フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 𪃹(しなひ) (アカハラ・マミチャジナイ) | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 愛憐 »

2018/10/31

和漢三才圖會第四十三 林禽類 練鵲(をながどり) (サンジャク)

Onagadori

をなかとり

      【俗云尾長鳥】

練鵲

 

レンツヤツ

 

本綱練鵲似鴝鵒而小黑褐色其尾鵒長白毛如練帶者

是也禽經云冠鳥性勇纓鳥性樂帶鳥性仁所謂帶鳥者

此練鵲之類也俗呼爲拖白練

肉【甘溫】主治益氣治風疾

△按練鵲大如鳩狀似山鵲而項黑如黑帽胸柹灰色

 背青碧尾長其中二尾最長一尺許端白成圓環形甚

 美嘴脛灰黑色將雨時羣飛其聲短其飛也不遠也關

 東山中多有之畿内曾不見之俗呼名尾長鳥

 

 

をながどり

      【俗に「尾長鳥」と云ふ。】

練鵲

 

レンツヤツ

 

「本綱」、練鵲、鴝鵒〔(くよく)〕に似て、小さくして、黑褐色なり。其の尾、〔鴝〕鵒〔より〕長く、白毛〔にして〕練〔れる〕帶のごとき者、是れなり。「禽經」に云はく、『冠鳥は、性、勇なり。纓鳥〔(えいてう)〕は、性、樂なり。帶鳥〔(たいてう)〕は、性、仁なり』〔と〕。所謂〔(いはゆる)〕帶鳥とは、此の練鵲の類なり。俗に呼びて、「拖白練〔(たはくれん)〕」と爲す。

肉【甘、溫。】主治、氣を益し、風疾を治す。

△按ずるに、練鵲、大いさ、鳩のごとく、狀、山鵲に似て、項〔(うなぢ)〕、純黑〔にして〕黑き帽のごとし。胸、柹灰色。背、青碧。尾、長く、其の中〔の〕二尾、最も長く、一尺許り。端〔(はし)〕に白く、圓環形を成し、甚だ美し。嘴・脛、灰黑色。將に雨〔(あめふ)〕らんとする時、羣飛す。其の聲、短し。其の飛ぶや、遠からざるなり。關東〔の〕山中、多く之れ有り。畿内に〔ては〕曾て之れを見ず。俗、呼んで「尾長鳥」と名づく。

[やぶちゃん注:さんざん、調べあぐねて、辿り着いたのが、高い高い山の梢であった。この「本草綱目」の記載するそれ(無論、こんな鳳凰みたような鳥は、関東どころか、日本にはいません!)は恐らく、

スズメ目カラス科サンジャク(山鵲)属サンジャク Urocissa erythrorhyncha

か、その近縁種であろうという結論にたどり着いた。ウィキの「サンジャク」によれば、分布域は中国・ベトナム・西ヒマラヤ地方で、全長七十センチメートルほどであるが、その体長の『大半は弾力のある長い尾羽で占められている。頭部は黒、体の上部と翼は金属光沢のある青、腹部と下尾筒は白い羽毛で包まれ、頭頂部に特徴的な白い斑紋がある。嘴と足は鮮やかな赤』で、『標高』二千百『メートルまでの山地の森林地帯に棲息』し、『通常は木の上で生活するが、採食は地上で行う事が多い。雑食性で昆虫やカタツムリ等の小動物、果実、他種の鳥の卵や雛などを食べる。高い木の枝に枯葉や小枝などを集めてカップ型の巣を作り、産卵・育雛する』とある。何より、画像を御覧あれ。中文ウィキ同種ページ蓝鹊(「紅嘴藍鵲」)の方の写真がよいかも。いや! 学名グーグル画像検索リンクさせておく。確かに。鵲(かささぎ)っぽくて、ド派手で、ありえへん二尾やがね!!

「鴝鵒〔(くよく)〕」良安先生の困ったちゃんが続くのだ。「本草綱目」の記載であり、これはスズメ目ムクドリ科ハッカチョウ属ハッカチョウ Acridotheres cristatellus を指すと考えねばならない。その経緯は鸜鵒(くろつぐみ) (ハッカチョウとクロツグミの混同)の私の注を見られたい。あ~あ、向後はこのメンドクサイ注は出来れば附したくないな!

「禽經」既出既注。春秋時代の師曠(しこ)の撰になるとされる鳥獣事典であるが、偽書と推定されている。全七巻。

「冠鳥」不詳。

「纓鳥」不詳。

「「拖白練〔(たはくれん)〕」「白練」真っ白な練絹のような白色を指し、「拖」は「ずるずると重い物を引きずる」の意であるから、賦には落ちる。

「風疾」漢方で中風・リウマチ・痛風などのこと。

「按ずるに、練鵲、大いさ、鳩のごとく……」この一条に二時間余りを費やしてしまった。私は良安が何をこの「練鵲」と誤認しているのかは判らぬ。記載はしかし、サンジャクにクリソツだ。山にも結構登ってきたが、私はこんな鳥が我が関東にいるのを見たことも聴いたことも、ない。これだよ、と同定される方がおられれば、御教授願いたい。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 𪃹(しなひ) (アカハラ・マミチャジナイ) | トップページ | 萩原朔太郎詩集「月に吠える」正規表現版 愛憐 »