フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 曇天   中原中也 | トップページ | 「在りし日の歌」 永訣の秋 / ゆきてかへらぬ ――京都――   中原中也 »

2018/05/24

蜻蛉に寄す   中原中也

 

    

 

あんまり晴れてる 秋の空

赤い蜻蛉が 飛んでゐる

淡(あは)い夕陽を 浴びながら

僕は野原に 立つてゐる

 

遠くに工場の 煙突が

夕陽にかすんで みえてゐる

大きな溜息 一つついて

僕は蹲んで 石を拾ふ

 

その石くれの 冷たさが

漸く手中(しゆちう)で ぬくもると

僕は放(ほか)して 今度は草を

夕陽を浴びてる 草を拔く

 

拔かれた草は 土の上で

ほのかほのかに 萎えてゆく

遠くに工場の 煙突は

夕陽に霞んで みえてゐる

 

[やぶちゃん注:サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説によれば、この一篇は『むらさき』という『女性向けの教養雑誌に初出』するもので、『この雑誌は、紫式部学会の編集』であるという(創作は昭和一一(一九三六)年八月頃と推定されているとある。因みに『ぬらさき』は昭和九年五月創刊で現在も続いている)。サイト主の合地舜介氏も述べておられる通り、本篇は言葉遣いや内容の平易さを見ると、多分に女性雑誌を意識した作品のように感じられる。なお、以上で「在りし日の歌」の第一大パート「在りし日の歌」は終わっている

「蹲んで」「しやがんで(しゃがんで)」。

「放(ほか)して」捨てて。「ほかす」は上方(かみがた)語。名古屋の亡き義母がよく使っていたのを思い出すから、中部以西の方言であろう。一部の辞書類はまことしやかに「放下す」などと漢字表記しているが、ちょっと私はクエスチョンだ。]

« 曇天   中原中也 | トップページ | 「在りし日の歌」 永訣の秋 / ゆきてかへらぬ ――京都――   中原中也 »