フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之二 風顚といふ玉の事 | トップページ | 譚海 卷之二 阿蘭陀通事西長十郞事 »

2018/07/20

譚海 卷之二 蒔繪師筆の事

 

蒔繪師筆の事

○蒔繪師の用(もちひ)る漆筆は人髮也。但(ただし)關西の人の毛髮を用ゆ。關西の人の髮は細くして腰つよし。關東の人の髮は毛太くして腰よはき故(ゆゑ)用がたしとぞ。

[やぶちゃん注:「蒔繪」漆工芸の装飾法の一種。加飾しようとする面に漆で文様を描き、その上に金・銀・錫の粉末や色粉を蒔いて固めたもの。通常、漆地の上に施すが、木地その他にも応用される。奈良時代の末金鏤(まっきんる)は蒔絵の原初的な形と考えられているが、「まきゑ」の名が記録に現われ、作品としても残っているのは平安以後である。特に平安中期以降に貴族の間で流行し、寺院建築・家具調度・文房具などの装飾に応用されたが、時代が下るにつれ、武家や庶民の間にも広く愛用されるようになった。蒔絵の技法は工程上から研出(とぎだし)蒔絵・平蒔絵,・蒔絵の三種に大別され、粉の種類により、消粉(けしふん)蒔絵・平極(ひらぎめ)蒔絵・丸粉蒔絵(本蒔絵)の区別もある。また、文様以外の地に粉を蒔く塵地(平塵)・平目地・梨地・沃懸地(いかけじ)などの技法や、螺鈿・象眼(ぞうがん)・平文(ひょうもん)・彩漆(いろうるし)なども併用され、複雑な装飾文様が作られる(以上は「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。]

« 譚海 卷之二 風顚といふ玉の事 | トップページ | 譚海 卷之二 阿蘭陀通事西長十郞事 »