フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 古今百物語評判卷之四 第一 攝州稻野小笹附呉隱之が事 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 突厥雀 (サケイ) »

2018/10/18

和漢三才圖會第四十二 原禽類 紅雀 (ベニスズメ)

Benisuzume

べにすゝめ

 

紅雀

 

紅雀狀小於雀全身嘴脚皆紅而頭頸與腹畧黑翅羽亦

黑而有白點尾亦深黑其聲清而幽艷近世自外國來畜

之以爲奇而難育雌雄於樊中爲孕生卵亦一異也

白雀 本綱云有白雀緯書以爲瑞應所感

日本紀孝德天皇時白雀見田庄又自大唐使者持

 三足烏來又於麻山獲白雉獻之皆休祥也仍年號改

 爲白雉元年蓋白雀今不爲奇珍然純白者稀也柹白

 斑者間有之而畜之不時眩暈卒倒焉如人之癲癇然

 蓋白雀乃病乎

 墨客揮犀云雀出殼未羽時以蜜和飯飼之爲白雀

 

 

べにすゞめ

 

紅雀

 

紅雀、狀、雀より小さし。全身・嘴・脚、皆、紅にして、頭、頸と腹と、畧ぼ黑く、翅羽も亦、黑くして、白點、有り。尾も亦、深き黑。其の聲、清くして幽艷〔なり〕。近世、外國より來りて、之れを畜〔(か)〕ひ、以つて奇と爲す。而れども、育ち難〔(にく)〕し。雌雄、樊〔(かご)の〕中に於いて孕〔(はら)み〕を爲して、卵を生むも亦、一異なり。

白雀 「本綱」に云はく、『白雀、有り。緯書(いしよ)に「以つて瑞應を感ずる所なり」と爲す』と。

按ずるに、「日本紀」に、孝德天皇の時、白雀、田庄に見る。又、大唐より、使者、三足の烏〔(からす)〕を持ちて來れり。又、麻山〔(をのやま)〕に於いて白雉〔(しろきじ)〕を獲りて、之れを獻ずれば、皆、休祥(よきさが)なり。仍(より)て年號を改め、「白雉元年」と爲す。蓋し、白雀、今、奇珍と爲(せ)ず。然れども、純白なる者、稀なり。柹〔(かき)〕・白斑〔(まだら)〕の者、間(まゝ)、之れ、有り。而れども、之れを畜(か)ふに不時〔(ふじ)〕に、眩暈(げんうん)卒倒す。人の癲癇〔(てんかん)〕のごとく、然り。蓋し、白雀は、乃〔(すなは)〕ち、病ひか。

 「墨客揮犀〔(ぼつかくきさい)〕」に云はく、『雀、殼(から)を出でて、未だ、羽〔(はね)〕あらざる時、蜜を以つて飯〔(めし)〕に和〔(あへ)〕て之れを飼へば、白雀と爲る』〔と〕。

