フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 作州朝鮮人子孫ある事 | トップページ | 譚海 卷之二 京師竹の皮駕籠舁の事 »

2018/07/20

譚海 卷之二 明智日向守墓幷石川五右衞門の手のかたの事

 

明智日向守墓幷石川五右衞門の手のかたの事

○京都三條通白川橋の出(で)はづれ、九町といふ所に弓屋と云(いふ)茶屋有。その裏に古き墳墓あり、是(これ)明智日向守の墓也とぞ。又山崎(やまざき)寶寺(たからでら)の門のはしらに人の手の跡あり。是は盜人石川五右衞門なる者の手のかた也といへり。

[やぶちゃん注:前者は明智光秀の首塚と伝えられる、現在の京都府京都市東山区梅宮町(ここ(グーグル・マップ・データ))にあるもの。但し、実際の首塚は粟田口附近にあったもので、ここは移転した供養地に過ぎない。

「山崎寶寺」京都府乙訓郡大山崎町(おおやまざきちょう)にある真言宗天王山又は銭原山(古くは「補陀洛山」と称した)宝積寺(ほうしゃくじ)。(グーグル・マップ・データ)。『聖武天皇が夢で竜神から授けられたという「打出」と「小槌」(打出と小槌は別のもの)を祀ることから「宝寺」(たからでら)の別名があ』る、とウィキの「宝積寺にあった。この寺の「石川五右衞門なる者の手のかた」は現存しない模様。南西ごく直近にある大阪府三島郡島本町((グーグル・マップ・データ))にある水無瀬神宮神門にならば、「石川五右衛門の手形」が現存するから、これの誤伝かも知れぬ。ブログ「計画的日常譚」の「石川五右衛門の手形が! 水無瀬神宮に写真有り。どどんぱ氏によれば、『この神社に祀られた名刀を盗もうとしていた石川五右衛門が結局盗むことができず、手形だけを残して立ち去った』とある。]

« 譚海 卷之二 作州朝鮮人子孫ある事 | トップページ | 譚海 卷之二 京師竹の皮駕籠舁の事 »