フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(54) 忠義の宗教(Ⅱ) | トップページ | 反古のうらがき 卷之一 賊 »

2018/09/04

和漢三才圖會第四十二 原禽類 鷓鴣(しやこ) (シャコ)

Syako

しやこ 越雉

鷓鴣

 

チヱヽ クウ

 

本綱鷓鴣形似母雞頭如鶉臆前有白圓點如眞珠背毛

有紫赤浪文好啖半夏烏頭苗【故肉有微毒】性畏霜露早晚稀

出夜栖以木葉蔽身多對啼云鉤輈格磔今俗謂其鳴曰

行不得哥也其飛必南向雖東西囘翔開翅之始必先南

翥其志懷南不徂北也其性好潔獵人因以黐竿粘之或

用媒誘取商人專炙食肉白脆味勝雞雉【不可與竹笋同食】

藻塩 しやこといふ鳥の上尾の紅に散りし紅葉の殘なりけり

△按字彙云鷓鴣其飛數隨月若正月一飛而止蓋未知

 然否近年亦有來中華最爲珍

 

 

しやこ 越雉

鷓鴣

 

チヱヽ クウ

 

「本綱」、鷓鴣、形、母雞に似、頭は鶉〔(うづら)〕のごとし。臆(むね)の前に白き圓點有り、眞珠のごとく、背の毛に紫赤の浪の文、有り。好んで半夏〔(はんげ)〕・烏頭〔(うづ)〕の苗を啖〔(く)〕らふ【故に肉に微毒有り。】。性、霜露を畏る。早晚には出〔(いづ)〕ること稀なり。夜、栖〔(すみか)〕に〔て〕、木の葉を以つて身を蔽ふ。多く、對し〔て〕啼きて、「鉤輈格磔(キユイチウコキツ)」と云ふ。今の俗、其の鳴くを謂ひて、「行不得哥〔(シンブウデエグウ)〕」と曰ふなり。其れ、飛ぶこと、必ず、南に向ふ。東西に囘-翔(とびかく)ると雖も、開翅の始めは、必ず、先づ、南に翥(と)ぶ。其の志、南を懷〔(おも)ひ〕て、北に徂(ゆ)かざるなり。其の性、潔を好む。獵人、因りて黐-竿(ゑさしざほ)を以つて之れを粘〔(ねん)〕ず。或いは媒(をとり)を用ひ、誘(さそ)い[やぶちゃん注:ママ。]取る。南人、專ら、炙り、食ふ。肉、白く脆(もろ)く、味、雞・雉に勝れり【竹笋〔(たてのこ)〕と同食すべからず。】

「藻塩」 しやこといふ鳥の上尾の紅(くれなゐ)に散りし紅葉の殘るなりけり

△按ずるに、「字彙」に云はく、『鷓鴣、其の飛ぶ數、月に隨ふ。正月のごときは一飛〔(ひととび)〕して止む。』〔と〕。蓋し、未だ然るや否やを知らず。近年、亦、中華より來たること有り、最も珍と爲す。

[やぶちゃん注:シャコ(鷓鴣)はキジ科 Phasianidaeの鳥の一群の総称で、キジとウズラの中間の体形を持つものを俗称するものであって、分類学上の区分ではない。良安も述べている通り、本来は日本には棲息しない鳥であるが、私には実はすこぶる親しい名なのである。何故なら、私の好きなツルゲーネフの「猟人日記」(私のサイトの「心朽窩新館」に翻訳電子化有り。以下のリンク先も同じ)や「散文詩」(これは中山省三郎氏訳)、また、同じく偏愛するジュール・ルナールの「博物誌」「にんじん」(孰れも岸田国士氏訳)にしばしば登場する鳥だからであり、果ては宋代の僧無門慧開(一一八三年~一二六〇年)が編んだ公案集「無門關」(私には暴虎馮河の「無門関 全 淵藪野狐禅師訳注版」(サイト一括版)がある)の「二十四 離却語言」(こちらはブログ単発版)にも登場し、実はその時の訳注作業によって「行不得哥」に「シンブウデエグウ」という音も添えることが出来たのである。幾つかの種を挙げると、ヨーロッパやロシアで古くから狩猟鳥として有名で、上記の作品群にも登場する、

