フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 電線工夫 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 竹と楢 »

2018/11/23

宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 たび人

 

        た び 人

 

あめの稻田の中を行くもの

海坊主林(うみぼうずぼやし)のはうへ急ぐもの

雲と山との陰氣のなかへ步くもの

もつと合羽をしつかりしめろ

 

[やぶちゃん注:大正一一(一九二二)年九月七日の作。本書以前の発表誌等は存在しない。「うみぼうずぼやし」の「ぼうず」(正しい歴史的仮名遣は「ばうず」)と「ぼやし」はママ。原稿は「うみぼうずばやし」で「ぼ」は明らかな誤植であるが、「正誤表」になく、「手入れ本」も修正がない(他に手入れもない)。小さなルビで誤植に気づかなかった例である。「ぼうず」は古典でもあるケースで気にはならない。前の電線工夫」と同じく、一種、アフォリズム風の小品である。実景であろうが、陰鬱である。この旅人は孤高に人生を歩む賢治自身の投影であり、「もつと合羽をしつかりしめろ」と言う叱咤激励の声は無論、詩人自身へ鏡返しされて反響している。そうして、それは、私には遠く梅崎春生遺作ってったエンディングの、主人公久住五郎が、阿蘇の噴火口を巡り歩く生死の賭けをした丹尾章次に呼びかける「しっかり歩け。元気出して歩け!」の叫び声へと響き合うのである(リンク先は私のブログでの分割電子化注のそれ。その一括版(PDFにある)。

「海坊主林(うみぼうずぼやし)」で一語の賢治の造語であろう。稲田の中に残っている、一叢(ひとむら)こんもりと丸い雑木林の形状を妖怪のそれに喩えたものと採る。妖怪としての「海坊主」やそれに類する怪異はさんざん注してきたし、まず、皆さんは御存じであろう。「船幽霊」と同じものと捉えるケースもあるが、本質的には両者はその発生と出現様態に差があり、ここで賢治が名指しているのは、お馴染みの概ね円筒形の頭をしたオバQ見たような巨大な妖怪妖怪したそれである。どうしてもと言われる御仁は私のウィキの「海坊主からの引用を主とした、小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (二)の注でも参照されたい。まあ、ウィキそのものを見た方がヴィジュアル的にはよかろうかい。]

« 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 電線工夫 | トップページ | 宮澤賢治「心象スケツチ 春と修羅」正規表現版 竹と楢 »