フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 古今百物語評判卷之三  第一 參州加茂郡長興寺門前の松童子にばけたる事 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 竹雞 (コジュケイ) »

2018/10/11

和漢三才圖會第四十二 原禽類 英雞 (ウンナンコジュケイ)

Eikei

ゑいけい

英雞

 

インキイ

 

本綱英雞出澤州有石英處常食碎石英狀如雞而雉尾

體熱無毛腹下毛赤飛翔不遠腹中有石英肉甘温人食

之取石英之功也今人以石英不飼之取卵食終不及此

 

 

ゑいけい

英雞

 

インキイ

 

「本綱」、英雞、澤州に出づ。石英、有る處〔にありて〕常に碎〔ける〕石英を食ふ。狀、雞〔(にはとり)〕のごとくして、雉の尾。體、熱〔く〕して、毛、無し。腹の下の毛、赤くして、飛〔び〕翔(かけ)ること、遠からず。腹の中に、石英、有り。肉、甘・温なり。人、之れを食ひて、石英の功を取るなり。今の人、石英を以つて之れを飼はず、卵を取りて食ふ。終〔(つひ)〕に此れに及ばず。

[やぶちゃん注:いろいろ調べてみるに、これは、

キジ目キジ科キジ亜科コジュケイ属ウンナンコジュケイ Bambusicola fytchii

に同定比定してよいように思われる。雲南省からミャンマー・タイ・ラオス周辺の標高の高い地域に棲息する。参照した個人ブログ鳥好きFPのつれづれ日記2の「【北Thai#29】ウンナンコジュケイ(Mountain Bamboo Partridgeの写真がよい。この写真を見ると、「腹の下の毛、赤くして」というのを「頸部から胸の上部の毛」と読み変えると腑に落ち、全体に亙る非常にセンスのいい斑紋は、遠くから見ると、非常に滑らかに感じられ、しかもその色が灰色のグラデーションも持つため、或いは「毛、無し」という錯覚も生じておかしくないようにも思われる。「熱〔く〕して」という意味がよく判らぬが、或いはこの全体の色模様を以って「火」を連想したものかも知れない。しかも鉱石である石英の粉砕片粒を摂餌する(と信じられた)という点からは、私は陰陽五行説の相剋の「火剋金(かこくごん)」(「火」は「金」属を熔かす)のセオリーをも連想されたのである。

「澤州」現在の山西省晋城(しんじょう)市一帯。

「人、之れを食ひて、石英の功を取るなり」人はこの英雞を食用にすることで、その英雞が食した石英の持つ漢方としての効能をも採り入れることが出来るというわけである、の意。

「此れに及ばず」主食である石英を食べていたかつての英雞の本体を食べる効果には、到底及ばない。]

« 古今百物語評判卷之三  第一 參州加茂郡長興寺門前の松童子にばけたる事 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 竹雞 (コジュケイ) »