キジ科ヤマウズラ属ヨーロッパヤマウズラ Perdix perdix(フランス名:Perdrix rouge:ペェルドリ・ルージュ/英名:Grey partridge:グレイ・パートリッジ)

や、中国南部・東南アジア・インドに分布し、家禽としても飼育され、中国では単に「鷓鴣」「中國鷓鴣」及び、ここに出る「越雉」や、習性として記されてある「懷南」の別名を持つ、

シャコ属コモンシャコ(小紋鷓鴣)Francolinus pintadeanus

また、カフカス山脈・ヒマラヤ山脈・チベットなどに棲む高山性の、

セッケイ(雪鶏)属 Tetraogallus

のセッケイ類、また、中国南部原産であるが、北陸地方以北を除く本州・四国・九州に移入して定着し、私の家の裏山にもワンサカいる、既に我々にお馴染みの鳴き声「チョットコイ、チョットコイ」で知られる、

コジュケイ属コジュケイ(小綬鶏)Bambusicola thoracicus thoracicus

及び、神戸周辺に定着している同種の亜種、

タイワンコジュケイ(テッケイ(竹鶏))Bambusicola thoracicus sonorivox

等がいる。コジュケイとテッケイはウィキの「コジュケイ」によれば、本邦には『ペットとして移入された』。『狩猟用に基亜種が』大正八(一九一九)年に『東京都や神奈川県で(』大正四(一九一五)年『には既に脱走していたとされる』『)、亜種テッケイが』昭和八(一九三三)年に『埼玉県や兵庫県で放鳥された』とある。

 また、荒俣宏「世界博物大図鑑」の第四巻「鳥類」(一九八七年平凡社刊)の「シャコ」の項を見ると、ここで良安が挙げる「本草綱目」の「鷓鴣」は、同書の校訂を行った一人である木村重博士(但し、彼は魚類学者である)によれば、それはシャコではなく、『サンケイ Lophura swinhoii(英名 Taiwan blue pheasant)にあてられる』としつつ(以下、コンマを読点に代えた)、『しかしこれも仮の同定で、テッケイの一種を指すともされる』とあって、さらに中国『北部ではウズラを鷓鴣(チエークー)とよび、シャコは石鶏(シーチー)と称する、と述べている』とある。さらに荒俣氏は『日本にもシャコはまれに渡来したらしい』とされて、「蔵玉和歌集」(室町時代の歌集。一巻。草木鳥月の異名などを詠み込んだ和歌を類聚し、簡単な注を施したもの)から、まさに良安が引いている一首を挙げ(良安の引用元は、後の戦国時代の連歌師宗碩(そうせき 文明六(一四七四)年~天文二(一五三三)年の編になる、連歌を詠む人のために編まれた辞書的な性格を持った語句集「藻塩草」)、次いで貝原益軒の「大和本草」(宝暦六(一七〇九)年刊。私は同書の水族の部に特化した電子化注を継続中)の「鷓鴣」を引いておられる。序でなので、原本に当って電子化しておく。第十五巻の終りの方で、たった一行である(後の訓読は私が推定で附した。「雌」は原典では(つくり)の「隹」が「鳥」であるが、表記出来ないので、かくした)。

   *

鷓鴣 昔年日本ニ渡ス矮雞(チヤボ)ノ雌ニ似テ頭ハ鶉ノ如シ

(鷓鴣 昔年(せきねん)、日本に渡(わたり)す。矮雞(チヤボ)の雌に似て、頭は鶉(うづら)のごとし。)

