フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夜更の雨  ――ヹルレーヌの面影――   中原中也 | トップページ | 月   中原中也 »

2018/05/21

早春の風   中原中也

 

   早 春 の 風

 

  けふ一日(ひとひ)また金の風

 大きい風には銀の鈴

けふ一日(ひとひ)また金の風

 

  女王の冠さながらに

 卓(たく)の前には腰を掛け

かびろき窓にむかひます

 

  外(そと)吹く風は金の風

 大きい風には銀の鈴

けふ一日(ひとひ)また金の風

 

  枯草の音のかなしくて

 煙は空に身をすさび

日影たのしく身を嫋(なよ)ぶ

 

  鳶色の土かほるれば

 物干竿は空に往き

登る坂道なごめども

 

  靑き女(をみな)の顎(あぎと)かと

 岡に梢のとげとげし

今日一日(ひとひ)また金の風……

 

[やぶちゃん注:サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説によれば、原詩篇は昭和三(一九二八)年(二十一歳)の創作と推定されているとある。しかし、初出は『帝都大學新聞』(『東京大学新聞』の前身)の昭和一〇(一九三五)年五月十三日号とあるから、実に八年もの間、熟成させたということになる。なお、そこには、『帝都大学新聞へ、この作品を送ったとき』、担当の『学生が、もう時季が早春ではないから何とか変えてくれ、と、タイトルの変更を申し入れてきたことにふれ、後に詩人は、「帝都大学新聞が詩を浴衣の売出しかなんかのように心得ているとはけしからん。文化の程度が低いのである」と、メモを残したエピソードが伝わってい』る、とある。

第二連「冠」は韻律から見て私は「くわん(かん)」と音読みしていると思う。

第三連「嫋(なよ)ぶ」しなやかに、なよなよとしていて、もの柔らかな動きをする。]

« 夜更の雨  ――ヹルレーヌの面影――   中原中也 | トップページ | 月   中原中也 »