フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芭蕉忌 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 永訣の朝 »

2018/11/28

和漢三才圖會第四十三 林禽類 山烏(やまがらす) (ミヤマガラス)

 

Yamagarasu

 

やまからす

      【今云深山烏】

山烏

 

本綱山烏似鴉烏而小赤觜穴居

△按此烏深山中希有之小於烏而觜大頭身黑光色胸

 背有白斑尾黑而長一尺許俗名深山烏

  風雅大井川ゐ杭にきゐる山烏うのまねすとも魚はとらじな公朝

一種有川烏 谷川有之小鳥【出于水禽類】

鴉舅【一名鴉兢】 似鴉而小黑色嘴邊有毛甚勁能逐鴉鴉見

 之則避

鷹舅【一名鷹兢】 似鷹而小蒼色能逐鷹蓋此二物本朝未見

 

 

やまがらす

      【今、「深山烏」と云ふ。】

山烏

 

「本綱」、山烏は鴉烏〔(からす)〕に似て、小さく、赤き觜。穴居す。

△按ずるに、此の烏、深山の中に希れに、之れ、有り。烏より小さく、觜、大きく、頭・身、黑光色。胸・背、白斑有り。尾、黑くして長さ一尺許り。俗に「深山烏」と名づく。

  「風雅」

    大井川ゐ杭〔(ぐひ)〕にきゐる山烏

       うのまねすとも魚はとらじな

                   公朝

一種、「川烏〔(かはがらす)〕」有り。谷川に、之れ、有り。小鳥なり【「水禽類」に出づ。】

鴉舅〔(あきう)〕【一名、「鴉兢〔(あきよう)〕」。】 鴉に似て、小さく、黑色。嘴の邊に毛有り。甚だ勁〔(つよ)〕く、能く鴉を逐ふ。鴉、之れを見れば則ち避〔(に)〕ぐ。

鷹舅〔(ようきう)〕【一名、「鷹兢〔(よきよう)〕。】 鷹に似て、小さく、蒼色。能く鷹を逐ふ。蓋し、此の二物、本朝〔には〕未だ見ず。

[やぶちゃん注:和名としてはカラス属ミヤマガラス Corvus frugilegus を指すが、実際には現行では先の「大觜烏」ハシブトガラスCorvus macrorhynchos をも、かく呼称する。ウィキの「ミヤマガラス」を引く。分布は『ユーラシア大陸中緯度地方』で、『日本では、越冬のため飛来する冬鳥で、かつては本州西部と、特に九州に飛来したが、現在はほぼ全国に飛来する』。なお、『ニュージーランドにもかつてイギリスからの移民によって、害虫駆除の目的で持ち込まれ』、『帰化している』。全長四十七センチメートル、翼開長九十センチメートルで、『全身は黒い羽毛で覆われる。嘴は細く、成鳥では基部の皮膚が剥き出しになり白く見える』。『森林や農耕地に生息する。大規模な群れを形成する。コクマルガラス』(前項の「燕烏」コクマルガラス Corvus dauuricus)『と混群を形成することもある。樹上にコロニーを形成し、木の枝等をお椀状に組み合わせた巣を作る』。『食性は雑食で昆虫類、鳥類の卵や雛、果実、種子等を食べる』。一回に三~五個の『卵を産む。主にメスが抱卵し、その間オスはメスに対し』、『捕らえた獲物を与える』習性を持つ、とある。

「赤き觜。穴居す」嘴の色や「穴居」が文字通りの意味であるならば、他種を指している可能性がある。

「風雅」「大井川ゐ杭〔(ぐひ)〕にきゐる山烏うのまねすとも魚はとらじな」「公朝」所持する「風雅和歌集」を見たが、この一首は載らない(彼の別の一首は載る)。調べてみたところ、これは「夫木和歌抄」の誤りであることが判明した。私は同歌集を所持しないが、名夢子氏のブログ「徒然名夢子」のこちらで確認出来た。それによれば、「狂歌」とし、以下のように解説されておられる。

   《引用開始》[やぶちゃん注:一部の行空けを詰めた。]

 

権僧正公朝(ごんのそうじょう・きみとも)  夫木和歌抄

 大井川堰杙(ゐぐい)に来居る山烏 鵜のまねすとも魚は捕らじな

 