   *

「渡す」と言ってもシャコ類は総じて飛翔がすこぶる苦手で、とても海は渡れぬから、飛来したのではなく、無論、人為的に移入されたのである。荒俣氏は以下、『江戸時代には、琉球経由でときたまもたらされ、〈世にも稀成るもの、若き人はよく見覚へて、後世の人に言伝へべし〉と《飼鳥必用》』薩摩藩御鳥方比野勘六の著になる「鳥賞案子(ちょうしょうあんし)」(享和二(一八〇二)年序)『にも記されている。また寛政年間』(一七八九年~一八〇一年)『に刊行された橘南谿の《東西遊記》には、九州でシャコを実見した話が見える。それによると、この鳥は肥前肥後付近の海にいて、船人たちは〈シャク〉とよんでいた。南谿は熊本の医者の家で、この鳥の珍味を楽しんだという』とある。最後のそれは、「西遊記 続編」の「巻之二」の「鷓鴣」であるが、そこには『肥前、肥後の海上に、脛高く口ばし長く少し鼠色にて、翼に白き点紋ある鳥なり』(引用は東洋文庫版を使用した。太字下線は私が附した)とあって、これは形状から見て、私は全く以ってシャコではなく、チドリ目チドリ亜目シギ科 Scolopacidae のシギの中間と見た。「しゃく」も「しゃこ」の訛りなのではなく、シギ類の和名中にしばしば見られる、大きく反った嘴を譬えた「杓」(しゃく)であろうと思う。

 ともかくも、本条の「シャコ」は、

コモンシャコ(小紋鷓鴣)Francolinus pintadeanusグーグル画像検索「Francolinus pintadeanus

コジュケイ属コジュケイ(小綬鶏)Bambusicola thoracicus thoracicusウィキの「コジュケイ

タイワンコジュケイ(テッケイ(竹鶏))Bambusicola thoracicus sonorivoxグーグル画像検索「Bambusicola thoracicus sonorivox

サンケイ(山鶏)Lophura swinhoii(但し、現行では本種は台湾固有種である。これ(ブログ「ウズラ大学(うずら 鶉 ウズラ)」の同種のページ)

の孰れかということになろう。でないとすれば、それは恐らく、現在、認識されている「シャコ」類では、ないと思う。最後に。私はあの「チョットコイ、チョットコイ」という鳴き声が好きで好きでたまらない。

「鶉〔(うづら)〕」ウズラ類はキジ目キジ科ウズラ属 Coturnix であり、我々の知っている狭義のそれはウズラ Coturnix japonica である。

「臆(むね)」「胸」に同じい。

「半夏〔(はんげ)〕」ここでは、コルク層を除いた塊茎を生薬で「半夏」と呼ぶ、単子葉植物綱オモダカ目サトイモ科ハンゲ属カラスビシャク(烏柄杓)Pinellia ternata ととっておく。ウィキの「カラスビシャク」によれば、『鎮吐作用のあるアラバンを主体とする多糖体を多く含んでおり、半夏湯(はんげとう)、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)などの漢方方剤に配合される。他にホモゲンチジン酸を含む。またサポニンを多量に含んでいるため、痰きりやコレステロールの吸収抑制効果がある。またかつては、つわりの生薬としても用られていた』。但し、『乾燥させず生の状態では』有毒劇物である『シュウ酸カルシウムを含んでおり』、『食用は不可能』とある。他に、真正和名が「半夏生」の双子葉植物綱コショウ目ドクダミ科ハンゲショウ属ハンゲショウ Saururus chinensis があるが、これは毒にも薬にもならないから、これではない。

「烏頭〔(うづ)〕」強毒を有する双子葉植物綱モクレン亜綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属 Aconitum の古い総称異名。

