フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之五 11 神君御花押の事 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 鰷魚 (アユ) »

2018/08/24

譚海 卷之三 中院通茂公關東逗留事

 

中院通茂公關東逗留事

○中院通茂(なかのゐんみちしげ)公、傳奏にて關東へ下向ありし此、臺德院公方樣(たいとくゐんくばうさま)通茂公へ古今傳授御所望ありしに、和歌堪能の人ならでは傳授成(なり)がたきよし言上に付(つき)、御氣色惡敷(あしく)、傳奏の御暇(おんいとま)出(いだ)されずして、龍の口傳奏屋敷に三年までをはせしに、種々京都よりも御詫ありて免ぜられ歸京ありしと也。彼公の集・後水尾院の御製集などにも此事見えたり。

[やぶちゃん注:「中院通茂」が武家伝奏に補任されたのは寛文一〇(一六七一)年九月で、延宝三(一六七五)年二月に伝奏の任を解かれている。この時代の将軍は第四代将軍徳川家綱である。ところが、次に出る「臺德院」とは第二代将軍徳川秀忠の法号であり、全くおかしいことになる。秀忠は寛永九(一六三二)年に没しているからである。また、通茂の事蹟にこのように江戸に半ば軟禁されたという記録はない。これは中院通村の誤りであり、その相手は第三代将軍徳川家光であるウィキの「中院通村によれば、『将軍徳川家光に古今伝授を所望されたが、これを断ったという硬骨漢である』とあり、中院通村は元和九(一六二三)年に武家伝奏に補任されたが、寛永七(一六三〇)年九月、前年の十一月に彼を信任していた後水尾天皇が勝手に興子内親王に譲位してしまい、この謀議を関知しながら、それを武家伝奏として幕府に報告しなかったという理由で武家伝奏を罷免された上、五年後の寛永一二(一六三五)年三月には、その正謀議参画の罪によって江戸へ召喚され、寛永寺に幽閉された。しかし、七ヶ月後の十月には天海の請願によって赦免されて帰京している。津村は、この通村の関係のない二つの事蹟を、ごちゃごちゃにした上、当事者たちの名もめちゃくちゃにして誤認していたのではなかろうか?

「龍の口傳奏屋敷」「龍の口」は現在の東京都千代田区丸の内1の「日本工業倶楽部ビル」が建つ附近の旧地名で、江戸城大手門外に当たり、伝奏屋敷があった。(グーグル・マップ・データ)。]

« 甲子夜話卷之五 11 神君御花押の事 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 鰷魚 (アユ) »