フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 秋の消息   中原中也 | トップページ | 秋日狂亂   中原中也 »

2018/05/23

骨   中原中也

 

    

 

ホラホラ、これが僕の骨だ、

生きてゐた時の苦勞にみちた

あのけがらはしい肉を破つて、

しらじらと雨に洗はれ、

ヌックと出た、骨の尖(さき)。

 

それは光澤もない、

ただいたづらにしらじらと、

雨を吸收する、

風に吹かれる、

幾分空を反映する。

 

生きてゐた時に、

これが食堂の雜踏の中に、

坐つてゐたこともある、

みつばのおしたしを食つたこともある、

と思へばなんとも可笑しい。

 

ホラホラ、これが僕の骨――

見てゐるのは僕? 可笑しなことだ。

靈魂はあとに殘つて、

また骨の處にやつて來て、

見てゐるのかしら?

 

故鄕(ふるさと)の小川のへりに、

半ばは枯れた草に立つて、

見てゐるのは、――僕?

恰度立札ほどの高さに、

骨はしらじらととんがつてゐる。

 

[やぶちゃん注:本篇は珍しく創作日が原詩稿に記されている詩篇らしい。サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説に『制作は、詩篇末尾に日付がある通り』、昭和九(一九三四)年四月二十八日で、これは中也が前年末の十二月三日に遠縁の縁者であった六歳歳下の上野孝子と結婚してから、『およそ』五『カ月後の制作で、この頃、東京四谷区の花園アパートに住んでい』たとあり、本詩篇の初出は前年昭和八年五月に同人となった、坂口安吾主宰の雑誌『紀元』の同年六月号とする(但し、新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」の年譜によれば、中也は『紀元』同人を四月に脱退している)。

「光澤」上記新潮社版に従い、「つや」と読んでおく。

「恰度」「ちやうど(ちょうど)」。]

« 秋の消息   中原中也 | トップページ | 秋日狂亂   中原中也 »