「早晚」朝晩。

「對し〔て〕」二匹(雌雄)が相い対して。

「鉤輈格磔(キユイチウコキツ)」現代中国語では「gōu zhōu gé zhé」で「ゴォゥ・ヂォゥ・グゥー・ヂゥー」。中文サイトによれば、唐の李群玉の詩「九子坡聞鷓鴣」の「正穿詰曲崎嶇路 更聽鉤輈硌磔聲」を出典とするらしい。単にオノマトペイアで漢字を当てたものらしいが、敢えてそれぞれの意味を示すと、「鉤」は「釣り針・鉤手(かぎて)」、「輈」は「車の長柄」、「格」は動詞だと「打つ・殴る・阻む・背(そむ)く」、「磔」は「はりつけ」である。

「行不得哥〔(シンブウデエグウ)〕」一般には最後を繰り返し、「行不得哥哥」。上と同様に「xíng bù dé yě gē gē」で「シィン・プゥー・ドゥー・イエ・グゥー・グゥー」と読み、これは「行かないで、兄さん!」という意味になる中国人はこの鷓鴣の鳴き声に、このような人語を聴き、如何にもの哀しいものを感じるという。ということは、この鷓鴣の鳴き声に限っては、中国人は日本人と同じように左脳で聴いているのかも知れない! なお、荒俣氏は前掲書でこれに『アブテカ』というルビを振っておられる。

「翥(と)ぶ」「飛ぶ」に同じい。飛び上がるの意。

「徂(ゆ)かざる」「行かざる」に同じい。

「潔」潔癖の意か。だから「黐-竿(ゑさしざほ)」黐(とりもち)を附けた餌差し竿で鳥体に触れると、その粘着(ねばつ)きを嫌って剝そうとし、却って搦め捕られてしまうというのか。

「媒(をとり)」囮(おとり)の雌か。

「味、雞・雉に勝れり」「雞・雉」はニワトリ(ヤケイ)やキジ。荒俣氏は前掲書で『ただしこの鳥の自然死したものを食べることは忌まれたという。それは、天地の神が毎月』一『羽ずつこの鳥を死なせて至尊神に捧げるのだと信じられたためだった。実際、自然死したシャコを食べ、食あたりをおこすことも多かったようだ』と記しておられる。

「しやこといふ鳥の上尾の紅(くれなゐ)に散りし紅葉の殘るなりけり」個人サイト「孤島国JAPAN」の「鳥崇拝時代のノスタルジー[10]-越の雉-」には、この和歌の後に(改行を総て繋げた。句点はママ)、『鳥のうは毛の紅とは。鷓胡と云鳥は。さむがりをするなり。仍[やぶちゃん注:「よつて」。]秋の末になれば。もみぢのちるを。せなかにおひかねて。霜雪の寒をふせぐなり。深山にあり。鳴聲すごく淋しといえり。此鳥に山がら似たりといふ説あり』とある。後に「蔵玉和歌集」とあるので、同歌集に書かれているものらしい(但し、国立国会図書館デジタルコレクションと早稲田大学図書館古典総合データベースの同書の画像を縦覧したが、私の探し方が悪いのか、見当たらなかった)。しかし、ここでスズメ目スズメ亜目シジュウカラ科シジュウカラ属ヤマガラ Parus varius に似ているということになる、これは「シャコ」類ではないということが逆に明らかになると言える。

「字彙」明の梅膺祚(ばいようそ)の撰になる字書。一六一五年刊。三万三千百七十九字の漢字を二百十四の部首に分け、部首の配列及び部首内部の漢字配列は、孰れも筆画の数により、各字の下には古典や古字書を引用して字義を記す。検索し易く、便利な字書として広く用いられた。この字書で一つの完成を見た筆画順漢字配列法は清の「康煕字典」以後、本邦の漢和字典にも受け継がれ、字書史上、大きな意味を持つ字書である(ここは主に小学館の「日本大百科全書」を参考にした)。]

« 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(54) 忠義の宗教(Ⅱ) | トップページ | 反古のうらがき 卷之一 賊 »