フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 含羞(はぢらひ) ――在りし日の歌――   中原中也 | トップページ | 夜更の雨  ――ヹルレーヌの面影――   中原中也 »

2018/05/20

むなしさ   中原中也

 

    む な し さ

 

臘祭の夜の 巷に墮ちて

 心臟はも 條網に絡み

脂(あぶら)ぎる 胸乳(むなぢ)も露(あら)は

 よすがなき われは戲女(たはれめ)

 

せつなきに 泣きも得せずて

 この日頃 闇を孕めり

遐き空 線條に鳴る

 海峽岸 冬の曉風

 

白薔薇の 造化の花瓣

 凍(い)てつきて 心もあらず

 

明けき日の 乙女の集(つど)ひ

 それらみな ふるのわが友

 

偏菱形=聚接面そも

 故弓の音 つづきてきこゆ

 

[やぶちゃん注:強力な個人サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の「むなしさ」の解説では、『「含羞」の次に配置された「むなしさ」は』大正一五(一九二六)年『の作とされ』中原中也自身が死の一ヶ月前に書いた本詩集の自筆「後記」に『最も古いのでは大正十四年のもの』とすることから、本詩篇は『「在りし日の歌」の中では「最も古い」作品の』の一つであり、しかも『「在りし日の歌」の編集当初は』、まさにこの『「むなしさ」を冒頭に配置する計画で』あったが、『発行に至る間に長男文也が急逝したことによって「在りし日の歌」全体の構成を変えることになり』、『追悼詩としての「含羞(はぢらひ)」が冒頭に置かれ』たとある。則ち、当初の中也の詩想の中では、『「在りし日の歌」は元をたどれば「むなしさ」にはじまったので』あると述べておられる。なお、同鑑賞ではこの詩篇のロケーションを横浜中華街と設定しておられる。驒一連の「戲女(たはれめ)」(ここは「よすがなき われは戲女」で自身を「寄る辺なき街娼」に擬えたのではあるが、現在の中華街の北西直近には大きな花街があった)、第二連の「海峽岸」、最終連の「偏菱形=聚接面」(後注参照)「胡弓」から見て、至当であろう。サイト主合地舜介氏は『横浜は詩人の母フクが生まれ』、七『歳まで育った土地で』あった『し、祖父助之が客死した土地で』もあり、中也は『横浜にも由縁』の者があったことから、『折りあるごとに遊びに出かけ』ると、『その足はおもむくままに娼婦街へと向か』ったものであったともあり、横浜ロケ物とする確かな補強がなされてある。

「臘祭」「らふさい(ろうさい)」と読む。大晦日のこと(本来は、古代中国の風俗に於いて当時の後の第三の戌(いぬ)の日に、猟(「獵」の音通)をし、それで得た獲物を神々や祖先の霊に捧げて祭りを営んだことに基づく呼称)。

「條網」「でうまう(じょうもう)」。大晦日の、色とりどりの、切り抜かれて線条や網の目になったテープ状の紙飾りか。

第二連「遐き」「とほき(とおき)」。「遠き」に同じい。

第二連「海峽岸」「かいけふぎし(かいきょうぎし)」と私は読みたい。音韻的にも、発音として聴いての意味も採り易いからである。

第二連「曉風」「げうふう(ぎょうふう)」暁(あかつき)の陸風。

第三連「白薔薇の 造化の花瓣」実景と娼婦の置換的イメージ。

第五連「偏菱形=聚接面」「偏菱形」は「へんりようけい(へんりょうけい)」で「菱形(ひしがた)」が強い傾きをもって潰れた形で、これは所謂横軸が縦軸より長い(反対でもよい)、我々が普通に呼ぶ菱形で、「聚接面」は「しゆうせつめん(しゅうせつめん)」で「多くの対象が集まって接する面」の意であって、それが等記号で結ばれているのであるから、菱形模様を、多数、接合、繋げて集めた、目くるめくような同形反復の意匠・デザインの謂いで、これは中国系の人々が好む紋様・模様と思われるが、如何であろう。

「そも」接続詞。但し、ここは「さても、それに加えて」の意の合いの手的挿入。]

 

« 含羞(はぢらひ) ――在りし日の歌――   中原中也 | トップページ | 夜更の雨  ――ヹルレーヌの面影――   中原中也 »