[やぶちゃん注:残念なことに、私は見たことがないが、かなり鮮やかな紅色と独特の斑模様を有する(これ。ウィキの「ベニスズメ」のもの)、スズメ目カエデチョウ科ベニスズメ属ベニスズメ Amandava amandava である。ウィキの「ベニスズメ」によれば、『広大な範囲に分布する汎存種で、北アフリカから中東を経てインド、中国南部を含む東南アジア全域にまで及んでいる』。『日本ではかご抜けした個体が野生化したものが定着している。日本以外にイベリア半島、フィリピン、ブルネイ、フィジー、プエルトリコ、およびハワイ諸島に移入され』、『定着している』とある。『メジロより一回り小さい。おそらく日本で流通している』、洋鳥としてのフィンチ(finch)類(外国産ベニスズメ・キンカチョウなどの小鳥類の総称)『のなかで最小と思われる』。『雌雄で体色が異なり、オスの生殖羽は頭部と胸腹面が鮮やかな鮮紅色で、背中から翼にかけては暗赤色。翼と尾は暗褐色で、体側から翼にかけて円形の白い点紋がある。ただし』、『このオスの生殖羽の鮮やかな赤い色彩は、飼育下においては年月を経る毎に黒化する傾向がある。繁殖期のオスは複雑な美しい声でよくさえずる』。『若鳥とメスは背面が暗褐色、胸腹面はクリーム色に近く、腰から上尾筒にかけて紅色がさす。雌雄ともに目からクチバシにかけて黒線がよぎり、クチバシは暗赤色、脚は黄紅色である』。『非繁殖期のオスは特徴的な鮮紅色が色褪せ』、『くすんだ感じになるので、販売されている個体には人工的に赤い着色を施したものが』、『時おり』、『見られる。オスだけでなく、メスや若鳥にも紅や緑といった無関係な人工着色を施すこともある』。『原産地では草原や水田が主な住みかであるが、日本で野生化したものは』、『主に河川敷のアシ原を』棲み家と『する留鳥である。原産地では雨季が繁殖期だが、飼育下においてはエサが足りていれば』、『いつでも繁殖する』。『日本において野生化した個体は、春から秋にかけ』て、『ススキやチガヤといった丈の高い草に営巣し』、『繁殖する。成鳥は単子葉植物の種子を主食とするが、繁殖期には昆虫を捕らえてヒナに与える。また冬には大群を形成する』。姿や鳴き声が美しいことから、十八世紀(一七〇一年は元禄十四年、一八〇〇年は寛政十二年)から、輸入されて飼われてきたとある。『日本で野外における繁殖が確認されたのは高度経済成長がはじまった』一九六〇年『頃からで』、一九七〇年代から一九八〇年代『頃には日本各地で繁殖が確認されたが、近年は激減したようである』。『野生では熱帯にしか分布しないが、寒さに対しても強いので』、『飼いやすい鳥である。なお』、『飼育下での繁殖が難しいのと、原産地で穀物害鳥として駆除されていることもあり、鳥インフルエンザで鳥類の生体輸入が原則禁止される以前は、日本で流通している個体はほぼ全て野生個体を捕獲したものであった』。『エサはブンチョウ、ジュウシマツに用いる四種混合でもよいが、アワ以外はあまり食べないので、アワをかなり多めに入れるとよい』。『つがいで飼うと』、『頻繁に産卵するが、抱卵期にメスが非常に神経質になり』、『オスを追い立てるので、狭いかごでの』巣引き(累代飼育のこと)は、『まず間違いなく』、『失敗する。ジュウシマツを仮親とする方法も』、『ヒナの口が小さすぎて』、『給餌がうまくゆかず』、『無理で、ケージでの巣引きも』、『育雛期にはヒナの小さな口に合う昆虫といった生餌や、強いすり餌を必要とするため』、『エサの選択に神経を使う。アワなどの背の高いイネ科植物を植えた屋外の禽舎の中で飼育するのが、自ら植物を利用して巣づくりをし、生餌も禽舎の中で自然発生したものを利用できるので、繁殖環境としては最も望ましい。いずれにしても』、『巣引きが難しい鳥である』。『かつては多くの個体が大量かつ安価に輸入・流通していたが、鳥インフルエンザの影響を受け東南アジアからの野鳥の輸入が途絶えたため、他のアジアンフィンチ同様』、『現在』、『ほとんど見ることができない。ヨーロッパでは飼い鳥として累代飼育もされているが、ヨーロッパの多くの国からも鳥の生体輸入が禁止されているため、近年』、『ペットショップなどで稀に売り出されるのは生体輸入が禁止されていないスペインもしくはベルギーで累代飼育された個体にほぼ限られており、価格も』『高級フィンチすら超える高価な飼い鳥になっている』とある。

「雌雄、樊〔(かご)の〕中に於いて孕〔(はら)み〕を爲して、卵を生むも亦、一異なり」当時、あらゆる鳥籠で飼育をした鳥好きの趣味人は、実は類題飼育を試みる者が殆どいなかったことを物語る感想と言える。