 「大井川」は「大堰川」で丹波山中から保津峡、嵐山を経て流れる川。亀岡では大堰川、嵐山では保津川、五条通を横切る当たりから桂川と名を変える。小式部内侍のよむ歌の「生野」では大堰川と呼ばれてる。「堰杙」は井堰(いせき)という川の水の流量を変える堰(せき)で、杙(杭)が川底に打ち込まれている。堰杙では川の流れがせき止められるため、川魚が集まる。それをねらって山烏(からす)が鵜のまねをするように潜って魚を捕ろうとしているが、おぼれてそれどころではない、というのが歌意。ことわざの「鵜のまねする烏が水に溺れる」の出本が、この和歌である。枕も韻もみごとに踏まえているし、面白い。

 この歌で、最後の句「さかなはとらしな」は字余りだ。「さ」が字余りだと「かなはとらしな」、「な」が字余りだと「さかなはとらし」。普通に作れば「魚は捕らじ」で良いはずだが、わざわざ字余りにしている。すなわち「さ」と「か」を考えよ、という作者の意図だ。「さか」すなわち「釈迦」である。「釈迦」とかいて「しゃか」と読ませているだけで、呉音では「さか」だ。だから

「山烏といえども、川堰でもがいている魚を手軽に殺生しようとしないのは、お釈迦様のおかげなのだろうか」

という解釈もできる。作者が僧侶だけに。

 また、中世のころも京での死人は全て川に流して捨てた。するとこういった堰で死体がひっかかって、高貴な人の骸から衣服を剥ぎ、死体を上手に処理する、河原者が居た。

「戦乱が長く続き、民も疲弊して、戦地を逃れ京にやってきた人々が、河原者のまねをして、堰にひっかかった死体から衣服をはぎ取ろうとして、誤って足を滑らせて溺れている、なんたることだ、この世にはお釈迦様の教えは、もう伝わっていないのか」

という、解釈も可能だろう。

 なぜ、このような後者の解釈が生まれるのかというと、「さか」の字余りだけでなく、「堰杙」という詞が「共食い」に通じるからだ。もしくは「居喰い」。河原者は、川に死体が何時流れてくるかと、じっと川を眺めて一日を過ごしているのだ。流れてくると思うと、皆が一目散に堰を目掛けて水中を走り、奪い合う。「おおいかわ」、「ゐくい」、「来居る」、それぞれに「い」の音が入っている。「い」=「生く」であり「依(よりどころ)」である。

 最後の句「魚」を「うを」とすると釈迦の姿は消える。「うのまねすとも・うをはとらしな」。すると、上句で「生きる」ために山烏は水に飛び込むが、鵜のようには魚を捕れない。「う」=「生む」に通じているので、生きてはいけないとなる。こちらは悲惨だ。釈迦の慈悲すら無いわけだから、川を流れてくる死体にありつけないと、その人々は死んでいくしかない。そういう彼らでさえ、衣服ははぎ取られるのだ。実に、悲惨な世だったではないか。

 この歌が、ことわざになった背景というのがよくわかる。

   《引用終了》

和歌嫌いの私には想像だにしなかった深淵がこの一首にはあることを、名夢子氏に教えられた。心より感謝申し上げるものである。なお作者の権僧正公朝(ごんのそうじょうきんんとも)は生没年未詳の謎の人物であるが、「拾遺風体集」「夫木和歌抄」に多数入集している。所持する平成三(一九九一)年三弥井書店刊「風雅和歌集」の「作者略伝」によれば、『北条朝時男、実は従三位八条実文男か』とし、三井寺の所属で、関東に在ったとする。八条実文というのはよく判らぬが(こちらの系図によるなら、正親町(おおぎまち)三条家の八条姉小路実文らしい。子を「公朝」としている)、北条(名越)朝時(ともとき 建久四(一一九三)年~寛元三(一二四五)年)はよく知っている。第三代執権北条泰時の異母弟である。この一首は「夫木和歌抄」の「巻二十七 雑九」にあり、「日文研」の「和歌データベース」でも確認した。正字表現で改めて示しておく。

