉瓦干されて赫々してゐた

しかも工場は、音とてなかつた

 

煉瓦工場に、腰をば据えて、

私は暫く煙草を吹かした。

煙草吹かしてぼんやりしてると、

沖の方では波が鳴つてた。

 

沖の方では波が鳴らうと、

私はかまはずぼんやりしてゐた。

ぼんやりしてると頭も胸も

ポカポカポカポカ暖かだつた

 

ポカポカポカポカ暖かだつたよ

岬の工場は春の陽をうけ、

煉瓦工場は音とてもなく

裏の木立で鳥が啼いてた

 

鳥が啼いても煉瓦工場は、

ビクともしないでジツとしてゐた

鳥が啼いても煉瓦工場の、

窓の硝子は陽をうけてゐた

 

窓の硝子は陽をうけてても

ちつとも暖かさうではなかつた

春のはじめのお天氣の日の

岬の端の煉瓦工場よ!

 

  *         *

       *         *

 

煉瓦工場は、その後廢(すた)れて、

煉瓦工場は、死んでしまつた

煉瓦工場の、窓も硝子も、

今は毀れてゐようといふもの

 

煉瓦工場は、廢(すた)れて枯れて、

木立の前に、今もぼんやり

木立に鳥は、今も啼くけど

煉瓦工場は、朽ちてゆくだけ

 

沖の波は、今も鳴るけど

庭の土には、陽が照るけれど

煉瓦工場に、人夫は來ない

煉瓦工場に、僕も行かない

 

嘗て煙を、吐いてた煙突も、

今はぶきみに、たゞ立つてゐる

雨の降る日は、殊にもぶきみ

晴れた日だとて、相當ぶきみ

 

相當ぶきみな、煙突でさへ

今ぢやどうさへ、手出しも出來ず

この尨大な、古者が

時々恨む、その眼は怖い

 

その眼は怖くて、今日も僕は

濱へ出て來て、石に腰掛け

ぼんやり俯き、案じてゐれば

僕の胸さへ、波を打つのだ

 

[やぶちゃん注:アスタリスク四個のパーテーションはブログでの不具合を考えて原典の配置を再現せず、上に引き上げ、アスタリスク間も短縮しておいた。本篇の岬の煉瓦工場のある風景のロケーションは不詳。

「赫々」新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」に『あかあか』とルビする。従がう。

「毀れて」新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」に「毀」『こは』とルビする。従がう。

「古者」「ふるつはもの」。新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」もかくルビする。

「俯き」「うつむき」。

« お道化うた   中原中也 | トップページ | 殘暑   中原中也 »