「白雀」ここに入れるべきではあるまい。スズメ目スズメ科スズメ属スズメ Passer montanus(本邦のそれは亜種スズメPasser montanus saturatus)やスズメ属ニュウナイスズメ Passer rutilans、或いは、スズメに似た形・色・大きさ及び生態を持った小鳥類のアルビノ(albino)である。動物学上は、メラニン (melanin:体表に存在する黒褐色又は黒色の色素で、哺乳類・鳥類・節足動物ではクチクラ層の内部に浸潤している)の生合成に関わる遺伝情報の欠損により、先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体を指す。良安の最後の「蓋し、白雀は、乃〔(すなは)〕ち、病ひか」は正しいわけであるが、って言うか! 良安はここから後半全部を、本邦に於ける鳥類のアルビノ個体の解説に変質させてしまっている! これは、掟破りでっショウ! 先生!

「緯書」中国古代の聖賢の教えを述べた儒教経典である「四書」・「五経」・「十三経」(「易経」・「書経」・「詩経」/「礼記」「周礼」・「儀礼」/「春秋左氏伝」・「春秋公羊伝」・「春秋穀梁伝」/「論語」・「孝経」・「爾雅」・「孟子」)を経書(けいしょ)と呼ぶのに対するもので、本来は経書を説明するために作られた解釈書類を指すのであるが、その内容は経書の内容に附会させた、かなり怪しげな吉凶禍福や未来に対する予言の類いが頗る多い。前漢末から流行し、「易経」「書経」「詩経」「礼記」「春秋」「楽記」「孝経」に各一緯があり、それらを合せて「七緯」と称するものの、現在に伝わるものは、総て、完本ではない。

「瑞應を感ずる所なり」吉兆であることを現わす目出度い証しである。

『「日本紀」に、孝德天皇の時、白雀、田庄に見る……』先行する原禽類 白雉(しらきじ)の本文及び私の注を参照。白雉元(六五〇)年(事実は大化六(六五〇)年)二月の条(但し、改元は大化六年二月十五日(ユリウス暦六五〇年三月二十二日)である)に(下線太字やぶちゃん)、

   *

二月庚午朔戊寅。穴戸國司草壁連醜經、献白雉曰。國造首之同族贄。正月九日、於麻山獲焉。於是問諸百済君。百濟君曰。後漢明帝永平十一年。白雉在所見焉、云云。又問沙門等。沙門對曰。耳所未聞。目所未覩。宜赦天下、使悦民心。道登法師曰。昔高麗欲營伽藍。無地不覽。便於一所白鹿徐行。遂於此地營造伽藍。名白鹿薗寺。住持佛法。又白雀見于一寺田庄。國人僉曰。休祥。

   *

と出る。「田庄」(でんしょう)は荘園の異名。

「大唐より、使者、三足の烏〔(からす)〕を持ちて來れり」上の引用に続いて、

   *

又遣大唐使者。持死三足烏來。國人亦曰。休祥。斯等雖微。尚謂祥物。況復白雉。

   *

とある。

「麻山」東洋文庫版割注に『山口県美彌郡か』とある。現在の山口県美祢市附近。(グーグル・マップ・データ)。

「休祥(よきさが)」「休」には「良い」の意がある。「さが」は「性(さが)」と同源で、良い兆し。吉兆の意である。

「不時に」思いがけないさま。

「眩暈(げんうん)」めまい。

「墨客揮犀〔(ぼつかくきさい)〕」宋の彭乗撰になる詩話や遺聞を載せたもの。全十巻。巻二に、

   *

雀有色純白者有。尾白者搆巢人家多爲祥瑞、余曾見賃藥老人育白雀數枚、問何從得之、荅云雀方出殻未羽時以蜜和飯飼之乃然。

   *

とある。]

« 古今百物語評判卷之四 第一 攝州稻野小笹附呉隱之が事 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 突厥雀 (サケイ) »