   *

 大井川堰杙(ゐぐひ)に來居(きゐ)る山烏

    鵜の眞似(まね)すとも魚は捕らじな

   *

「川烏〔(かはがらす)〕」スズメ目カワガラス科カワガラス属カワガラス Cinclus pallasiiウィキの「カワガラス」によれば(下線太字やぶちゃん)、『ヒマラヤ北部からインドシナ半島北部、中国、台湾、サハリン、日本、カムチャツカ半島に分布する』。『生息地では、基本的には留鳥である』。『日本では、北海道、本州、四国、九州、屋久島にかけて広く分布する』。『留鳥として、河川の上流から中流域にかけてと』、『山地の渓流に生息する』。全長は二十一~二十三センチメートル、翼開長は約三十二センチメートル、体重六十五~九十グラムで、『ヒヨドリやツグミより』、『少し小さい。全身が濃い茶色(チョコレート色』。『光の具合により』、『赤茶色に見えることもある』『)の羽毛におおわれているのが名前の由来だが、カラスの仲間ではない』。『尾羽は短めで黒味の強い焦茶色』。『目は茶色で、目を閉じると白いまぶたが目立つ』。『雌雄同色』。『くちばしは黒く』、『足は灰色でがっちりしている。ミソサザイを大きくしたような体形で、短めの尾羽を立てた独特の姿勢をとる』。『幼鳥は喉から腹にかけて』、『白くて細かいうろこ模様がある』。『平地から亜高山帯の川の上流から中流の岩石の多い沢に生息する。冬期(積雪期)には下流側に生息場所を移動することもある。一年中、単独(非繁殖期は単独で行動している』『)もしくは番いで行動し群れを形成することはない。つがい形成期には、一夫二妻行動をとることがある』。『ピッピッと鳴きながら、速い羽ばたきで川面の上を一直線に飛翔する』。『頑丈な脚で岩をつかみ、水流の圧力を利用して川底を歩きながら』、『水中で捕食を行う』。『尾羽を上下に動かしたり、風切羽を半開きにしたり、まばたきし白いまぶたを見せながら、石や流木の上で休息する』。『食性は動物食』で、『水に潜ってカゲロウ、カワゲラなどの幼虫などの水生昆虫やカニなどの甲殻類、小魚を捕食する』。『水面上を泳ぎながら首を水中に入れて覗き込み、頻繁に潜水する』。『水中では水底を這うように歩き回って川底の餌を探し、『渓流の素潜り名人』と称されることがある』。『水にもぐっているときは羽毛の間に空気がふくまれるため、全身が銀色にみえる』。『ほかの鳥にくらべて繁殖を始めるのが早く』、十二月頃からオスが囀って、『縄張り宣言を行う。暖地では』一『月頃から繁殖を始める』。『滝の裏の岩の隙間にコケや植物の根で半球状のドーム形の巣をつくる』(思うに、前の「本草綱目」の「穴居」とは本種を指しているのではあるまいか?。『岩の陰やコンクリート護岸の排水口、橋桁』『などの人工物にも巣を作ることもある』。『造巣の際の雌雄の貢献度はほぼ等しく分業は行われない』。『日本では』、二~六月に一腹四~五個の『卵を産む。抱卵日数は』十五~十六『日で、雌が抱卵する育雛は雌雄共同で行う』。『雛は』二十一~二十三『日で巣立つ。雛は飛べない内から、水中を泳いだり歩くことができる』。『オスは』十二『月頃の繁殖期から「ピピピ チュシュ ピッピッ ピュュ」と鳴き始める』。『セグロセキレイ似た濁った声で「チーチージュピチリリ」と複雑に鳴く』。『地鳴きは「ピッ ピッ」』である、とある。

『「水禽類」に出づ』先行する第四十一 水禽類 河鴉 (カワガラス)を参照されたい。

「鴉舅〔(あきう)〕【一名、「鴉兢〔(あきよう)〕」。】」中文の鳥類学サイトを調べたところ、これは先に林禽類 鳩(ぎうく) (謎の鳥「くろもず」(?))の注で出したスズメ目オウチュウ(烏秋)科オウチュウ属オウチュウ Dicrurus macrocercus が所属するオウチュウ属Dicrurus に比定してあるのを発見した。色も黒いし、台湾の漢名にも「烏鶖」「烏秋」がある。中部・東部・南部と、台湾にそれぞれ亜種が一種ずつ棲息する。尾がYの字と言って呉れれば、苦労せずに済んだのに! 良安先生!

「鷹舅〔(ようきう)〕【一名、「鷹兢〔(よきよう)〕。】」「欽定四庫全書」の「山堂肆考」巻二百三十七(明の彭大翼撰)の「禽」に「鴉舅」として「此鳥似鴉而小黑色能逐鴉鴉見避之故名鴉舅一名鴉兢一種似鷹而小蒼色能逐鷹亦名鷹舅形頗類脊令」とあるのを見つけたぎりで、種同定に至らない。識者の御教授を乞う。]

« 芭蕉忌 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 永訣の朝 »