フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 山巡査 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 たび人 »

2018/11/23

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 電線工夫

 

            

 

でんしんばしらの氣まぐれ碍子の修繕者

雲とあめとの下のあなたに忠告いたします

それではあんまりアラビアンナイト型です

からだをそんなに黑くかつきり鍵にまげ

外套の裾もぬれてあやしく垂れ

ひどく手先を動かすでもないその修繕は

あんまりアラビアンナイト型です

あいつは惡魔のためにあの上に

つけられたのだと云はれたとき

どうあなたは辯解をするつもりです

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年九月七日の作。本書以前の発表誌等は存在しない。原稿は「云はれたとき」が「いはれたとき」とひらがな。最終校正でひらがなにしたらしい。宮澤家版「手入れ本」は大きく全体を改変している(改変しないのは一・四・六行目のみ)。以下に示す。

   *

 

            

 

でんしんばしらの氣まぐれ碍子の修繕者

雲とあめとのそのまつ下のあなたに忠告いたします

それではまるでアラビヤ夜話のかたちです

からだをそんなに黑くかつきり鍵にまげ

雨着の裾もぬれてあやしく垂れさがり

ひどく手先を動かすでもないその修繕は

アラビヤ夜話のあんまりひどい寫し【模倣】です

あいつは黑い盜賊團か

惡魔のためにあすこのとこに

つけられたのだと云はれても

どうまああなたは辯解できるおつもりですか

 

   *

【模倣】は「寫し」の横に「模倣」(「倣」の字の(にんべん)を(のぎへん)に誤記している)を併記していることを示した。

「でんしんばしら」「グランド電柱」の注を参照されたい。

「氣まぐれ碍子の修繕者」「氣まぐれ」は「氣まぐれ碍子」で一語のように見え、気紛れに故障をやらかす碍子(碍子はやはり「グランド電柱」の注を参照)の謂いであるが、どうも後の謂いを見るに「雲とあめとの下」でショートしちまうかもしれない、碍子の修繕しよだなんて、それって気紛れですか? と物言いしているようにも読める。私はそう二重に読む。だから「あなたに忠告いたします」と続いて腑に落ちるからである。

「それではあんまりアラビアンナイト型です」「アラビアンナイト」は、その中の具体な話を想起して喩えているのではなく、「アラビアンナイト」から単に「魔法」を連想しているのであろう。以下、如何にも事大主義的な真黒な防雨防電用の外套を着ている(「そんなに黑く」)修理工夫が「からだをかつきり鍵にまげ」(電信柱に体を確保するために両足を挟んで(推定)上半身を鈎型に曲げて)て、「外套の裾も」ずぶ濡れで、それがまた、如何にもぬらぬらとして「あやしく垂れ」ていて、これはもう、尋常には見えないぞ! しかも「ひどく手先を動かすでもな」く(碍子の修繕であるからその作業はその大仰な姿形に反して、指先だけで行う微細な作業なのであろう)、そこにその格好で固まっている、いや! 吊り下げられているのだ! やっぱり「あんまりアラビアンナイト型」じゃないですか?! そうして「魔法」から「惡魔」が関係妄想され、あなたは誰からから、「あいつは惡魔のためにあの上に」「つけられた」者な「のだ」! と名ざされた時、「どうあなたは辯解をするつもりです」か? と謂い掛けているのである。ややブラッキーなファンタジーの切り取りである。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 山巡査 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 たび人 »