フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之一 狐狸字を知る | トップページ | 「新編相模國風土記稿」卷之九十九 村里部 鎌倉郡卷之三十一 山之内庄 今泉村 »

2018/08/24

和漢三才圖會第四十二 原禽類 鶡雞(かつけい) (ミミキジ)

Katukei

かつけい

鶡雞【音曷】

 

アツキイ

 

本綱鶡雞狀類雉而大黃黑色首有毛肉如冠性愛其黨

有被侵者直徃趣鬪雖死猶不置故武人以爲冠象此也

性復粗暴毎有所攫應手摧碎【凡物黃黑色者曰褐】此鳥褐色故名

鶡 一種青黑色者名曰性耿介也

 

 

かつけい

鶡雞【音、「曷」。】

 

アツキイ

 

「本綱」、鶡雞、狀、雉に類して大に〔して〕、黃黑色。首に毛〔の〕肉有りて、冠のごとく、性、其の黨〔(たう)〕を愛す。侵さるゝ者有れば、直〔(ただち)〕に徃〔(ゆ)〕き趣きて鬪ふ。死すと雖も、猶を[やぶちゃん注:ママ。]置かず。故に、武人、以つて冠〔(くわん)〕と爲(す)ること、此れを象〔(かたど)〕るなり。性、復〔(ま)〕た、粗暴なり。毎〔(つね)〕に攫(つか)む所有れば、手に應じて、摧-碎(くだ)くる【凡そ、物、黃黑色の者、「褐」と曰ふ。】。此の鳥、褐(きぐろ)色なる故、「鶡」と名づく。

一種、青黑色の者、名づけて「〔(かい)〕」と曰ふ。性、耿介〔(こうかい)〕なり。

[やぶちゃん注:キジ目キジ科ミミキジ(耳雉)属ミミキジ Crossoptilon mantchuricum中国の河北省及び陝西省の高地性の固有種同種中文ウィキを見ると、北京周辺の山地も生息域とする。北京は河北省の内にあるが、直轄市で省と同格)。全長九十六センチメートル~一メートル。翼長はで二十七~三十一・二センチメートル、で二十六・五~二十九センチメートル。体重はで一・六~二・五キログラム、で一・五~二キログラム。尾羽の枚数は二十二枚。頬から後方へ羽毛が伸長し、全身は褐色の羽毛で被われている。頭頂・頸部は黒や濃褐色、腹部は淡褐色の羽毛で被われている。腰・尾羽基部の上面(上尾筒)は白い羽毛で被われ、尾羽の色は白く、先端は紫みを帯びた褐色を呈する。顔には羽毛がなく、赤い皮膚が露出し、嘴の色は赤みを帯びた黄色。後肢は赤い。標高千三百~三千五百メートルにある森林・岩場・草原などに棲息し、雑食で植物の根・果実・種子・昆虫・ミミズなどを捕食する(以上は主にウィキの「ミミキジに拠った)。なお、サイトの「鶡雞も非常に参考になる。必見。良安は附言をしていないので、短い「本草綱目」の記載(但し、上記は総てではなく、抜粋の、順列の組み替えが行われてある)の形態・生態及び色彩の叙述から、本邦には産しない鳥と判断したのであろう。

「其の黨〔(たう)〕」同種の仲間たち。

「侵さるゝ者」他の鳥獣(前で「其の黨を愛す」(広義の同種総ての意で採る)と言っている以上、そう理解する)で、彼らの一部の縄張りを犯して侵入或いは攻撃してくるもの。

「徃き趣きて」「往き赴きて」に同じい。

「死すと雖も、猶を置かず」相手が退かぬ限りは、死に至るまで闘いを止めない。

「武人、以つて冠〔(くわん)〕と爲(す)ること、此れを象〔(かたど)〕るなり」東洋文庫版現代語訳では、『それで武人はこの鳥の羽毛を冠の飾りとして勇猛の象徴としているのである』とある。

「攫(つか)む所有れば、手に應じて、摧-碎(くだ)くる」後肢に触れて摑(つか)むことの出来る対象物が存在すれば、必ず、それを即座に強く摑み獲ると、完膚なきまでに粉砕してしまう。

〔(かい)〕」不詳。ミミキジの近縁種か。「説文」には「出羌中」とあるから、中国西北部の羌(きょう)族(西羌。現在のチャン族)の住んでいる地域に棲息しているらしいから、やはり高地性である。

「耿介〔(こうかい)〕」堅く志や節を守ること。別に「徳が光り輝いて偉大なさま」の意もあるが、ここは前者。]

« 反古のうらがき 卷之一 狐狸字を知る | トップページ | 「新編相模國風土記稿」卷之九十九 村里部 鎌倉郡卷之三十一 山之内庄 今泉村 »