フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 斑鳩(はと) (シラコバト・ジュズカケバト) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 青䳡(やまばと) (アオバト) »

2018/10/24

和漢三才圖會第四十三 林禽類 孔雀鳩(くじやくばと) (クジャクバト)

Kujyakubato

くじやくはと

 

孔雀鳩

 

△按孔雀鳩形色似斑鳩尾異凡鳩尾皆十二此鳩尾有

 二十四雌雄交則共立其尾而如摺扇亦如立孔雀尾

 故俗名孔雀鳩近年自中華來畜之樊中生子以爲珍

 

 

くじやくばと

 

孔雀鳩

 

△按ずるに、孔雀鳩、形・色、斑-鳩〔(はと)〕に似て、尾、異なり。凡そ、鳩の尾、皆、十二〔なるに〕、此の鳩は、尾、二十四有り。雌雄交はるときは、則ち、共に其の尾を立てて、摺扇〔(せんす)〕のごとし。亦、孔雀の尾を立つるがごとし。故に、俗に「孔雀鳩」と名づく。近年、中華より來たる。之れを樊〔(かご)の〕中に畜ひ、子を生〔ませ〕、以つて珍と爲す。

[やぶちゃん注:複数回既出のハト目ハト科カワラバト属カワラバト Colombo livia var domesticaの一品種。サイト「動物」によれば、『カワラバトを品種改良して作』り『出された観賞用のハトで』、五『世紀以上前にインドで誕生したと』される。『通常のハトよりも尾羽の枚数が』二倍から三倍『ほど多く、その羽根を広げるとクジャクのような』感じに『なるため「クジャクバト」と名付けられ』たとある。所謂、「ファンテイル」=「fantail」で、幅広の扇(ファン)形をした尾を持つあれだ。「進化論講話 丘淺次郎 藪野直史附注 第三章 人の飼養する動植物の變異(3) 二 鳩の變種」の挿絵を見られれば、「ああ、あれか」と合点されるはずである。実際、白色の個体が多く、しばしば見かけるのであるが、私は何故か生理的に嫌いな鳩である。あの白い広げた尾羽に私は逆に異様な不潔感というか、卑猥な印象を感じてしまうのである。恐らくは、私自身を精神分析すれば、深層に驚くべき理由が何かありそうな気はするのだが。或いは、まさにここに書かれているような交尾シーンを幼少期に動物園かどこかで見てしまったトラウマなのかも知れぬ(しかし、それでは精神分析にはならぬ。何かの代償的な性的体験があってこそフロイト的である)。というわけで、これ以上、注する気にはなれぬ。悪しからず。]

« 和漢三才圖會第四十三 林禽類 斑鳩(はと) (シラコバト・ジュズカケバト) | トップページ | 和漢三才圖會第四十三 林禽類 青䳡(やまばと) (アオバト) »